FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、煙突工事をした長野の現場に、薪ストーブ本体の設置に再び行った。完成見学会の間際なので、足場や養生も取れて、建物の外観も内装もはっきりと判る状態。下手に白い壁に素手で触ると手垢で汚してしまうし、工具やパーツを、直接床に置くと傷つけたり凹んだりするので注意が必要だ。

DSC_6754_00001.jpg
現場に到着

DSC_6756_00001.jpg
まずは車の荷台に積んである薪ストーブ岡本AGNI-CCのパーツをバラして軽量化

resize3301_2018062913310166d.jpg
パーツは先に室内に搬入しておく

事故防止のために取り外せる部品はあらかじめ取り外して軽量化して、運びやすくするのがポイントだ。国産の薪ストーブ岡本AGNI-CCは多くのパーツを簡単に分解できるので、メンテナンス性や搬入性に優れる。一つ一つのパーツがそれなりに重いので、写真の量だけでもだいぶ違う。

重量物搬入のプロのスタッフなので、二人で簡単そうに運んでいるように見えるかもしれないけど、普通の成人男性だと4人で運ばないと厳しいと思う。

DSC_6759_00001.jpg
重量物運送スタッフによる搬入作業

DSC_6760_00001.jpg
炉台の上まで無事に運び入れた

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村