春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、告知した薪の原木の回収には一人しか応募がなかった。

考えられる原因はいくつかある

1.作成した薪の半分の持ち帰りという条件が悪かった(全量を持ち帰りたい)
2.告知してから回収できるまでの期間が短い(予定を組めない)
3.千葉県山武市という場所まで来るのが遠い(近場で集めたい)
4.既存ユーザーは既に自分で調達できるルートを持っている(薪ストーブ導入前から薪集めするよう指導している)



と、こんなところだろう。薪集めのイベントをやっても、このように人が集まらない状況だと、企画してもあまり意味がないので、今後は希望者がいた時に個別に対応した方が良さそうだ。もちろん、イベントで人を集めるなら、上に挙げた考えられる原因を排除して「全量持ち帰り」「数か月前から告知」などで実行すれば良いのは解っているけど、それだとやるメリットがない。

今回は、たまたま、私も他の仕事が入ってないで一緒に動ける状況だったので、チェーンソーの使い方、目立ての仕方、斧での割り方のコツなども、レクチャーしつつ進めていった。

resize1901.jpg
まずは玉切り

resize1900.jpg
そして斧でサクサク割っていく

resize1899.jpg
車を横付けして、満載して帰った

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
営業妨害になってますかね?
北総は薪狩り大会盛んになってしまいました。主催者はスーパーボランティアになりつつありますが。
2015/11/26(木) 14:21:30 | URL | F650 #-[ 編集]
F650さま:

いえいえ、全然問題ないです。むしろユーザー同士で協力しあって、薪集めできる地域というのが望ましいので、私としては、うれしいのです。その方が私は薪ストーブ設置工事に専念できますので。

どうせなら、ボランティアではなくきちんと利益を得られるように、薪作りした余剰分を、販売用に仕入れさせていただけると、助かります。
2015/11/26(木) 14:43:29 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1235-ad6948ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック