春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
タイルやレンガ、石などで炉台を作ると質感があるし、蓄熱性も期待できる。手作りの味わいもあって「世界に一つだけ」という個性も得られる。しかし、その反面、手間や時間、そして費用がそれなりにかかる。プロの職人に依頼すると平米単価で3万円程度の予算を見ておく必要がある。炉台、炉壁を両方作る場合、一般的なサイズで3.3平米として10万円程度だ。

しかし炉台を作る時間や手間をかけられない場合もある。既製品の炉台、炉壁として使えるプレートを活用する方法もある。これであれば1枚2万円程度だ。炉台、炉壁用と二枚使って4万円程度だ。

値段が安いということは、それなりの理由があって、かなり簡易的で割り切った仕様だ。

resize5646.jpg
さすがにフローリングの上の薪ストーブを直接、置くわけにはいかない

resize5645.jpg
今回のサンプルの既製品の炉台、炉壁プレート(横1067ミリ×奥行き812ミリ×厚み12ミリ)(42"×32")

他にも数種類のサイズ、色やデザインがあって、好みのものを選べるようになっている。
stove_boards.jpg

resize5662.jpg
スペーサーをかまして既存の壁に簡単に空気層を確保できるキット/ボード同士を連結するキットのオプションもあり

http://www.imperialgroup.ca/stove_stoveboardsheatshields.cfm?c=345

resize5644.jpg
ケイカル板の表面に薄い鉄板が張ってある

resize5643.jpg
アメリカのUL規格取得済みの製品

resize5647.jpg
この製品は小型薪ストーブを置けるギリギリのサイズ

黒い塗装なので、灰が落ちて、白い汚れが非常に目立つ。

resize5648.jpg
前面ガラスからの輻射熱を受けて短時間で薄い鉄板のコーティング部分が100℃近くなるのが気になる。うっかり触ると「アチっ!」となる。

こんな感じの製品で、安価で使い勝手が良い。DIYユーザーはもちろん、低コスト案件で、機能優先で、それなりの見た目で構わないという場合には、工期が短くて簡単施工というのが特筆できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
耐久性はどうでしょうか
ケイカル版、不燃材ではありますが、高熱に長時間晒された際の耐久性はどうなのでしょうか。

ケイカル版12ミリを炉内に入れて1回焚いただけで、ひび割れてスカスカになりましたから。

ヒートシールドの無いストーブには向かないかもしれませんね。
2015/04/19(日) 09:48:30 | URL | ゆで落花生 #-[ 編集]
ゆで落花生さま:

直接炉内に投入するのと、炉台として外で使うのでは熱負荷が全然違いますから問題ないと思います。

アメリカの保険会社が出資して作った検査機関のお墨付きですので、炉台、炉壁として使う分には問題ない耐久性だと認識しています。
2015/04/19(日) 10:13:00 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ケイカル板
 収縮するので、四方留めてしまうと割れてしまいますね。
 逃げを作っておいたら、近接して使っていますが3年では問題ありません。
2015/04/20(月) 08:46:36 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

おっしゃる通り、近接して遮熱板として使う場合には、固定方法も考える必要がありますね。
2015/04/20(月) 09:18:30 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1013-7eeced95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック