春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
煙突の施工パターンも色々あるが、理想的なのはチムニー&角トップの仕様だ。

この写真のようにチムニー&囲いフラッシングの施工もよく見かけるけど、これだと煙突とフラッシングの取り合い部分が、コーキングや、防水テープなどで行われるので、経年劣化でいずれは雨が入り込むことになる。この部分は直射日光の紫外線、風雨にさらされていて、かなり過酷な環境だ。決して半永久的に持つとは言えない。毎年の煙突掃除の際にきちんと点検して、必要に応じて、再処理する必要がある。(設置後20年くらいで雨漏れして煙突づたいに雨が浸入するという相談を受けたことがあるが、たいていはこのパターンだ)

煙突掃除で煤を落とすことだけに気をとられないで、防水関係、雨仕舞い関係もきちんと点検しておきたい。

resize0273_2015061314314453b.jpg
他社施工の現場。コーキングの場合、ヒビが入ったり、切れたりしたら再処理しないと雨が入り込んでくる

resize0280.jpg
私が普段、標準でやっている、取り合い部分をブチルゴムの防水テープで処理したパターン

resize5684.jpg
ルーバー側の上面と、チムニー内面側の下面が物理的に完全に遮断されているので、雨が絶対に内部に入ってこない

メトスの角トップ(※)の場合は、物理的に、フラッシングと煙突の取り合いの弱点の部分が存在しないので、ノーメンテでも長期に渡って雨漏れの心配がない。

※他社製の角トップの場合はルーバー内部でフラッシング&コーキングによる雨仕舞いするショボい仕様のものも多いので要注意

resize5693.jpg
長期に渡って雨漏れのリスクがないメトスの角トップ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
まさに。。。
まさにウチの施工方法と同じです(T_T)
来年の煙突掃除のタイミングでブチルゴムの
防水テープで追加養生したいと思います。

かわはらさんに煙突掃除を依頼される方は
ホントに安心できますね。
2015/06/19(金) 19:00:01 | URL | ぱいろまにあ #zDF91uCE[ 編集]
ぱいろまにあさま:

コーキングの上からだとブチルテープはきちんとつかないと思います。平面性が要求されるからです。

やるなら、コーキングを一度全部撤去して表面を研磨してからの方が良いと思います。

十年以上経過して、忘れた頃にクレーム受けたくないので、なるべく確実な方法で施工するようにしています。

2015/06/19(金) 19:19:45 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
自己融着テープではなくブチルテープですね。
アドバイスありがとうございます、コーキング除去からですか・・・(T_T)。来年以降の課題にしたいと思います。
2015/06/20(土) 22:39:27 | URL | ぱいろまにあ #zDF91uCE[ 編集]
ぱいろまにあさま:

多分、カッターを使えば、コーキング除去は楽勝だと思います。
2015/06/20(土) 22:54:17 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1074-b43a42a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック