FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
開店準備中の期間は、夜間の看板の照明をつけなかったけど、GWの期間中は、目立たさせるために点灯した。

DSC_3067.jpg
照明で夜間の暗い夜道に浮かび上がる看板

DSC_3068.jpg
外の撮影で寒くなったので、H43に火を入れた

DSC_3069.jpg
薪ストーブの炎にいやされる

緑色に見える熱反射ガラスのRH43に、開店祝いにいただいたお花と、H43を撮影している私が同時に写り込んでる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村


千葉の成田店に次ぐ、2店目のかわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店のGWの開店を目指して3月、4月の2か月間、ほぼ休みなしで毎日頑張って準備してきた。

色々な紆余曲折があったけど、多くの人の協力のおかげで、目標通り、ようやく形になってお客様を迎え入れることができる状態になった。感謝したい。

開店イベントは先日告知した通り、5月1日から5日までの5日間連続で行うが、その前でも、プレオープンの店舗内覧会という形でお見せしている。10時から15時くらいの時間帯であれば、概ね北軽井沢店にいるので、遊びに来られる人はぜひ来てほしい。私がいる時に、直接「ブログを見た」と声をかけていただいたら、ハンドドリップののプコーヒーを無料でごちそうする。

DSC_3011_00001.jpg
店内の入り口からの様子

InkedDSC_3036_201904272157033e5_LI.jpg
開店祝いのお花をいただいた

DSC_3035.jpg
ヒミエルストーブを置いてあった炉台の中心の位置にネスターマーチンのRH43を、その隣にH43を置いた

今後の予定だけど、5月6日(月/祝)まで連続で北軽井沢店を営業して、7日(火)からはお休みいただいて、5月後半くらいまでは、薪ストーブメンテの旅に出る。ご依頼いただいている、煙突掃除、メンテナンス、設置工事など順次対応していく。(その間、北軽井沢店は不定期に店を開けたり、閉めたりしているので、ご来店いただく場合には、事前のアポをお願いしたい)

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

いよいよ本格的な10連休のGWに突入した。

かわはら薪ストーブ本舗の開店記念イベントはGW後半の5月1日から5日まで5日間連続で行う予定になっているが、GW前半も、本日28日(日)からプレオープンで店舗の内覧会を行う。店の中がどんなふうになったか楽しみにして欲しい。

とりあえず外装については、テントをN-VANとお揃いの色で塗ったので、目印になると思う。これまでの赤が退色した古ぼけたテントの色から比べたら、とても良くなった。

DSC_2888.jpg
正面から見た店の外観

DSC_2889.jpg
店舗側面(駐車場側)のテントも塗ってある

※ご来店の際は、側面側に駐車して下さい



DSC_2891.jpg
駐車場側の店舗側面

DSC_2890.jpg
色の比較のために、撮影用にイベントスペースの正面にN-VANを停めた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_2892.jpg
作業前の床の状態

DSC_2893.jpg
ワックスを少量づつ入れて薄く塗っていく

DSC_2894.jpg
作業前後の境目を見ると艶が全然違う

DSC_2895.jpg
塗ったところを歩かないように考えながら後退していく

DSC_2908_00001_20190426092123997.jpg
ワックス3回塗りした状態の床面

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

塗装工事の二日目で、養生も取れて、細かな部分の手直しに入って、全体像がはっきりと見えた。

ようやく前の店舗のイメージの内装を払拭できた。

DSC_2834_00001.jpg
玄関に入って見渡す店内の雰囲気

DSC_2835_00001.jpg
一歩、店内に踏み込んで炉台周りを見る景色

DSC_2838_00001.jpg
カウンターから炉台周りを見る景色

DSC_2833_00001.jpg
店内の奥からてカウンターを見る雰囲気

DSC_2837_00001.jpg
店内の奥から玄関方向を見る雰囲気

これで、ようやくお客様を迎えても恥ずかしくない内装になった。

ちなみに最初の状態はこれだった
https://photos.app.goo.gl/v1cUvZkVMdFhF7LW8

塗装完了後の完成形はこちら
https://photos.app.goo.gl/UeNHpmZt3NKiqxTR8

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_2773.jpg
くすんだ色の天井は白く塗る

DSC_2791_00001.jpg
壁面は紫系の微妙な色合い

DSC_2788_00001.jpg
炉台周り

DSC_2793_00001.jpg
これまでのイメージと全然違う内装

DSC_2797_00001.jpg
オシャレな喫茶店みたいなイメージになってきた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_2731_00001.jpg
これまで、ゴチャゴチャとしていた炉台の上、周辺を整理した

DSC_2734_00001.jpg
広い空間になって、ようやく「倉庫」から「店舗」らしくなってきた

DSC_2766_00001.jpg
火を入れたので、薪ストーブの熱源で料理しつつ、晩酌

やっと一段落ついた感じ。開店できる状態のゴールまでの達成率は80パーセントくらいだと思う。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブ本舗の北軽井沢店の開店準備の作業も、だいぶ進んできた。

全部片づける前の中途半端な状態で、床面清掃をしても、巨大なペレットストーブを撤去したら、その下に砂ぼこりや綿ぼこりがどっさりなのは容易に想像がついたので、見えている部分だけ清掃作業しても、時間と手間が無駄になってしまうので、これまでは床面の汚れは無視してきたのだ。

これまでに、トラック4台分の不要品を撤去してきた。途中の期間中は、捨てても捨てても減らない感じでエンドレスに思えてしまうこともあったけど、一通り片付いて、ようやく床面が全部出てきて、すっきりしたので、床面を清掃した。

DSC_2769.jpg
床面をモップで清掃

DSC_2770.jpg
拭き取り後は茶色い水で、長年の汚れを感じた

とりあえず今回は3回、全面をふき取ったけど、まだまだ納得いくレベルまで綺麗にはならない。多分、10回くらい拭かないと、水が濁らない状態にはならないだろう。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

基本的に煙突掃除は、普通に日常生活の主暖房で使う場合には、シーズンオフに1年に一度行うのが望ましい。

別荘などで、使用頻度が少ない場合には、数年に一度の煙突掃除のパターン、あるいは煙突が詰まって燃えなくなってからというケースも見受けられる。この場合には煙道火災のリスクが出てくる。煙突内に付着した煤に引火して、煙突内部で燃えて、煙突トップから火炎放射器のように噴き出し、赤熱した煙突とに熱せられた木造家屋が燃えるというメカニズムだ。

使用頻度が少ない場合には「毎年」とは言わないけれども2年に一度の煙突掃除をお勧めする。いつやったか判らなくなることの防止のために「奇数年度」「偶数年度」とルールを決めておくと良いと思う。人間の記憶はけっこうあいまいなので、こういうルールを自分で決めておかないと、抜け落ちてしまう。

DSC_2707.jpg
放置しておくと、こんな状態になる

DSC_2708.jpg
引火性のフレーク状のタールや煤が、煙突内部に詰まっている状態(一歩間違えれば、典型的な煙道火災に直結)

DSC_2709.jpg
煤を除去して安全な状態に

DSC_2711.jpg
どっさり、バケツ2杯分の煤を回収

DSC_2712.jpg
ハードな煙突掃除の場合、追加料金をもらいたくなる

煙突掃除の料金は「定額制」ではななく、回収した煤の量(グラム単価)にした方が合理的?

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪ストーブシーズンも終わりつつあるので、ボチボチ煙突掃除の依頼が入ってきた。しまい込んでいた、道具をとりあえず引っ張り出して車に積み込んで準備した。

DSC_2704_00001.jpg
荷台に平積みすると、どこに何があるかすぐに判って、取り出しが楽

DSC_2705_00001.jpg
二連梯子をロープで縛って準備完了

DSC_2706_00001.jpg
GWの連休明けから本格的な煙突掃除シーズン

既にご依頼いただいている方は、GWの連休明けに順次スケジュール調整させていただきます。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

以下の内容で、GWの後半に、かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店にて、イベント開催する。時間の取れる人は、ぜひ遊びに来て欲しい。

2019-04-10 (1)
各種、薪割機やチェーンソーの実演で入門機から中級機、業務用モデルまでフルコースで体験できる

2019-04-10.jpg
ピザ窯、薪&ペレットのハイブリッドモデル「アキミックス」の実演

どんな雰囲気なのかを知るための参考までに、過去に行ったイベントの画像を貼り付けておく。このような感じで、丁寧に個別対応している。薪作りや、薪ストーブに興味のある人は、ぜひ遊びに来て欲しい。色々と学べることが多いと思う。

DSC_8401.jpg
スゥェーデントーチ ワークショップ

resize1125_201610011746314ed_201904190906065a8.jpg
薪割り講習会


かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店 GWイベントの詳細

5月1日, 2日
  10時から12時 初心者向け 薪割り講習(斧) 
          13時から15時 スゥーェデントーチ製作ワークショップ      
          ※随時、薪割機、ハスクバーナ、ゼノアの各種チェーンソー体験          

5月3日, 4日, 5日 10時から15時 ピザ窯、薪、ペレットストーブのハイブリッドモデルの実演

場所 〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-643
https://goo.gl/maps/eSPpKC1Qn7F7Q7G16



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

   
北軽井沢店の内装イメージの参考にさせてもらったトレーラーハウスは、千葉県千葉市のグレイスの森にある。ここには、私がコンサルして施主さん自らDIY施工で導入した薪ストーブがある。

resize2528_20190417160355e46.jpg
グレイスの森のエントランスゲート

resize2524_201904171603515ff.jpg
オリジナルの角トップを納品させてもらった

resize2525_201904171603523ae.jpg
古き良き時代のアメリカの田舎風景が広がる

resize2527_20190417160354a81.jpg
二重断熱煙突も自作DIYでの施工

このように、自分でやりたい人に対しては有償でコンサルしてノウハウだけを提供することもある。施工する人の力量や技術の見極めが重要なので、誰しもが対象になるわけではないけれども、可能だと思える場合には、このようにコラボすることもある。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

開店準備中の北軽井沢店の片づけ、整理を進めているが、不用品を撤去して、すっきりした空間になってきたので、ようやく内装のイメージを考えられるようになってきた。

地元の千葉の私の仲間を呼んで、まずはざっくりとした方向性の相談に乗ってもらった。理想的には珪藻土や漆喰を塗りたいけれども、今回は工期の問題、予算の問題で、現実的にはクロスか塗装かという選択肢しかない。その時に、私の仲間が製作途中のトレーラーハウスの内装色がとても良いと聞いた。

塗装でもクロスでも、サンプルの小さな面積で見るのと、壁面全体の大きな面積で見るのでは印象が全然違う。これまで多くの物件を手掛けてきたプロでも、サンプルと、実際の施工後のイメージを合わせるのは至難の業ということだ。今回は施工後の大面積で見た時に「バッチリ!」と思える色合いを初めて出せたということだったので、現物を見せてもらうことにした。

resize2521_20190417124830cad.jpg
現在制作中のトレーラーハウスを見せてもらった

resize2523_2019041712483277e.jpg
藤色、紫とグレーの混じった複雑な色合いで、シックで落ち着いた空間になりそう

resize2522_20190417124831899.jpg
シックな内装に薪ストーブが映えそうな感じで気に入った

実際に自分の目で確認して、良い色合いでトータルバランスも良く、新店舗の内装としてもふさわしいと思った。この方向でGOサインを出して、職人さんの手配を取ってもらった。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

開店準備中の北軽井沢店だけど、店内の方の整理はこれまでで、トラック4杯分の不用品の撤去をして、だいぶ進んで、すっきりしてきた。ようやく、内装工事に入れる段階になってきた。

GWまでに間に合わせるために、優先順位の高い方から手をつけてきたので、どうしてもバックヤードは後回しになる。

実はバックヤードの方は店内以上に凄いことになっていて、これまでは床暖房の配管パーツで足の踏み場もない状況だった。バックヤードで事務処理をしたり、寝たりすることが全くできない状況で、これまでは、ほぼ店内の方で過ごしてきた。

resize2518_201904162024509ae.jpg
床暖房の資材で足の踏み場もないバックヤードだった

resize2519_201904162024520e7.jpg
資材を撤去して、事務処理や食事をできるスペースを確保した

resize2520_201904162051317b1.jpg
窓から丸見えじゃない場所で休めるようになった

ここにきて、店内の整理が一段落して、ようやくバックヤードに手をつけられるようになってきた。これまでは店内で食事や事務処理をしてきた。開店準備中なので、ほとんどお客さんは来ないけど、それでも突然の来客は時々ある。そんな時でも、バックヤードを拠点にしていれば、慌てて片付けることもないし、舞台裏を見せずに済む。

滅多に見られない舞台裏の貴重なショットだ。

一通り、撤去するものを片付けて、整理がついたので、これから、ようやく本格的なリフォーム作業に入れる。どんな店になるか、楽しみにしていて欲しい。GWには内覧会とプレオープン(※)のイベントを開けると思う。時間の取れる人は遊びに来てほしい。

※正式オープンは(グランドオープン)このペースだと夏休み前位になりそうな見込み

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

開店準備中の北軽井沢店は、少しづつコツコツと作業を進めているので、あまり目に見える大きな進展がないので、エンドレスに思えてしまうこともあるのだけど、ようやく大物の不用品を撤去することができたので、目に見えて変化した。

DSC_2554.jpg
店の出入り口付近のスチールラックに配管パーツの在庫という、あり得ない状況だった

IMG_20190414_115410.jpg
全て撤去してスッキリした

IMG_20190414_124944.jpg
ボイラーの煙突の抜け殻を再利用するため、他の場所からペレットストーブを持ってきて接続

IMG_20190414_131331.jpg
煙突と貫通部分を黒く塗装

IMG_20190414_144435.jpg
ガムテープの淵部分の凸凹を切り取って正方形に近い形状に整えて最低限度の見た目を確保

貫通部分については、最終的には壁面と同色で塗ってしまうか化粧板で隠すつもりだけど、とりあえず現時点での手持ちの材料だけでできることをしておいた。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

焼き芋を作る時には90-120分くらいで焼きあがる程度の熱の入れ方がちょうど良い。

熾火の炉内に入れてしまうと温度が高すぎて焦がして失敗することが多い。

確実に失敗なく天板で作れる専用の鍋を試してみた。

DSC_2592_00001.jpg
不思議な形状の蓋で、絶妙に蒸気を抜くようになっている

DSC_2593_00001.jpg
本体側も効率良く熱が伝わり、なおかつ芋が浮くような突起がある

DSC_2591_00001.jpg
甘くて柔らかく仕上がった

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_2579.jpg
天板でコーヒー用のお湯を沸かしながら、ホットケーキを焼く

DSC_2578.jpg
焚き付け後、間もない状態だったので、天板の温度分布が、そのまま焼け目に表れる

DSC_2583.jpg
焼けたホットケーキを食べつつ、お湯が湧いたらコーヒーを淹れる

DSC_2584.jpg
淹れたてのコーヒーと一緒に炎を見ながらの朝食

DSC_2582.jpg
ふっくらフワフワの美味しい薪ストーブで焼くホットケーキができた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪ストーブに憧れているけれども、「薪を調達するのが大変」「木屑や虫は耐えられない」「予算的に厳しい」などのネガティブなポイントで諦めている人もいると思う。

そんな場合にはペレットストーブという選択肢もある。木の粉を向上で圧縮加熱で固めたチップ状の燃料が袋に入っているので、通販で買えば運送便で自宅まで届くし、清潔で虫とや木屑とは無縁のハンドリングだ。薪棚も不要で物置に積んでおくだけでOK。煙突も薪ストーブほど大がかりなものは必要ない物がほとんどなので、工事代金の総額も薪ストーブの半額程度で済む。

「部屋の中で炎が楽しめる」という点では薪ストーブと似ているし、何よりも薪をくべる手間が必要ない。エアコン感覚でスイッチを入れるだけで点火から消火までワンタッチのものがほとんどだ。機種によってはタイマースタートも可能なので、朝起きた時に、スイッチが自動で入っていて、部屋が暖かいということも可能だ。

開店準備中の薪ストーブ店(北軽井沢店)は、私の前の営業がペレットストーブ屋だったので、使えるペレットストーブの展示(実演)機が一台だけあったので、処分しないで、とりあえず置いてある。

ペレットストーブのイメージがつかめない人もいるかもしれないが、FF式の石油ファンヒーターのような感じだ。燃料が石油と違って臭わない、木質ペレットということで、温風を室内に吹き出す点では同じだ。薪ストーブとは違って電子制御で動いているので、基盤やセンサー、着火用のニクロム線や、ファンのモーターなどに寿命があるので、長期的に見たら、故障のリスク、修理の必要性は薪ストーブよりは高いと覚悟する必要がある。煤や灰が出るので定期的なメンテナンスが必要なのは薪ストーブと同じだ。

DSC_2531_00001.jpg
暖房能力は、薪ストーブにはかなわないけど、手軽さは、現代人になかなか便利

DSC_2518_00001.jpg
ペレットストーブの炎を眺めながら群馬のお酒で晩酌

暖房能力的にパワーは薪ストーブとかなわないと書いたけれども、それは同じ時間焚いた時の話だ。薪ストーブは就寝後に薪をくべるのを止めてしまったら燃え尽きてしまって終了だけど、ペレットストーブは燃料タンクを満タンにしておけば、一晩中、朝まででもずっと燃やすことも可能だ。時間当たりのパワーはかなわないけど、長時間燃焼させることでカバーできる。

高気密高断熱の住宅であれば、薪ストーブのパワーを必要としないケースも多い。その場合は手軽に炎を楽しめるペレットストーブも選択肢の一つとして良いと思う。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

食材と調味料を鍋の中に入れて、薪ストーブの天板の上に乗せておくだけで完成する手間のかからない料理だ。水は入れず、食材の持つ水分だけで蒸し焼きとなる。

簡単で美味しいので、薪ストーブ料理のお勧めの一つだ。もうシーズン終了で焚かない人も多いかもしれないけど、北軽井沢では、まだまだ薪ストーブを使っている。

DSC_2537_00001_20190407182728beb.jpg
天板だけで完結する簡単料理

DSC_2538_00001.jpg
湯気が立ち上って、良い香りがしてきたら完成が近い

DSC_2539_00001.jpg
キャベツが透明になって、肉が良い色になったことを確認してから火から降ろして10分ほど蒸らす

DSC_2544_00001.jpg
手間をかけずに美味しくできた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

北軽井沢では4月中旬でも最低気温が、まだ2℃だから、薪ストーブを焚いている。薪ストーブ好きにはたまらないエリアだ。

薪ストーブを焚いていると、その熱源を暖房としてだけでなく、調理としても使いたくなる。ヒミエルストーブをフル活用してローストチキンを作ってみた。あまり手をかけなくても絶妙の味で仕上がる。

0.鶏肉はヨーグルト、塩、コショウで漬け込んで下ごしらえ
1.高温の天板の上のダッチオーブンで鶏肉の表面に焦げ目をつける(中は生焼けでOK)
2.輪切りにしたネギと一緒にアルミ箔で包んで、オーブン室で仕上げ



DSC_2536_00001.jpg
200℃オーバーのオーブン室に投入

DSC_2540_00001.jpg
アルミ箔を開くと、ジューっという良い音と香りで食欲をそそる

DSC_2543_00001.jpg
フォークでつつくとホロホロに砕ける柔らかさを、ネギ味噌の和風の風味で

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

地元の農家直売店で特売で売っていたネギを、一気に消費するための料理だ。

DSC_2533.jpg
天板の上のダッチオーブンで調理

DSC_2535.jpg
薪ストーブ調理だと野菜をたくさん摂ることができる

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

現在、開店準備中の北軽井沢店に来ているが、今朝(9日)は雪化粧の店頭だ。もう雪は積もらないだろうと思って、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えたら、これだ。

今朝の気温
【外気温 -0.3℃/薪ストーブを一晩焚いていた店内20℃/扉を隔てたバックヤード16℃】

明日は、内装、外装工事の打ち合わせで、地元の千葉から仲間が来てくれる予定なんだけど、大丈夫だろうか。

まだまだ薪ストーブが活躍している。火入れ直後の外の様子を撮影した。

暖かい地域からは、薪ストーブシーズン終了で煙突掃除の依頼や問い合わせがボチボチと入ってきているが、GW後にまとめてお伺いするので、それまで待っていて欲しい。

DSC_2562.jpg
今朝は雪化粧

DSC_2564.jpg
薪棚にも雪が積もっていた

DSC_2563.jpg
早速、薪ストーブに火入れ

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

現在、北軽井沢の国道沿いで、薪ストーブ店の開店準備中だ。

大家さんから「薪ストーブ屋をやるなら薪も必要でしょう?ここにある木を好きなだけ切って使っていいよ」という話をいただいた。この場所は店から歩いても行けるくらい近くで、ここで薪の材料を調達できる。

来店客の少ない平日などは、こちらで作業して、少しづつ薪作りすれば良いと思った。

DSC_2515_00001.jpg
店舗から徒歩でも行ける現場

また、開店後、落ち着いてきたら、将来的には、チェーンソー講習、伐採講習なども、この現場で行うことができそうだ。

詳細は近日中に発表するけど、GWの北軽井沢店の開店イベントの際にも、「初心者向けの薪作り講習」なども企画しているので、その時に使う原木も、すぐ近くで調達できることになった。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

GWの開店準備のため千葉から北軽井沢へ移動する際に、前回の3月の準備中に、店の前の薪棚に積んであった薪を焚いて、ほぼ使い果たしてしまったので、補充のため軽トラック一杯分積んで持ってきた。

移動の途中に栃木県日光市でペレットストーブ、薪ストーブ販売施工をしている国府田産業に立ち寄って、使わなくなった全自動洗濯機をもらってきた。前回の開店準備中は近所のコインランドリーで洗濯していたけど、時間がもったいないと思っていたので、不用品放出のアナウンスと、タイミングよく合った。

このことを、国府田さんのブログでも書いてくれている。
https://blogs.yahoo.co.jp/nikkoworks2/archive/2019/04/06

ちなみに、国府田産業のショールームは常設で8台のペレットストーブが同時に炎を入れられる状態で展示されている。実際に現物の炎を見ながら選べる。

たまに、こうして仲間の同業者同士で会って情報交換できるのは有意義だ。貴重なひと時を過ごして、北軽井沢へと向かった。

IMG_20190404_120933.jpg
薪の上に洗濯機を積んできた

DSC_2511_00001.jpg
ほぼ空になった店の前の薪棚

DSC_2512_00001.jpg
薪以外の荷物をどかしてから、軽トラを薪棚に横付けする

DSC_2514_00001.jpg
再び、満タンになって一安心

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪ストーブの煙突について、よく言われていることの一つに「口元付近の1メートルくらいはシングル煙突でも良い」ってことがあるが、これはどういう根拠なのだろうか?「このくらいなら煤の付着も大差ない」「シングル煙突から放熱するから暖房に使える」というのが一般的な理由付けだと思う。

私はこれまでの経験から、メンテの際にシングル煙突部分にだけ極端に煤がついているケースを多く見てきたし、薪ストーブ本体からの熱だけで暖房は十分と考えているので、排気温度が冷えるデメリットの方が大きいと判断して、基本的に口元付近から二重断熱煙突を標準施工してきた。これはあくまで私の経験則と勘であって、数値で比較した根拠があるわけではなかった。

最近、ヒミエルストーブで口元付近の1メートルのシングル部分と断熱化した前後で比較したら劇的に燃え方が全然違うというという体験をした。焚きつけ時に煙の逆流が起きにくくなるし、空気を絞れるようになって燃費(薪の持ち)が明らかに向上した。排気温度が高いまま維持されるので、煙突から排煙が上っていく力が強くなるから、理屈から言えば当然のことなのだけど、これまでは具体的に測定値を数値で示すことができなかった。

【口元付近のシングル煙突の断熱実験】

DSC_2510_00001.jpg
天板より上部分はセラミックスーパーウールが見えるとなんだかなのでアルミフレキでカバーして耐熱塗料で処理

DSC_2509_00001.jpg
天板の下の背面部分は、正面からは見えないので、セラミックスーパーウールを巻いた状態

DSC_2134_00001_20190405111630d61.jpg
設置直後の室内側シングル煙突状態

今回、ヒミエルストーブの開発者の西岡さんが、北軽井沢店の開店準備中に持ってきてくれた後に、工場に帰ってから煙突の断熱の有無の違いによる、【炉内の燃焼温度】を複数回測定して、平均値をレポートしてくれた。
https://himielstove.com/2019-03-22-deta-anarytecs

シングル煙突の場合→570℃
二重断熱煙突の場合→660℃



口元付近のわずか1メートルだけを断熱するか、シングルで放熱させるかだけで、100℃近い燃焼温度の違い出てくるのだから、これは無視できる数字ではない。口元付近から断熱することで、それだけ炉内で効率良い燃焼をしていることを具体的な数字で示すことができている。室内煙突オールシングルは論外として、口元付近のわずか1メートルの断熱をするかしないかで、これだけの違いが出るという事実は興味深い。これまで私が推奨してきた、口元付近からの二重断熱煙突での施工が正しかったと、この検証から確信できた。

結果が良好だったので、今後のヒミエルストーブも排気部分は口元からオール二重断熱煙突のコネクターを組み込んだ仕様にバージョンアップすることを期待したい。

室内側シングル煙突でも、それなりには燃えるのだけど「それで問題ない」と言っている人は、その燃え方しか知らないわけで、もし二重断熱煙突と比較したら、誰でも燃え方の違いに気づくはずだ。煙突表面から放熱して排気温度が冷えてしまう宿命のシングル煙突の場合は燃焼用の空気を絞らずにに勢い良く燃やし続けないと良好な強いドラフトと燃焼を維持できない。一方で、二重断熱煙突の場合には、空気を絞ってもドラフトが弱まらないので高い排気温度を維持できて、燃費が良くなるというメカニズムだ。

実際に、これまで室内側シングル煙突での施工だったものから二重断熱煙突への入れ替え工事を複数行ってきたが、どのお客様も焚きつけの瞬間から「これまでと全然違う!」と、燃え方の違いを実感してくれている。「効果を実感できない」というお客様は皆無だ。こういう経験からも、自信を持って勧めることができたけど、このように数字で違いを示せると、より一層、説得力が増す。

現在使っているシングル煙突から、二重断熱煙突に入れ替え工事をして、もし効果を実感(体感)できなければ、元の状態に戻したうえで、返金する。その場合は、代金はいただかなくても良い。

薪ストーブ設置工事の時にはローコスト優先でシングル煙突を使ってしまいがちだけど、薪の消費が多くなるのでランニングコストが高くつく。二重断熱煙突にすれば空気を絞って省エネ運転できるので、薪が節約できる。薪を自分で作っている人は大幅な時間の削減ができるし、薪を購入している人は購入費用の削減ができて、長い目で見れば二重断熱煙突の方がコストが安いという結論になる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

以前から私は理想の薪のサイズ(断面)について、1辺が8センチの正方形と推奨してきた。
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1992.html

「太いのは立派」とか、「火持ちが良い」とか言っている人も多いけど、乾燥不足のことが多く、表面積が小さいので燻ぶっているだけで、温度も上がらず効率が悪いだけだ。

本当のところは、一辺8センチ程度の正方形の断面に近い乾燥した薪をガッツリ高温で焚いてから空気を適度に調整して、ゆっくり燃やすのが効率が良いのだけど、自己流に陥って、煙モクモク、煤大量付着で当たり前になってしまっているベテランユーザーは意外と多い。

薪のサイズについて、正確な含水率計を使って根拠を示しているブログの記事があったので、紹介しよう。
https://exprius.net/is-firewood-dry-for-1-year-dry/

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

地元の千葉にいる間の4日間に渡って運んだ薪の配達は無事に終了した。

最終日は穏やかな春の陽気で、チューリップの花が綺麗に咲いている中だった。

今回の配達の期間中に、途中で寒の戻りがあって、お客様も私が今回持って行った薪を焚いてくれて「重量があるけどしっかり乾燥していて良く燃えてくれた」というコメントをいただいた。極上の薪なので、ベテランユーザーからの評価が高く、満足度の高いものなのでリピーターさんも多く、自信を持って配達できるものだ。

薪を購入されているお客様は、このように、オフシーズンのうちに薪棚を満載にして、次の冬にはいつでも焚けるようにしておいて欲しい。

DSC_2500_00001.jpg
メッシュパレットボックスを積み込んだ荷台

DSC_2502_00001.jpg
チューリップの花の咲く春の庭

DSC_2504_00001.jpg
薪ストーブシーズンもそろそろ終了

DSC_2505_00001.jpg
薪棚を満載にして、来シーズンの準備完了

DSC_2507_00001.jpg
既設の薪棚に納まりきらなかった分は仮設の薪棚に積んだ

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

4回に分けた薪の配達の第一便。シーズンオフに使って空いた薪を満載にする。

DSC_2424.jpg
現場に到着して駐車場に停めて、一輪車で運ぶ

DSC_2426.jpg
段差なしで平行移動できるだけでも御の字

DSC_2427.jpg
まずは薪棚の1/4が埋まった

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪ストーブシーズンが終わって薪棚が空になったままの状態で、「次の秋冬になったら注文すればいいや」って考えている人も多いと思う。

しかし、できることならば、今の時期にこそ薪の配達の依頼をして欲しい。秋冬の声を聞く時期になると、依頼が殺到するし、リフォーム案件での薪ストーブ設置工事の依頼も増えてくるので、配達の依頼を受けてもすぐには対応できなくなってくる。土日祭日指定などの場合には1-2カ月待ちということも出てくる。「焚きたい状況の時に薪がない」ということが起きないためにも、前倒しの注文を、お願いしたい。

今回も地元の千葉のお客様から4立米分の配達依頼が入ったので、配達の準備をした。

DSC_2420_00001.jpg
依頼を受けた4立米のうちの3立米

DSC_2421_00001.jpg
フォークリフトで在庫から出す

DSC_2417_00001.jpg
フォークリフトで持ち上げて軽トラに積み込む

軽トラの場合、普段はメッシュパレットボックスごと積み込むが、今回はメッシュパレットなしで平積みすると、どのくらいの高さになるのか、実感するために、敢えて手積みしてみた。容積的には2立米積めてしまえるけど、明らかに過積載になるのでまずい。

DSC_2422_00001.jpg
積み込み完了して、配達準備ができた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

今から半年後の10月1日(火)に消費税が現在の8パーセントから10パーセントに上げられる。住宅、車、家電製品など、高額商品の場合には支払い総額も違ってくるので、駆け込み需要も考えられる。

sales-tax-10-percent.png

薪ストーブに関して、仮に工事一式の代金が100万円の場合に、同一の商品でも、税込み108万円か、110万円かの違いで2万円の支払い金額の差が生じてくる。「そんなの関係ない」と言う人は増税のタイミングを気にしないで良いけれども、気にする人は支払いのタイミングを意識して欲しい。

薪ストーブの場合にはリフォーム、新築ともに買ってきてポンと置くだけというわけにはいかない。それなりの工期が必要になってくるから、「いつまでに引き渡し」「いつまでに決済」と具体的な日付を考える場合には十分に余裕を持ったスケジュールで考える必要がある。あまりギリギリでタイトなスケジュールにすると間に合わなくなる。

過去の増税時の経験から、10月1日が近づいてくると、駆け込み需要の相談も出てくると思われるが、「絶対に8パーセントで薪ストーブ設置工事を行いたい」と考えている人は、今すぐでも行動を起こさないと、現実的には手遅れになると思う。

かわはら薪ストーブ本舗でも、できる限り節税を考えているお客様の要望には応えるようにするけれども、保管できる在庫スペースの制約もあるので、あまりギリギリになってから注文されても対応できないこともある。増税の時期に設置工事を考えてる人は早めに相談して欲しい。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村