春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
煙突の折れ曲がりのエルボ部分にメンテナス用の蓋を設定していないローコスト施工の場合、掃除の度にバラす必要がある。大量に煤が付着した煙突をバラすと、気をつけていも必ず煤が室内に飛び散る。

resize1120_20150902231239caf.jpg

resize1118_201509022312356f4.jpg

resize1119_20150902231237b91.jpg

resize1118_20150902231645614.jpg

煙突掃除は毎年のことなので(シングル煙突で常時使っている場合は毎月)、メンテナンス性を無視した施工をすると泣きを見ることになる。

このように完全にバラバラに分解しないと煙突掃除できないケースの場合、煙突工事を2回やり直す以上の手間と時間と労力がかかる。通常は3万円で引き受けている煙突掃除だけど、こういう現場の場合は5万円もらわないと割りが合わない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1153-08cdf015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック