春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブユーザーは炉内のオーロラ炎で楽しんでいるけど、私の友人は本物のオーロラを見に北欧へ旅行に行った。貴重な現地からのレポート、写真が届いたので、紹介しよう。

到着してからのヘルシンキの博物館の建物の写真を見せてもらった。あいにく博物館は休みで中は見られなかったそうだけど、建物には「いかにも現役バリバリで使っている」という雰囲気の煙突がついている。

12049390_883913881700592_2918816462560660000_n.jpg
一つの屋根に、角トップ、角フラッシングなど複数のタイプの異なる煙突がボコボコついている

12004034_884547881637192_6034007910180974304_n.jpg
そして、夜には初日からいきなり本物のオーロラを見られたそうで、撮影にも成功してくれた

本人によるブログの記事はこちら
女は翻訳でよみがえる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
意外な反応
かわはらさん、私のブログ記事の紹介をありがとうございます。
実は、上の写真は建物よりも路面電車が目的で撮ったので、煙突に反応されるとは意外でしたが、興味をもっていただけてよかったです。
今回の旅行ではヘルシンキば1泊だけで、アイスランドがメインだったので、今度はヘルシンキにもう少し長く滞在してみたいと思っています。
2015/10/01(木) 20:10:56 | URL | mariko(猫先生) #Xnq8k9Uo[ 編集]
marikoさん:

今度、行く機会があれば、ぜひご一緒しましょう!

その時は声をかけて下さいね。
2015/10/01(木) 23:23:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1179-b1b0bac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック