春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
よく「煙突から放熱されるから室内が暖房される」みたいな誤解をしている人も多い。実際には薪ストーブ本体からの熱が十分に出ているので、煙突からの放熱は期待しないで大丈夫だ。その証拠に、薪ストーブの背面から水平に壁面抜きして外壁を立ち上げるという方法で、煙突部分は室内側を全くない状況でも、十分に暖かい。

したがって室内側を立ち上げる場合にも、オール二重断熱煙突で煙突から極力放熱しないようにしても全く問題ないし、むしろその方が燃焼効率が良い。排気が冷えず、強いドラフトが得られるからだ。その分、空気を絞れるし、燃費も良くなる。室内の吹き抜け空間をオールシングル煙突にする時にも「シングル煙突の方が暖かい」みたいな説得をされてしまうケースもあるけど、この説明もどうかと思う。コストダウンのための言い訳としか考えらえない。

シングル煙突は、ローコストというのだけが唯一のメリットで他には良いことはない。煤が大量付着するし、煙突掃除の際にも室内に煤が飛び散る。

resize1124_201509030748025c3.jpg
シングル煙突内に大量付着した煤

resize1123_20150903074800ad9.jpg
チョコレート状のタールもこびりついていた

薪ストーブの良好な燃焼のためには、実は煙突の役割は非常に大きい。強いドラフトを安定して得るためには「二重断熱煙突」が必須だ。薪ストーブの本体よりも、むしろ重要だ。煙突こそが燃焼のエンジンで、薪ストーブそのものの機種の違いよりも、燃え方に与える影響は大きい。

同じ40万円の部材費用だったら「10万円の薪ストーブと30万円の二重断熱煙突」と「30万円の薪ストーブと10万円のシングル煙突」だったら、前者の方が明らかに良く燃えるし、快適に使用できる。どんな高級機を使っても、煙突がシングルだったら本来の性能は発揮できないのだ。それを知ってか知らずかわからないが、高級機とシングル煙突の残念な組み合わせがけっこう多いのが実情だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
吹き抜けシングルですが
かわはらさん仰る通り、シングルと二重煙突の性能を比較すれば、二重煙突のが良いのは百も承知ですし、異を唱えるものではありませんが、しかしながら、シングル煙突だと「必ずこうなる」訳ではないことだけは、言えると思います。ご存知の通り私の煙突は吹き抜け部シングル煙突ですが、写真のような煤やタールの固まりは着きません。だから絶対にこうなるのではなく、その傾向はある、という程度だと思っています。だからといってシングルでもいい、という気は更々ありませんが、薪の乾燥と焚き方で、カバー出来る部分も多々あるのではないだろうか?またドラフトに関しても、屋根やその廻りの状況、季節風の風向きなど、環境も大きく関係すると思っています。
もっとも、そういう事は後から解る訳で、だからこそ、後悔しない為の二重煙突であろうし、薪ストーブを良く知るかわはらさんのようなアドバイザーが必要なんだ、と思っています。
また、熱に関してはかわはらさん仰る通りだと思います。確かに煙突から熱は出ますが、熱は上昇するので、フロアーにいる人間にはあまりメリットは無いかな、と思っています。
2015/09/08(火) 19:19:55 | URL | 薪 焚太郎 #JalddpaA[ 編集]
私も吹き抜けシングルですが

タール等は見受けられません。

以前からの記事にしても説明の仕方に少し決めつけ感を感じ不快です。



2015/09/08(火) 20:44:47 | URL | 薪まき #-[ 編集]
薪焚太郎さま:

タールがつくかどうかは、薪の乾燥度合が影響していますよね。

でも、煤の量に関しては、どんなに乾燥した薪を上手に焚いても、それなりに付着するのは仕方ないと思います。

煙突掃除を何百件もやってきた経験上、シングル煙突と二重断熱煙突では、煤の量に関してはどう頑張っても二重断熱煙突以下にするのは無理だと思っています。

(煤の量が多くても、極限まで空気を絞れなくても良いという割り切りができればシングルでも良いと思いますけど、私が依頼を受けた場合には極力二重断熱煙突での施工をお勧めしています)
2015/09/08(火) 20:52:31 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
薪まきさま:

不愉快な思いをさせて申し訳ございません。

タールに関しては、薪の乾燥度合や焚く温度が影響してきますね。

煤の量に関しては、シングル煙突では二重断熱煙突より多いのは事実です。

それで良い思えるのであれば、ありかもしれないですね。

でも、私は良くないと思っています。

二重断熱煙突にした時の煤の少なさ、焚く時の容易さ、空気を絞っても安定して燃えることなど、メリットを考えると二重断熱煙突の方が明らかに大きいです。このことは誰も否定できない事実だと思います。
2015/09/08(火) 20:56:37 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
安心してセールスが出来るのはこっち、、
川原さんがシングル煙突でなく間違いなく二重断熱煙突だという、ビジネス上の観点(安心してセールスする立場)なら理解が十分可能で同感。

しかしながら比較して高い物が良いのは当然。
つまりは川原さんが安心してセールスをする営業姿勢の話になります。

故にご意見様々で多少反発を受けるのは致し方ないとも思いますが長い期間ではむしろシング煙突仕様より合理的で安いから良心的なセールスだと思います。
まあ目先の資金都合優先で買い物するのは実際に良くありがちな話。





2015/09/09(水) 22:29:44 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

ご理解いただき、ありがとうございます。

予算的に厳しい場合には国産ではなく、カナダ製を使うなどしてでも、二重断熱煙突を使用するように提案しています。

それでも予算的に厳しい場合は薪ストーブの本体を10万円クラスにします。

私は二重断熱煙突が、薪ストーブの煙突の基本だと思っています。

シングル煙突というのは本当に最後の手段で極力やりたくありません。
2015/09/10(木) 06:57:19 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
かわはらさんに全く同感です
多くの経験をされているかわはらさんが未熟なストーバーに指導・販売を行う姿勢として、安全確実なものを設置しようとする姿勢はとても信頼できるものです。
安全とは、万が一に備えるものであって、必ずそのトラブルが発生するものとは限らなくても、対策をとる必要性のあるものです。
昨今の自動車はそれの最たるものです。
今や自動ブレーキなどは軽にも装備され、高級車と言われるクラスになればかず多くのセンサーがコンピューターのもとに制御され働いています。
それらですら、万が一に備えたものであり、自動ブレーキなど注意さえ怠らなければ不必要なものです。
数多くの保険もそうです。
予期せぬ事故やトラブルがなければ不要です。
我々に必要な薪
これらを数多くの人で手分けして薪づくりを行う会も多くありますが、安全意識のあるリーダーの率いる会では、ヘルメット・コーグル・チャップスなどの身体保護の防護具を義務付けておりそれを怠るものは参加出来ません。

安全とは、窮屈なものであり費用もかかります。
それを自己責任で選択の自由はあっても、販売責任を自覚し営業をするのであれば、かわはらさんの精神に間違いはないと思います。


2015/09/10(木) 09:16:16 | URL | 楢の木 #-[ 編集]
楢の木さま:

ご理解いただき、ありがとうございます。

煤が付着した煙突は煙道火災のリスクが高いですよね。薪ストーブの使用による火災の原因としても主たるものです。現実に私も他社施工での、そういう火災現場に見学に行ったこともありますので、怖さは身に染みています。
2015/09/10(木) 09:27:34 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
個人的に間違いないと思います。
シングル煙突の問題は賛否両論あるかと思いますが、個人的には川原さんの判断間違いないと思います。シングル煙突で施工されて問題ないとおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、煙突高さ、煙突経路、ストーブ機種、設置場所の環境、焚き方、薪の乾燥具合などのいろいろな条件が良い結果かと思います。おそらくすべての方はその条件を満たすことができないでしょうから、最初から2重煙突にしておいた方が間違いないと思います。自分自身もシングルと2重煙突を比較したわけでもないですが、2重煙突で何も問題なく満足していて、自分の判断に間違いなかったと思ってます。ただ薪ストーブは高価なもので、見積もりを比べるとシングル仕様の方が選ばれるのも事実ですし、逆に見積もりを出す方も他社見積もりと比較されるためシングル仕様でやむを得ず見積もりするのも仕方ないと思います。選ぶ側も後々苦労したり余分な出費がかかるかもしれないという認識があればいいのですが、恐らく大半の方がそのような認識はないかと。ただ最終的に選ぶのは本人ですが、その判断材料の1つとして川原さんの情報はとてもありがたく貴重なものだと思います。
2015/09/11(金) 12:52:09 | URL | けんいち #-[ 編集]
自分で掃除やらない御仁には
焚き方が下手糞が多いぞな(多分)

そういう御仁に限って煙突掃除を他人

に任せっつぱなしだったりする。

汚い煙突はやっぱ触りたくないもんな


小まめに自己責任で掃除をしている人

から見れば煙突比較など余計なお世話かな?

(笑)
2015/09/11(金) 21:43:25 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
けんいちさま:

「問題ない」と言っている本人のレベルがどの程度を求めているかによって違うので、難しい問題ですねぇ。

その人は「問題ない」と思っているかもしれないけど、私から見たら「大量付着」っていう評価になると思います。

1シーズンでコーヒーカップ一杯分以下だったら「問題ない」と思えますが、それ以上だと、やはり何らかの問題があると考えます。

シングル煙突で1シーズン常時使っての、その煤の量はいくら条件が良くても不可能だと思います。
2015/09/11(金) 22:20:05 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
うさぎさま:

茶碗一杯、丼一杯、バケツ一杯と様々ですが、みんな自分の量が「普通」だと思っていますからねぇ・・・。

私的にはスプーン一杯、おちょこ一杯、コーヒーカップ一杯というレベルで極めて欲しいのですけどね。
2015/09/11(金) 22:23:39 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1155-70e73e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック