春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
7月は薪ストーブや煙突設置工事が集中した。

一が月で合計5件の工事だったが、その中で、一日で二件の薪ストーブ本体設置工事も行った。煙突工事は時間がかかるので、一日に複数は難しいけど、本体の設置は室内側の煙突を接続していくだけなので、割と短時間でこなせるので、複数台も状況次第では可能なのだ。

その一日で複数台設置のお疲れ様会で、地元の定食屋「まんまや」に行った。お店の外に煙突が見えるので、気にはなっていたけど、なかなか近所過ぎて、行く機会がなかった。家まで戻ってきて食べちゃうからだ。今回は、良い機会だったので、行ってみた。料理も美味しく、店の雰囲気も良く、人にもお勧めできる店だと思った。こういう店が近くにあるのはラッキーだ。

そして気になる煙突の接続元は、ご主人手作りのカマドだった。

resize0718_20150726102949f1c.jpg
店内入り口付近に設置されているカマド

resize0714_201507261029439e5.jpg
焚き口はかなり小さい

resize0715_201507261029456a0.jpg
炉内も小さい

resize0717_20150726102948d09.jpg
驚いたのはカマドの上に設置された熱回収器

resize0716_20150726102946431.jpg
カマドの隣のドラム缶の中とお湯が循環することによって熱容量を確保している

単純にカマドの輻射熱だけで暖房するのではなく、カマドの上にボイラーを取り付けて温水に蓄熱させてというシステムの構築にびっくりした。ハンターストーブで温水暖房という紹介を以前したが、既に近所でそれに近いことをやっている人がいるとは・・・。冬に実際に稼動している時に、また来てみたいと思った。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1116-f6e7e8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック