春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
壁抜きの室内側の折れ曲がり部分にメンテナンス用の蓋がないとブラシが通らないので、煙突掃除の際に煙突を分解して、屋外に持ち出して掃除する必要がある。これはけっこうな手間で、正直言うと、気が重くなる、おっくうな作業だ。バラすと必ず内部に堆積した大量の煤が飛び散るし、そもそもバラすこと自体が面倒だし、屋外での作業の時には、煙突表面を傷つけたり汚したりするリスクもそれなりにあるからだ。

私は壁抜きでの煙突施工の場合には、煙突掃除の際にバラす必要がないように、メンテナンス用の取り外せる蓋を設定している。

resize1079_20150826160353a43.jpg
かわはら薪ストーブ本舗で施工した壁抜きでの配管例

resize1076_20150826160349ca0.jpg
軽く養生して蓋を開く

resize1077_2015082616035041c.jpg
大量の煤が付着

この煤が付着した状態の煙突をバラして外に持ち出すと考えると気が重くなるが、この施工方法なら気軽に煙突掃除できる。

resize1078_20150826160352452.jpg
ブラシで屋外側に横引き部分の煤を奥に押し込んで屋外へと排除してから、次に縦方向にブラシを通して落とすだけ

resize1075_20150826160347bd8.jpg
煙突をバラさずに2アクションでサクっと煙突掃除完了🎵

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1152-0756f771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック