春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
私がコンサルしている案件の場合、薪ストーブ導入の相談を受けた時点で、薪を用意してもらっている。その時に訊かれる薪の必要量も甘く見積もらないで「1ヶ月1トン(二立米)」の消費量を目処として伝えている。そのため、薪ストーブの導入直後から十分な乾燥薪をいくらでも焚ける状態で薪ストーブライフをスタートすることができる。

現在、建築中の家も、この状態で薪の用意もしっかりできていたので、安心だ。(未経験者にありがちな、太過ぎる薪もなく、適正な太さのもので作られていた。

resize0527_20150702141116648.jpg

resize0531_20150702141124328.jpg

resize0528_20150702141120bee.jpg

resize0529_2015070214112017d.jpg

薪ストーブの設置前に、これだけ準備してあれば、言うことなしだろう。今度の冬の最初の薪ストーブシーズンから、快適に過ごせることが約束されているようなものだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1100-ab32405f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック