春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪を目一杯、炉内に突っ込んで、空気は全開のままガンガン焚いて温度を上げていく。グリドルの表面温度が300℃を上回って、なおかつ、炉内の炎が明るく勢い良く燃えていたら、空気調整のタイミングだ。

resize1763_20151108210924f00.jpg
本体下部の木のつまみを右側にスライドさせて空気を絞る(質感、手触りがとても良く気持ち良い)

resize1762.jpg
炉の上部を下から覗き込むと、オーロラ炎の上で、二発の触媒が赤熱しているのが観察できる

resize1761.jpg
クリーンバーンによるオーロラ炎を楽しみ、さらに燃え残りの煙を触媒で処理するハイブリッドモデル

resize1760.jpg
正面からは触媒は見えない

炉内の温度が上がってしまえば、安定したオーロラ炎が長時間維持される。レバーの操作でリニアに炎が反応するので、面白い。ちょっと遊んで空気を絞り過ぎても、燃え残りの未燃焼ガスを触媒で処理してくれるので、煙突からは目視確認できる煙が出ずに、無色透明のままなので、安心だ。

非常に綺麗なオーロラの炎が楽しめて、空気調整レバーや、扉の開閉ハンドルの質感も、日本製ならでの精度の良さで操作がとても気持ち良い。操作して、所有する喜びを味わえるモデルだと思う。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ハイブリッドモデルならではのオーロラ炎
妖艶な炎と燃費の両立

AGNIハイブリッドの魔術ですな



2015/11/11(水) 21:04:14 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

普通の薪ストーブなら、白い煙がモクモクの蒸気機関車状態になるような絞り方をしても、目視確認できる煙が出ないところは、この機種ならではで、他では得られないポイントだと思います。
2015/11/11(水) 21:38:13 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
灰受け
これは灰受けはあるのでしょうか?
2015/11/11(水) 22:42:36 | URL | にーやん #-[ 編集]
にーやんさま:

炉とは別の灰受け室という意味でしたら、ありません。

炉の底の灰を適切に適量だけ溜められる、すのこ状のグレートという意味でしたら、あります。
2015/11/11(水) 22:56:21 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1221-e629544f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック