春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize1255.jpg
貫通部分をステンレス板でふさいだところを屋外側から見る

resize1254.jpg
角トップ用の50ミリのセラミックスーパーウールの端材を利用して充填して断熱

resize1253_20150919144105d45.jpg
既存シングル煙突のヒートシールドとして使っていたトタン板をカットして防護板にする

resize1252_20150919144057ba3.jpg
換気扇のレンジフードを加工した雨避けはそのまま利用

これで強風時にも断熱材が横風で濡れることもかなり少なくなるだろう。目隠し版の裏が結露することも防止し、断熱欠損も最小限に抑えることができて、より快適な室内空間になるだろう。単純に既存煙突を撤去して蓋をするだけでなく、可能な限りの後処理を、追加費用の発生なしのサービスで行っておいた。

このように新しい煙突を設置したら忘れ去れがちなことだけど、目に見えない部分まで配慮している。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1168-e4f737bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック