春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
1ヶ月くらい前の静岡、長野の薪ストーブの旅の最初に下見に寄らせてもらった川崎の案件

当初は開放型の薪ストーブがついていたけれども、これを普通の薪ストーブに入れ替えたいという依頼だった。煙突もシングル煙突で煤が多かったということなので、早速、薪ストーブ本体と煙突をフルセットで丸々交換してきた。

高性能で燃焼効率の良いクリーンバーンの鋼鈑製の薪ストーブ ハンター「ヘラルド14」と、高木の二重断熱煙突の組み合わせなので、劇的に煤の付着量は激減するだろう。

resize0344_20150620224835fa9.jpg
石炭も焚ける耐久性を持つイギリス製の鋼鈑製

resize0343_20150620223145969.jpg

resize0342_20150620223240df8.jpg

以前のストーブは炉台のど真ん中に置いてあったけれども、今回設置した薪ストーブは左側に取っ手があって、右側のヒンジを軸として扉が開くタイプなので、炉台の左側を広くして、薪を置いた方が使い勝手が良いので、敢えて炉台の右側にオフセットさせて設置した。

もちろん、炉台のど真ん中に薪ストーブを置きたければ、エルボの角度を真後ろに持っていけば可能だし、ついついやってしまいがちなパターンだけど、長年薪ストーブを使ってきた施主さんと協議して決めた設置位置なので、これが正解だと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
炉台の石材が良い
と薪ストーブも美しくて

品のある組み合わせですね。

オーロラ炎はどう良いですか?
2015/06/25(木) 10:01:33 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

この季節ですので、設置直後に火入れはしませんでした。

ハンターのオーロラは「かわはら薪ストーブ本舗」のショールームで昨シーズン堪能しましたが、綺麗ですよ。
2015/06/25(木) 17:56:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1080-dc82a155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック