春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ハンターの薪ストーブは薪専用のモデルと、豆炭や石炭を燃やせるマルチ燃料モデルの二種類がある。

resize0260.jpg
ハンター薪ストーブ マルチ燃料タイプの炉底

石炭、豆炭などを燃やす場合には、薪と比較して多くの空気を炉底から送り込んでやる必要がある。そのため、薪専用モデルにはない仕組みが付加されている。炉底が(ロストル)の構造になっていて、下方から大量の酸素を供給できるようになっている。

逆に言うと、薪だけ燃やす場合には、この構造だと空気が多過ぎて、早く燃え尽きてしまう傾向になる。(マルチ燃料タイプを薪に使う場合には、ロストル下部、上部ともに灰で埋めてしまうくらいにすれば、薪専用モデルと同じような燃え方にはなるけど、ロストルまでの高さの10センチ分くらいの高さが使えなくなるので、薪の投入量が減って、薪専用モデルより燃焼時間や、炉内調理の際の容積の確保という点で不利になる。

resize0262_2015060913194082a.jpg
マルチ燃料タイプは薪専用モデルに比べて炉内の有効な高さが10センチ程度低くなる

一方、薪専用モデルは、このロストル部分が省略されて、炉底が薪ストーブ本体の底面となっている単純な構造だ。そのため炉内の有効高さが、マルチ燃料タイプに比べて10センチくらい余分に得られる。この10センチの差は意外と大きく、積極的に炉内にダッチオーブンや土鍋を入れて調理するような使い方をしたい場合には、薪専用モデルを選択しておいた方が使い勝手は良いと思う。

薪専用モデルと、マルチ燃料モデルは、それぞれ、若干のオプションパーツの購入が必要になるが、後からでも変更できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1070-111faefb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック