春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「数年間、煙突掃除をしてこなかった」ということで、ある程度覚悟はしていたが、かなり危険な状態だった。

タールや煤が大量にこびりついていて、これに引火したら火炎放射器状態になって、全部燃え尽きるまで止らない。そうなると煙突の表面温度は1000℃近くに達して、煙突の貫通部分の木部から発火して火災に至る。この火災は隠蔽部分で発生するために発見が遅れて、気がついた時には被害が拡大しやすい。

あと一歩でそうなりそうな感じだったので、依頼者には「毎年メンテと煙突掃除が必須」と伝えてきた。

薪の乾燥、燃やし方、温度管理の全てに問題があるので、改善に向けての具体的なアドバイスをしてきた。

resize5609.jpg
煙突の中は大量の煤とタールが付着

resize5610 - コピー
角トップの内部にはタールがこびりつく

resize5611 - コピー
鳥避けの金網も煤で目詰まりしている

resize5612 - コピー
トップの風避け内部も煤とタールが大量に付着

resize5614.jpg
どっさりバケツ一杯分の煤を(炉内に落として)回収

室内側から上部に向かってブラシを突いても、煙突の筒の中だけは掃除できても、結局はトップに大量付着した煤やタールは全く除去できないので、シーズンオフの煙突掃除の際には屋根の上からやるのが基本だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1007-82e40afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック