春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
上棟したという連絡をもらったので、骨組みの段階で、現場監督と打ち合わせしてきた。

煙突固定金具つける下地の位置、外気導入、炉台、炉壁、そしてチムニーと角トップの取り合い部分など、早めに確認しておくことが重要なのだ。

resize1874_20151120182327d5a.jpg
巨大チムニーの形が見えている

resize1873.jpg
暖炉の煙突のような雰囲気

長方形の巨大チムニーなので、既存の角トップとのマッチングをどう取るかが問題だけど、私なりの考え方を現場監督に伝えてきた。

resize1877.jpg
上棟直後の仕上げの段階で現場に行った

resize1875_2015112018232571e.jpg
吹き抜け上部の斜めの部分から、二階の洗濯物を干すドライルームに積極的に暖気を上げるプラン

完全吹き抜けにするか、スリット式の化粧板を使って貫通させるか、まだ決まってなかったので、これから設計担当や、施主さんとで調整が必要だけど、基本的な煙突固定位置などは、同じなので2階壁面での固定金具の下地の位置を指定してきた。

resize1876_20151120182332fc5.jpg
煙突立ち上がりと、薪ストーブ設置スペース

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1231-5b10d9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック