春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの炉内に組み込んだボイラーからの配管、そして真空管式の太陽熱温水器からの配管は、それぞれ独立した経路で、ストレージタンク内を循環している。これらの複数の配管の中を不凍液が常に循環している。ストレージタンクの内部ではコイル状のループの熱交換器を介して、ストレージタンク内の水が温められてお湯になる仕組みだ。

resize0218.jpg
薪ストーブからのお湯の戻りの接続部

resize0217.jpg
薪ストーブへ向かう水の流れの接続部

resize0216.jpg
太陽熱温水器との接続部

resize0215.jpg
ストレージタンク右側の面部分で、熱交換器を介してお湯を取り出す

このストレージタンクは、ドラム缶2個分くらいのサイズなので、それなりの大きさだし、重量も500kg近くある。薪ストーブをボイラーの熱源として使う場合には、薪ストーブより上に設置する必要がある。温度の高いお湯が上に登り、水が下がるという自然循環を発生させるための配置だ。そのため住宅の設計時点から、薪ストーブや煙突の位置、ストレージタンクの配管経路、お風呂の位置など総合的に考えて、最適化する必要がある。

新築の場合はそれほど難しくないけど、リフォームの場合には壁まで、はがすような大がかりな工事となるだろう。システム一式で500万円程度はかかるだろうから、新築の設備工事一式として組み込むのが現実的だろう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
高いんだろうなとは思いましたが、500万ですか。
どう考えても、メリットが出ない価格ですね。
今後の進化に期待したいところです。
2015/06/08(月) 10:12:30 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
sigle02さま:

現状のシステムだと、月2万の光熱費削減できると考えると、回収するのに20年かかりますね。

10年くらいだとだいぶ違うでしょうね。

後日提案しますが、もっと小規模の簡単なシステムで、電力会社、ガス会社と全く契約しないシステムで考えるのが良いかもしれません。
2015/06/08(月) 10:47:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1063-e1734af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック