春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨年、FRPのベランダをぶち抜いてチムニー造作した難しかった案件。一冬の使用を終えた後の、初の煙突掃除&メンテナンス。

施工中の施主さんの急遽の変更の強い希望で、エルボでの折り曲げが3箇所となってしまって、煙突掃除の際にブラシが素直に通るかどうか、少し心配だったけど、無事にブラシが通って煙突掃除ができてホッとした。

resize0538.jpg
1シーズン経過して、取り合い部分も、それなりに汚れも目立ってきた

resize0543_20150703104942f0f.jpg
FRPの下地との密着の悪いところを一度剥がして樹脂を上から再度塗って、この後に、さらに塗装のメンテをした

本当は取り合い部分だけでなく、ベランダ床面全体の塗装も全部、一括してやりたいところなのだけど、さすがにそれだけの面積となると「サービス」でやるわけにはいかない。きちんと予算を組んでもらって、受注したいところだ。提案してきたけど、どうなることやら・・・。

resize0542.jpg
低い温度で焚いていたようで、煙突トップは詰まりかけていた

resize0541.jpg
大量の不完全燃焼状態の煤を回収

煤の状態から、使用温度が低すぎることを指摘して、来シーズンはもっと温度を上げて焚くようにアドバイスしてきた。毎年、様子を見つつ、フォローしていきたい。

resize0539_20150703104014c8a.jpg
本体もバラしてメンテ

ドブレ640CBは工具なしでバラバラに分解メンテが可能なので、隅々まで手入れしやすい。設置の時だけでなく、メンテナンスの時にも威力を発揮する。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1102-91361d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック