春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
梅雨時の薪ストーブ設置工事は雨との戦いだ。天気予報と現場の雲行き、雨雲レーダーの状況を見ながら総合的に判断して、工事の段取りを組む。

天候が安定していれば余裕があるけど、不安定な時には雨が降るタイミングと、煙突開口部分の作業のタイミングが重ならないように、雨の時は室内側の作業となるような流れを作っていく。

resize0488.jpg
雨が降る前に部材を全部搬入できた

resize0484.jpg
雨が降ってきたら煙突開口部分をシートで養生

resize0490.jpg
貫通部分を室内から見上げる

resize0485.jpg
シートに雨が溜まってくると凹みの弱い部分から垂れてくるのでバケツで受ける

resize0487.jpg
雨雲レーダーで現場近くの降雨状況を確認

resize0489.jpg
雨雲の切れ目で雨が上がったら、速攻で作業開始!

resize0486.jpg
作業完了直後に、激しく降ってきて、ギリギリセーフ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
かわはらさん、お邪魔します。
梅雨時の屋根出し工事は大変ですね。
漏らしたりすると、建物そのものや、家財に損害を与えますからね。

ウチも屋根開口とチムニー施工から請け負ってる工事があるんですが
天候が読めないので着工できずにいます。
2015/07/09(木) 10:25:42 | URL | エコエコ薪ストーブ #-[ 編集]
エコエコ薪ストーブさま:

お疲れ様です!

屋根開口&チムニー作成だと2-3日天候の安定した状況が欲しいですからねぇ。

梅雨時はなかなか難しいし、夏場になると夕立が怖いですね。
2015/07/09(木) 11:19:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1093-548da371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック