春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
鋼鈑製で耐久性の高いハンターストーブはメーカー保証も他社より充実していて、本体2年間、鋳物部品5年間と、保証書にも明記されている。それだけ壊れにくいという自信の表れだと思う。

resize0010.jpg

かわはら薪ストーブ本舗は、ハンターストーブの正規代理店として、実際に自分の手でこの製品に触れて設置工事をの取り扱いしているので、耐久性の高さ、メンテナンス製の高さは良く認識している。

そこで、このメーカー保証以上にインパクトのある保証を、販売店独自で行うことにした。それはハンターストーブのバッフル板の「(店主)生涯保証」だ。保証期間は10年でも20年でも良いのだけど、それだと今ひとつインパクトに欠ける。また、万一、私が病気や事故で死んだ時の後まで保証するというのも嘘っぽくなってしまう。

他社製だとバッフル板がヨレヨレになって折れ曲がってしまったりして、交換不能になるケースもある。しかし、ハンターストーブの場合には、相当ハードな使い方をしても、まず壊れないと思う。丈夫な分厚い鋼鈑を三角形の構造になるように溶接してあって、それが固定されずに本体に乗っている設計だからだ。

resize0482.jpg
炉の上に乗っているだけで固定されてないバッフル板

resize0481.jpg
簡単に取り外し可能

resize0480.jpg
壊れにくい構造のバッフル板

メーカーでも補修パーツはそれなりに用意していると思うけど、生産完了後、何年間かまでしかパーツ保有しないので、その後は修理不能になってしまうケースも鋳物製では良く聞く。しかし、ハンターストーブは鋼鈑製で単純な構造のバッフル板のため、万一メーカーで部品が入手できなくなっても、そこらへんの鉄工所で簡単に製作可能なのだ。

resize0483.jpg
かわはら薪ストーブ本舗独自の「店主生涯保証」のバッフル板(※)

※当店で設置工事、施工、ハンター薪ストーブを購入されたお客様のみ対象の保証
※バッフル板以外のパーツについてはメーカー保証

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
こりゃすげー!!!

じゃあ40年保証じゃん!

ハンター製の高性能に惚れこんだ

んですか?
2015/07/07(火) 08:21:36 | URL | 楢 #yLjmSUGw[ 編集]
秀逸な排気設計
 この三角穴で、炉内排気は両側面上部に分かれてバッフル板の上部に入っていくわけですよね。 
 天板は均一に暖まって熱利用効率は高いだろうし、何より、絞っている時は排気は2つ合わせた広い面積から導かれ、ガンガン行く時は気流がぶつかり合って暴走を抑止する、実に秀逸な設計ですね。
2015/07/07(火) 12:53:11 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
楢さま:

保証期間は、私があと何年生きるかにもよりますからねぇ・・・。

鋳物製にはない、早い立ち上がりと耐久性に惚れ込みました。
2015/07/07(火) 16:31:03 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
山口透さま:

そう思います。良くできた設計だと思います。

さらに三角形の下部で、循環するので排気が長く炉内にとどまるという効果もあります。
2015/07/07(火) 16:32:41 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
薪ストーブ故障パーツ (触媒,CB)
触媒機やクリーンバーン機などで高温になる、いわゆる二次燃焼機構周囲パーツは故障交換率が高い。

有名メーカーでバッフル板、触媒付近のボックスなど損傷による交換が多いと聞いてます。(部品高価だし~)

※バッフル板やバイパスダンパー
 プレート類は特に過燃焼要注意ですね。
2015/07/07(火) 18:36:24 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

メンテナンス時に、部品にダメージを受けているものを良く見かけるので、そういう心配をしないで、安心して長期間使えるという視点でも優れた選択だと思います。
2015/07/07(火) 22:38:32 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1092-825fc766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック