春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブ本体のことを選ぶ時には、色々とメーカーとか機能を調べて比較する人も多いけど、煙突について、そこまでチェックする人は稀だろう。

でも実は、薪ストーブ本体よりも煙突の方がはるかに重要なのだ。煙突こそが、薪ストーブの燃焼を支えるエンジンであり、心臓部分である。排気温度を下げずに、強いドラフトを維持するという重要な働きをしている。シングル煙突より二重断熱煙突が良いのは言うまでもないので、ここではシングル煙突は除外して、二重断熱煙突に的を絞って話そう。

薪ストーブ工事の見積もりに「二重断熱煙突」と書いてあれば安心してしまいがちだ。しかし、そのメーカーや生産国までチェックしたい。接続してしまうとコネクター部分が見えなくなるので、取り付けてしまうと、あまり違いが判別できないけど、国産と海外製では、実は大きな違いがある。

resize5963.jpg
海外製の二重断熱煙突

海外製品はコネクター部分が切り欠きになっているため、この部分から湿気や雨水が浸入する。そのため長期間に渡る使用で断熱材が水分で痛んで機能しなくなって性能劣化してくる。

resize5964.jpg
国産(高木工業所)の二重断熱煙突

一方、国産のものは、コネクター部分がプレスで作られているので、外気と完全に遮断されている。当然、湿気や雨水の浸入もなく、長期間に渡って性能劣化しない。このように国産の高木工業所のものは日本の高温多湿な実情に合わせて、設計、製造されているので、安心して使うことができる。また工事をやってないと判らないことだけど、精度が良く着脱もスムーズに確実に行える。

同じように見えても全く別物と言っていいくらいだ。多分、現物を並べて触れてみれば素人の人でも、誰しも違いが判るはずだ。興味のある人は実際に「かわはら薪ストーブ本舗」に来ていただければ、現物を見ることができる。

これから薪ストーブを導入する人は、薪ストーブのメーカーやブランドだけでなく、ぜひとも煙突のメーカー、ブランドにこだわって欲しい。(メーター当たり3万円という、ほぼ同じ値段なのに、全然違う、長期に渡る安心が得られる)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
後悔,後に立たず.
私は川原さんがブログアップする前に,色々調べて煙突・ストーブを自己調達しました.その時煙突を販売してくれた業者は,高木産業で見積もりしてくれていたにも関わらず,ブランドと耐熱温度の数値に負けて,更に値段も高いSFL NOVAにしてしまいました.
 その後この件の記事を見て,ストーブ設置の唯一の後悔点です.西洋かぶれはダメです.やっぱりmade in Japanです.
2015/06/02(火) 12:42:45 | URL | てんにょ #ddsr688U[ 編集]
てんにょさま:

情報発信のタイミングが間に合わずに残念でした。

高木製は、高温多湿な日本の環境に合わせて、繊細な日本人がこだわって作った製品なのですがあまりアピールしてきませんからねぇ。

一方の海外ブランドの輸入代理店は広告宣伝が上手ですから無理もないと思います・・・。
2015/06/02(火) 12:52:35 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1055-1cda973f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック