春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
八ヶ岳でのドブレ640CBのレクチャーの直後に、煙突掃除と本体メンテナンスに突入した。

今回のレクチャーの案件は、この別荘から徒歩圏内の、別の別荘のオーナーさんから紹介してもらったのだ。その夜はそちらに泊まらせてもらうことになっていた。だからレクチャーの直後に煙突掃除やメンテナンスをする必要はなく、翌朝、薪ストーブが十分に冷えてからでも、状況的には全然問題なかった。

しかし、ドブレ640CBの場合は、簡単にバラバラにしてのメンテナンスができるので、レクチャー直後に決行した。それに、翌日は作業なしで早く出発した方が渋滞にハマらなくて済むし、汗と煤をつけたままの状態で長距離運転をしないで済む。

resize5970.jpg
レクチャーの後の熾き火や灰を撤去

resize5974.jpg
そのまま焚き火スペースに移して、焚き火開始♪

resize5972.jpg
パーツは皮手袋を二重につけて分解して外で清掃&油スプレーでコーティング

resize5971.jpg
スライド煙突を使ってない驚きの施工だったので、炉内に煤を落とす作戦をとった

resize5973.jpg
トップにもそこそこ、煤が付着していて、合計で丼一杯分くらい回収。それも焚き火に投入♪

ご紹介いただいた焚き火野郎さまによる、ブログの今回のレポートはこちら。彼とはブログつながりで、6年くらい前に一度、訪問させてもらっている。その後も、原木関連、パソコンのHDDからのデータ復などのお仕事の依頼をいただいて、現在まで繋がっている。今回も別荘で無線LAN接続できるようにした。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
昨日はコメントに返信ありがとうございます。

質問ばかりで申し訳ないのですが、
ドブレ640CBの灰をためておくワッフル状の部品の掃除なのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?
今は、大まかに灰をおとしたあとブラシで掃いてCRCを塗布の手順で行っています。
水洗いするわけにいかないので、灰がきれいに取り除けないのですが、
その上からCRC塗布で問題ないでしょうか?
2015/06/02(火) 13:11:59 | URL | もんも #9zD7mmqs[ 編集]
もんもさま:

ブラシはどのようなものをお使いですか?複数の形状、硬さのもの使い分けて、最終的に刷毛を使うと綺麗になります。

綺麗にした後にCRCの塗布でOKです。
2015/06/02(火) 13:24:35 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1057-acff2dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック