春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize5592.jpg
バッフル板を取り出す

resize5593.jpg
バッフル板に付着した煤

resize5591.jpg
煙突掃除で落とした煤が室内に飛び散らないように養生する

resize5590.jpg
回収した煤は茶碗一杯分でサラサラ

resize5589.jpg
煙突掃除&メンテナンス 完了

燃焼効率の良くない開放型の【暖炉】でも、乾燥した薪を上手に焚けば、このように煤やタールの量は少ない。「排気がクリーンで燃焼効率がはるかに良い」と言われている【薪ストーブ】でも、これより煤やタールがたくさんこびりついているケースも多く見受けられる。

このことからも、薪ストーブの機種や機能の違いよりも、薪の乾燥具合や焚き方の方が重要だということが理解できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
同感です
川原さま

こんにちはです。
ちこっと細工をしましたが、籾殻燻炭を焼くために作った高温燃焼のロケットストーブに近づいてきましたよ。
http://irimoya.bbs.fc2.com/

2015/04/12(日) 12:30:44 | URL | いで爺 #NQ14cDH2[ 編集]
いで爺さま:

掲示板の記事も拝見しました。

どんな形状の薪ストーブも、高温で完全燃焼に近い形で、煙を出さないように、煤を付着させないように効率良く燃やすのが、使いこなしのポイントだと思います。
2015/04/12(日) 19:45:10 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1006-9a6b0e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック