春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「山から切ってきた木を玉切りして、車が横付けできる場所に積んだけど要らない?」という話があった。樹種は訊いても判らなかったけど、とりあえず見に行った。仮に杉などの針葉樹だけだとしても、既に玉切りしてあれば、後は割るだけで、山に入らずに車を横付けして回収できるのは恵まれている状況だからだ。これは断るわけにはいかない。

早速見に行くと、樫やクヌギの木を40センチ程度の長さで、太さも20-30センチ程度で一つづつの玉も重くないし、サクサク割れる状態で、非常にラッキーだった。

resize1066_20150826143139258.jpg

resize1069_20150826143143b2b.jpg

resize1068_201508261431428e7.jpg

resize1067_20150826143141b43.jpg

薪割り機やフィスカスの斧のデモンストレーション用に取っておこうかと思っていたけど、今回の輸入のタイミングでは時間が取れそうにないみたいなので、斧でガンガン割ってしまうことにした。
http://shigematsu.org/?p=5662

あまり残暑の厳しい時に無理することはないけど、少し涼しくなってきたら、夏の間にお休みしていた薪割りのリハビリ代わりにちょうど良いと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1150-f5f54572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック