春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築で薪ストーブのある家を考えている場合には、煙突掃除しやすい設計をすることが重要だ。煙突トップにいかに簡単に安全にアクセスできるかというメンテナンス性を考慮して設計するのが良い。これを、無視した家にすると、毎年の煙突掃除の時に苦労することになる。

「煙突掃除は室内側から下からブラシを上に向けて突けばOK」みたいなことを言う業者もいるみたいだけど、このやり方だと煙突だけは掃除できても、トップまで、きちんと煤を除去することは不可能なので、いずれは詰まってしまったり、その前には煤が近所に飛散したりして、苦情の元になる。薪ストーブを「飾り」や「アクセサリー」としてでなく、「実用品」の暖房器具として活用しようと考えている場合には、煙突トップへのアクセスの方法を甘くみない方が良い。薪ストーブの使用(※)経験のない業者や工務店は安易に考えている傾向がある。工務店や設計士が、煙突トップへのアクセスを深く考えていないと見受けられる場合には、施主が自から主導して要望を出さないと、快適な薪ストーブライフを送ることが困難になる。

※いくら設置経験が複数あったとしても、ユーザーとして自宅で使っていない限りは要注意

参考までに、これまで私が提案してきた10のプランを紹介しておこう。新築の設計段階であれば、このうちのどれかを、うまく組み合わせることができるはずだ。

1.棟屋からベランダに出て、そこから直接屋根に上がる
2.天窓からロフトを経由して屋根に出る
3.巨大チムニーにドア(サッシ)をつけて、小屋裏を経由して屋根に出る
4.広い二階ベランダから短い梯子で屋根に登れる
5.チムニーに地上から直接二連梯子をかけられる
6.チムニーから鎖を垂らす
7.屋根材に雪止めを、煙突アクセスルートに設定する
8.破風へ二連梯子の横転防止金具を取り付ける
9.屋根上に常設足場を作成する
10.チムニーに転落防止の命綱固定金具をつける
(11.勾配のきついログハウスの場合はドーマー部分を活用する)



くれぐれも煙突掃除でトップへアクセスする際に足場を組まなければならないような、家にだけはしないようにしよう。

実例の現場を紹介することもできるが、それぞれの建築環境や前提条件が全て違ってケースバイケースでの対応だから、見たものをそっくり丸ごと真似しても意味がない。それよりも原理原則、考え方や方向性を、頭に入れた上で、具体的にその現場の環境に合わせたやり方を考えていくことが大切だと思う。

設計が固まってしまうと、後からの修正が困難になってくる。設計の根幹にも関わってくることだからだ。ラフプランを作る前の段階で、最初に設計士や工務店に伝えておこう。薪ストーブのある家を建てたいと思っている場合には、非常に重要なことだ。「薪ストーブありき」の住宅ではなく、「普通の間取り」の中のどこかに薪ストーブをつけるということも、できないことではないけど何らかの妥協が必要になってくる。せっかく薪ストーブのある家を新築で建てるのだったら、総合的に配慮した方が使い勝手が格段に良くなるのだから、そうしないのはもったいないと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
おかげで最近は
煙突のある家を見かけると、煙突の周辺を見回して、煙突のトップにアクセスしやすいかどうか確認するのが癖になってしまいました(^_^;)。
ちなみに私は、「屋根にアクセスしやすい広いベランダ」(2014.5.14記事)プラス雪止め瓦(私は雪国在住なので、雪止め瓦は当たり前にあります)の組み合わせでアクセスしようと考えています。
2015/08/25(火) 16:49:47 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

過去記事の日時の拾い出しもありがとうございます。

雪止め瓦を梯子のところから煙突の辺りまで配置すると、アクセスが非常に楽に安心してできるようになりますので、お勧めです。

そうやってチェックすると、メンテナンス性を考えて設計されている煙突って意外と少ないですよね。

私も普段車で走っていて、自然と目に入ってきますが「この家の煙突掃除の依頼を受けたら、どうしよう・・・」と思うこともけっこうあります。
2015/08/25(火) 17:32:21 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1141-fb298585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック