春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築で薪ストーブを導入したいということで、だいぶ前からコンサルしている案件。設計が固まる前の段階から、設計士さんと施主さんと同席の場を設定してもらって打ち合わせをして、大枠を決めていた。

それが、いよいよ具体的な形になってきた。

基礎工事が終わって、骨組みができて、野地板、防水紙が巻かれた状態になったので、とりあえず現場を確認してきた。内装の石膏ボードの施工の後だと、骨組みや下地が判らなくなるので、この段階でチェックしておくことで、確実に煙突の固定ができるようになる。現場に大工さん(&設計士)がいたので、直接打ち合わせすることができた。

このような打ち合わせや現場確認が不十分だと、取り付け金具に下地がない状態で、ボードにビスが刺さっているだけの、安心感にかける煙突工事となってしまうこともある。そういうのは見た目だけでは判らないことだけど、他社施工の現場では、けっこう現実にあるのが実情だ。実際に、他社施工で、木の下地がなくケイカルにビスが刺さっているだけで煙突固定金具がガタついている現場もあった。同じ部材を使って、同じように施工しているように見えても、こういう確認や打ち合わせをしているかどうかで、万一の地震などの災害時のダメージの有無という結果で大きく違いが出てくるのだ。

「きちんと薪ストーブが快適に燃える」「メンテナンス性に優れている」などの他に「耐震安全性」などの観点からも、総合的に配慮している。

resize0526_20150702135252f39.jpg
安心のチムニー仕様

resize0522_20150702135246603.jpg
ガッチリ小屋組と一体化したチムニー

ケイカルを打ち付ける前に、煙突固定金具の下地の位置を直接現場で打ち合わせできた。

resize0524_20150702135248b86.jpg
基礎からコンクリートで立ち上がっている炉台部分で、どんな薪ストーブの強烈な熱でも、荷重でも補強なしで受け止められる完璧な仕様

コンサルの当初は薪ストーブの機種が決まってなかったので、予算の関係で、最初はホームセンターの薄板の時計型、鋳物など床に対して物凄い熱が放射されるタイプを導入して、後日、本格的なものに入れ替えになる可能性もあったので、このような炉台を提案した。

resize0525_20150702135250496.jpg
チムニー天端までの距離も実測(タイル&下地の厚みの20ミリをマイナスして、煙突寸法を拾い出す)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1099-1e652727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック