春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
翌朝、薪ストーブのガラスが煤けている、燃えカスの木が残っているとかいう場合の焚き方は論外なので、根本的に見直す必要がある。

きちんと焚けば、ガラスが煤けることはないし、燃えカスの木も残らず、炉内の灰の中には熾火だけが埋もれているはずだ。

扉を開く前にダンパーを開いて、空気調整を全開にしてから、熾火を一か所に寄せ集めて、その上の細い木っ端の焚付を置けばスムーズに火がついてくれる。

resize1455_2015100410595729b.jpg
翌朝は熾火の上に焚付を置くだけで、火がつく

resize1454_20151004105956967.jpg
焚付に火がついて、炎がしっかり回ったら追加の薪を投入する

このように一泊二日でしっかりと時間をかけて丁寧にレクチャーしてきた。これで、今シーズンは快適に使えるようになるだろう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1199-13918a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック