春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブはシーズンオフに1年に一度、分解掃除のメンテナンスをするのが基本だ。きちんと分解清掃して、油を塗布して保護しておかないと錆びの原因になって寿命が短くなる。必ずシーズン終了後に毎年行おう。

今回、設置した薪ストーブ業者はビンテージの分解方法を知らなかったらしく、単に煙突を取り外して煤を落としての煙突掃除だけしか行わなかったそうだ。そのまま3シーズン経過してしまって、そのため累積してバッフルの上に舞い上がった灰が、隙間にけっこう詰まってしまっていて、バッフル板を取り外すのに苦労した。

resize0420.jpg
作業前の状態

resize0419_20150626195333811.jpg
まずは刷毛で灰を撤去する

resize0418_20150626195331fd8.jpg
皮すき(なければバターナイフ)などで、左側奥のバーミキュライトを、くっと持ち上げて手前に引き出す

※これを一番最初に取り外すのがポイント

resize0422_20150626195337e49.jpg
割れやすいので気をつけて取り外す

resize0421_201506261953378ab.jpg
あとは順次取り外していく

バーミキュライトを撤去すると、このように灰が本体の鋳物にみっちり積って、こびりついていた。これを放置すると湿気を吸って固まったり、錆びの原因となる。面倒でも、必ずバーミキュライトを撤去して、掃除をしよう。コツさえ知っていれば簡単だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
おっさんの家のヴィンテージも正面左側が真っ二つになりました。

http://blog.livedoor.jp/u0840153/archives/44549664.html
2015/06/28(日) 13:53:48 | URL | Mrうー #noW3zowU[ 編集]
Mrうーさま:

ブログの記事も拝見しました。

割れていても、全体としての原型がとどめている、その状態でしたら機能的には問題ありませんよ。
2015/06/28(日) 17:32:41 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
燃焼効率良い素材だけど~ 
バーミュキュライトかー?

すぐヒビ入りそうだし、割れそうですし

そういう衝撃に素材を掃除で毎回外すの嫌だなー(汗)

神経質なオーナーには、ドキドキし悩ましいですな。
2015/06/29(月) 09:45:21 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

燃焼効率や性能を取るか、耐久性を取るか、難しい選択ですねぇ。
2015/06/29(月) 15:44:28 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
バーミキュライトの耐久問題
これが発売される時から,バーミキュライトの耐久性の問題が気になっていたんですよね.単純な形状のモノでも,ウン万円したので,全交換になると,いくらするんでしょう...
2015/06/30(火) 10:24:07 | URL | てんにょ #ddsr688U[ 編集]
てんにょさま:

全交換すると、かなりの金額になるでしょうねぇ。

高性能の要の部分なので、なるべく持たせたいですよね。
2015/06/30(火) 10:47:04 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1083-1707dfa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック