春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
普通の煙突工事の場合には屋根の貫通部分、チムニーの上部から煙突を固定して、順番に下に繋げていくケースが多い。その方が安全、確実でリスクが少ないからだ。

しかし、今回は工事の途中で雨が降ってきて、そのような定番通りの作業ができないこともあって、屋内側から上に積み上げていく異例の作戦を取った。雨の待ち時間に現場で何もしないのは時間の無駄だからだ。先に室内側を仕上げてしまって、雨が上がってから、屋外側に取り組む段取りにした。

また、このやり方を取ることで、煙突の折れ曲がり部分の開始位置を、現場に合わせて極力上側に設定して、スライド煙突で調整する高さを稼ぐことができる。(上部から下部に向かって進めていくと、一番最初に取り付ける煙突の高さによって、多少の誤差がでてしまう)

resize0493.jpg
まずはレーザーを飛ばして煙突固定位置の墨出しをする

resize0492.jpg
煙突固定金具を、墨の位置に合わせて正確に垂直線上に取り付ける

resize0491.jpg
一番下の固定金具に、基準となる煙突を取り付ける

resize0496_20150701122635180.jpg
北軽井沢アンテナショップオープン事務局の営業スタッフも研修のため現場でお手伝い

この開始位置(基準)の煙突の上方向に積み上げ&下方向に薪ストーブの口元へ下げるという感じで二方向に向かって進めていく。

resize0494_2015070112215498c.jpg
先行して室内側を完了させた

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1094-f549483d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック