春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ベース部分の取り付け、防水処理が完了したら、次は断熱材の敷き込みだ。

resize0678_20150724135843f45.jpg
厚み50ミリのセラミックスーパーウール(耐熱温度1200℃)を使用

resize0679_201507241358466b1.jpg
これをベースの上面に敷き詰める

resize0682_2015072413585029a.jpg
煙突の先端部分には角トップ本体の底面を受けるためのパッキンを取り付ける

resize0681_2015072413584877c.jpg
断熱材を入れる枚数によっても最終的な高さの調整が可能

resize0680_20150724135847482.jpg
スーパーウールがバネのように縮んで多少の誤差は吸収してくれる設計

メトスの角トップの場合には、このように本体とベースの間に断熱材を敷き詰めることによって、普段の使用時には結露の防止、そして万一の煙道火災時には火炎放射器のようになった煙突トップからチムニーに熱が伝わるのを防ぐ、非常に優れた設計になっている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
断熱材で充填されたトップ
拙宅のもメトス角トップでしたが

こういう仕様になってたかなー

? ? ?
2015/07/28(火) 09:25:23 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

施工店がきちんとした知識、正しい施工方法でやっていればという前提です。

予算面などから断熱材を省略しているケースも多いと思います。
2015/07/28(火) 10:36:13 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
そもそも提示されたか覚えてもいませんね。汗

予算はケチらずに掛けた積もり

だったけどさー。


※ 煙突掃除を自分でもうすぐします
  が、その時に分解して見るのも
  面倒そうだ。トップだけは厳寒期
  にはタール状のが付着してたな。
2015/07/28(火) 14:22:50 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

メトスの角トップの分解は簡単ですよ。

予算の問題だけでなく、そもそも、そこに断熱材敷きこみが正規の施工と知らなかったのかもしれないですね。
2015/07/28(火) 15:44:01 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1113-36f611fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック