春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回工事した家は、賃貸住宅だ。

大家さんと相談の結果「退去する時には現状復帰することができるように」ということが条件だった。つまり、退去時には炉台、炉壁を撤去して、室内部分の煙を取り外して、次の入居者の生活動線の邪魔にならないようにする必要がある。

そのため、煙突固定の方法を通常と違うやり方で対応した。通常だと屋内部分の最下段の煙突の固定は、天井裏の最下段の部分で行う。そうすると、化粧板の貫通部分から突き出した室内側の煙突が簡単には取り外せなくなってしまう。

resize1884.jpg
貫通部分の煙突は簡単に取り外せるように、その煙突の一つ上の煙突の最下段で固定した

また化粧板も天井部分に枠を固定してから、その枠にビス止めするようにした。直接天井に化粧板を打ち付けると、現状復帰の時に綺麗に戻すのが難しくなる。この方法なら化粧板を外し、貫通部分の煙突を外し、この枠に真四角の丸穴が開いてない化粧用の鉄板等を打ち付けるだけで、目立たなくなり、簡単に現状復帰できる。

resize1882.jpg
炉壁、炉台も簡単に撤去可能な構造

resize1883.jpg
本当はチムニー作りたい状況だったけど、なるべく瓦をそのまま生かすフラッシング施工とした

屋根上部分については、次の入居者の生活スタイルの邪魔にはならず「煙突は飾り」ということで、退去時に現状復帰する時にそのままで良いか、撤去することになるかは微妙だけど、万一戻す時にもチムニー解体よりは簡単にできるので、敢えてフラッシング施工とした。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1232-396ec8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック