春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
従来から使っていた、薪ストーブ&煙突設置工事の契約書を改定してバージョンアップした。

■第四条 (保証期間について)

煙突本体、角トップについて、以下の条件を満たす限り、工事完了後20年間。

・薪ストーブシーズン終了後、1年ごとに一度の定期的な煙突掃除を実行していること
・甲と乙の両者が生存していること(どちらか一方の死亡をもって20年に満たない場合でも保証終了)
・ただし地震、噴火、津波、落石、隕石の落下などの自然災害、航空機の墜落などの事故、および戦争、暴動、内乱、などによる破損は免責とする


契約書全部

私の場合、基本的には、高品質な国産高木工業所の煙突部材を使っているので、角トップでの施工の場合、煙突本体部分からの雨漏れは半永久的にないと自信を持ってお勧めしている。そのことを契約書に明記した。永久保証と言うと、自分が死んだ後のことまでというのも嘘っぽくなってしまうので、自分が生きている限りの20年保証ということにしておいた。

resize1119_201509022343115ab.jpg


高品質な、国産の高木工業所の煙突部材で、お客様に安心を買っていただいている側面もあるので、口約束だけでなく書面できちんと明記することにした。(もちろん既に設置工事を行って、このバージョンの契約書を交わしていない既存のお客様も角トップ施工の場合は同様の保証をするので安心して欲しい)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
工事保証制度
自社煙突工事技術に対する自信の証拠だねー

煙突設計費用を惜しむとあとあと手が掛る!
2015/09/07(月) 20:07:32 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

長い目で見れば、多少値段が高くても高品質なものを選択しておいた方が、結局は長持ちして、お得ということですねぇ。
2015/09/07(月) 21:45:36 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1154-134eb4b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック