春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
200キロ近い重量物の薪ストーブを家の中に搬入するのはかなり大変だ。

仮に4人の成人男性で運ぶ場合、理論的には一人あたり50キロの負担だけど、現実的にはそうはいかない。平坦で広い場所なら比較的均等に重量が配分されるけれども、現実的には段差で傾いたりする。下側の人に負担がかかったり、戸口付近で狭い場所などは二人同時に通れなかったりするので、均等に重さがかからず、重さが一人に集中してしまったりする。いずれにしても、かなり腰にくる作業だ。

なるべく楽に搬入するためには、人力での垂直方向の移動(上げ下ろし)をなるべく少なくするのがポイントだ。ユニック(クレーン)で吊ったり、リフトで昇降させるなど機械に頼れるところは頼ると良い。

一回限りの現場での薪ストーブ設置工事の場合には、慣れているスタッフだと二人で息を合わせて、気合と根性で人力で搬入してしまうケースも多い。

かわはら薪ストーブ本舗では住宅兼、薪ストーブのショールームなので、一回限りの搬入ではなく、それなりに繰り返し何度も薪ストーブの出し入れをする。正直、玄関ポーチ部分の段差はけっこう厳しい。

resize5630.jpg

ここにステージを組んで、リフトやユニック(クレーン)で薪ストーブを降ろしたり、トラックの荷台を横付けしてしまえば平行移動だけで済むので楽に搬入、搬出できる。

resize5634.jpg
階段の中段部分用の三角足

resize5633.jpg
下段部分用の三角足と組み合わせて正方形の支柱を組む

resize5632.jpg
支柱の上にパネコートを置いて、支柱とずれないように、裏面の枠で固定

ここにトラック荷台を横付けしたり、ユニック(クレーン)で降ろしたり、リフトで上げ下ろしできるようにした

resize5631.jpg
階段用のステージとして使わない時には、こうしてガレージでの作業台としても活用できるようにした

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
検討済みかもしれませんが、住宅の床工事で”鋼製束”があります。
横の移動を殺せば使えそうですが。
却って手間で、木材をカットした方が早いかもしれません。
2015/04/16(木) 20:16:50 | URL | yamadagaga #WjRtzHSU[ 編集]
yamadagagaさま:

ナイスアイデアをありがとうございます。

自分ところではなく現場だと、高さをその場で調整できるので汎用性があって良さそうですね。
2015/04/16(木) 20:26:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1010-6a5c2907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック