春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨晩の天気予報で「今日は雪が降って冷え込む」と言っていた。「雪なんてホントかなぁ?」とあまり信じていなかったが、冷え込むという部分は信じられたので、薪をたっぷり突っ込んでガツンと焚いておいた。

resize5582.jpg
大きめのコロ薪を突っ込んでガツンと燃やす

そのため、今朝は薪ストーブの灰の中には熾き火が埋もれていて、ほんのり暖かい状況で、室温は22℃くらいだった。薪ストーブをつけなくても我慢できる温度だけど、こんな日に薪ストーブをつけないのはもったいない。熾き火を灰から出して、熾き火の上に細めの焚きつけの薪を置いたらすぐに着火した。

resize5581.jpg
薪を追加投入して温度を上げていき、二次燃焼の状態で安定させる

薪を取りに外に出たら、雪が降っているのに気づいた。なんかこんなふうに綺麗なピンクの花が咲いているところに雪が降っているのは、なかなか見られるものではないと思って写真を撮った。

resize5580.jpg
花桃と薪と雪

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1003-f242d9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック