春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
説明書は当然のごとく英語なので、イラストを参照しながら、進めていく。パーツ同士のクリアランスがイマイチで入りにくいところとかもあるが、それはアメリカ製のアバウトな造りということで、叩いたりして頑張って入れる必要がある。

resize1353.jpg
説明書は英語オンリー

一部、説明書の通りにやると上手くいかない部分もある。説明書の手順通りにコントロールバルブを本体に固定してから、後からホースニップルのエルボをつけようとしても、エルボが本体に干渉してしまって回転しなくて取り付け不可能だ。コントロールバルブを本体に固定する前に先にホースニップルのエルボを取り付けておこう。

resize1352.jpg
油圧フレームとエンジンフレームを接合した後に、ホースを通す金具を取り付けているところ

resize1356_20150929155106f27.jpg
タイヤを取り付けて、いよいよ油圧ホースの配管の最終段階に取り掛かる

resize1355_20150929155051c41.jpg
(自分で用意した)作動オイルを入れる

resize1354.jpg
(自分で用意した)エンジンオイルを入れる

動作オイルやエンジンオイル、などの油脂類や燃料などは付属してないので自分で別途購入して準備しておく必要がある。入れ忘れてエンジンを始動すると、動作しないだけでなく破損してしまうので注意しよう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1190-7daad380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック