春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
BRAVE 20tonの組み立てが終わったので、動作確認してみる。

まずは動作オイルを循環経路内に充填させるために無負荷で何回かシリンダーを往復させる。動作オイルが流れていくと、その分タンク内の動作オイルが減るのでレベルゲージで確認して必要に応じて補充して、正規の量になったのを確認する。最初はシリンダー内やホース内に動作オイルが入っていないので、刃の動きがぎこちないけど、最終的に経路内のエアーが抜けて全部動作オイルで満たされると刃の動きがスムーズになる。

準備ができたので、早速、8トンクラスの薪割り機ではまず割れないような、節の部分のボスキャラ級のとっておきの原木でテストする。

resize1361.jpg

resize1360_2015092916040929e.jpg
難なく刃が入っていく

resize1359_20150929160415a39.jpg
見事に切断された

resize1357_2015092916040931c.jpg
原木を受けるところに突起があるので逃げずに確実に保持

resize1358_20150929160408f14.jpg
反対方向も同じ構造になっているので往復で割れることができる。待ち時間がなく非常にスムーズ

パワーとスピードが両立した、なかなか良い薪割り機だと思った。やはり薪割り機を買うならこの20tonクラスでないと物足りなくなるだろうと、改めて感じた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
おー 

私も組み立て始め、罠にはまりながら形は完成・・・ですが・・・油圧が・・・・もう少し頑張ってみます・・
2015/10/12(月) 19:11:20 | URL | Mrうー #noW3zowU[ 編集]
Mr.ウーさま:

油圧が出ませんか?

作動油がきちんとレベルまで入っているか確認してみてください。
2015/10/12(月) 19:42:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1191-c5deb1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック