春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
お客様が数年使っているドブレ640CBだけど「扉の開閉レバーの内部のナットが緩んだので回したら折れてしまった」という事例があった。当然、そのままの状態では使えないので、交換パーツを取り寄せて、修理した。

この部分は高熱にさらされるので、ボルトのネジが熱酸化しているので、何も対策しないでいきなりやると、そういうことが起きやすい。もし扉の開閉レバー緩んで調整したくなったら、まずは潤滑油を噴きつけてしばらく置いておいて、ナットを無理に回さないのが鉄則だ。気に緩む方向に力づくで回さないで、少しだけ緩む方向に回して動いたら、また逆方向に元の位置まで回し戻すイメージで回転方向を交互に変えること繰り返して、少しづつ、ゆっくりゆっくり緩めてやることがボルトを折らないコツだ。

ナットを取り外すことに成功したら、ボルトやナットの錆びや汚れはワイヤーブラシで落として清掃してから、再度組み付ける前に焼きつき防止剤の「アンチシーズ」を塗っておくことをお勧めする。潤滑油は緩めるためだけしか役立たない。炉内だから一度焚いたら油成分は燃えてしまう。



resize3185_20180424103926e4b.jpg
今回交換した灰受け扉のレバー

交換した灰受け扉のレバーだけでなく、メイン扉とサイド扉も上記の手順で一度取り外して、アンチシーズを塗ってから組み付けてメンテナンスしておいた。

resize3187_201804241039328c1.jpg
サイド扉のレバー

resize3186_20180424103930cdd.jpg
メイン扉のレバー

梅雨時に焚かない人は、GWは薪ストーブのメンテナンスのベストシーズンだ。冬の間に暖かさを作ってくれた、薪ストーブに感謝の気持ちを込めて丁寧にメンテナンスしてあげよう。

※自分でやる自信がない人は、ご依頼いただければメンテナンスも全国対応している。



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

冬場に焚いてなくなった薪を、ないままで放置しないようにしよう。

「寒くなったら配達を頼めばいいや」って安易に考えている人が多いのだけど、薪ストーブを焚きたくなる頃になると、薪の配達の依頼や、シーズン直前の煙突掃除の依頼が集中するので、注文を受けてもすぐには配達に行けなくなる。配達日として土日祭日を指定されたりすると、依頼後1ヵ月以上先でないとスケジュール調整できなくなることもある。

寒くなって焚きたい時にすぐに焚けるようにするためには、薪を置くスペースがあるのであれば、今の焚かない時期に注文しておくのが無難だ。今焚いても大丈夫な、即戦力のすぐに焚ける良質の乾燥薪を配達する。

GW中も、既に配達の依頼が入っているけど、日程によってはスケジュール調整して配達は可能だ。

resize3182_20180424094355976.jpg
メンテナンス、煙突掃除の後に、玄関先に配達した薪

resize3183_201804240943388fa.jpg
窓をふさがないように積んだ

resize3184_201804240943444af.jpg
井桁で積めば、薪棚がなくても安定する

冬までの間は玄関先を飾るオブジェとしても目を楽しませてくれる。

樹種は主に楢やクヌギの広葉樹 配達料込み 1立米(写真の量)で税込み3万円



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪の材料の玉切り丸太の配達に行ってきた。

DSC_6002_00001.jpg
玉切り済みの丸太を配達した

DSC_6010_00001.jpg
煙突チムニーの見える庭で

平屋部分の低い屋根の位置の煙突だからチムニーで煙突トップの高さを確保している。また、チムニーによって屋根の上での煙突掃除の際に、身体を預けて安全に作業できる環境でもある。

第二弾の配達と煙突掃除の依頼もいただいたので、後日、天気予報も見ながら、スケジュール調整して再訪問することになった。

DSC_6004_00001.jpg
ソーセージとハムの前菜と、炭酸水

車から玉切り丸太を降ろしたら、お庭に移動して美味しいランチをいただいた。新緑を眺めながら、気持ち良い庭で美味しくいただいた♪

DSC_6006_00001.jpg
お肉と野菜をトウモロコシ粉を焼いたシートで包んで食べるメインディッシュ

DSC_6008_00001.jpg
デザートのアイス

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

久々の関西からの設置案件の相談があったので、新幹線に乗って、今月の初旬に、とりあえず現場を見てきた。

DSC_5578_00001.jpg
東京発の新幹線なので、まずは東京のクラフトビールを車内で楽しむ

DSC_5582_00001.jpg
ぷらっとこだまのクーポンで引き換えた赤ワインでランチを摂りながら、すいたグリーン車のこだま号でのんびりと行く

設置工事やメンテナンスでの移動の時には車を運転していくので、ぷらっとこだまのグリーン車プランを利用して、普段はできない、のんびりとした贅沢な時間を過ごした。自分が座った座席の隣はもちろんのこと、一列全部誰も自分以外は座ってなくて、視界にも一人も目に入ってこない乗車状況なのだ。現実的には、一車両に数人は他の乗客も乗っていることがほとんどだけど、気分的は車両一台を独占しているような感じでストレスなく移動できる。

こだま号は新幹線の各駅停車のため、途中でのぞみ号やひかり号に追い越されて所要時間は多少余計にかかる。ちなみに、東京から新大阪まで、今回利用したこだま号だと約4時間、のぞみ号だと約2時間半なので、約90分余計にかかる。しかし、のぞみ号のように逃げ場のない満席に近い状況で、隣の席が太ってむさい落ち着きのないオジサンだったり、前後にシートを揺らしたり蹴ったりするような子供や、うるさくい中国人だったりすることがないので全然快適だ。4時間落ち着いて、ほぼ一人のんびり過ごせるのと、2時間不快な思いをするのだったら私は前者を選択する。しかも、グリーン車を使っても、のぞみ号より大幅に安い!

ゆっくりと車窓の景色を楽しみながら食事を摂って、メールチェックやブログ更新などをしていれば良い。車で移動したら普通に5-6時間かかり、運転以外には何もできないことを考えれば、ありがたくて快適な移動手段なのだ。

東京=新大阪間 新幹線料金(片道)

のぞみ号 グリーン車 正規料金 \19,230-
のぞみ号 普通車指定席 正規料金 \13,620-
ぷらっとこだま グリーン車プラン \12,000-



そんな感じで関西に移動して、現場を訪問した。

平屋の親世帯の応接間に薪ストーブを設置して、子供世帯との壁面をぶち抜く大規模リフォームの構想だったけど、そのためには親世帯の同意が必要になる。今回の話は子供世帯からの希望だったので、ご両親を説得するところからスタートすることになるので、そのままの構想で進むかどうかは、現段階では微妙な情勢だ。

私のところへ相談が来てから、実際に薪ストーブを導入するまで数年経過するというのは、よくあることなので、慌てずに薪作りを地道に進めながら、両親の説得をして、同意が得られない場合には子供世帯の二階建て住宅への単独設置の別バージョンの提案をしつつ、どちらのプランでも対応できることを確認して、現場を後にしてきた。

DSC_5617_00001.jpg
左側の平屋が親世帯、隣接する右側の二階建てが子供世帯

DSC_5618_00001.jpg
親世帯の、ほぼ使われてない応接間に設置して、二つの建物の壁をぶちぬく大規模リフォームの構想だったが・・・

ご両親世帯も含めた、家族の人生設計にも関わるリフォームの話なので、一時期の勢いだけでなく、じっくりと考えて決断を下して欲しいと思う。どういう形になるにしろ、薪ストーブ屋としてできることは精一杯やらせてもらうつもりだ。

いつの日か、薪ストーブ設置工事をやらせてもらうことになれば、うれしい。

お土産に京都の自然酔"NATURAL HIGH"という面白いネーミングのお酒をいただいたので、帰宅後に薪ストーブに火を入れて、炎を肴に楽しんだ。

DSC_5707_00001.jpg
フルーティーで口当たりが良く飲みやすかった

DSC_5709_00001_01.jpg
京都府城陽市のお酒

このように、新築はもちろんだけど、既存住宅に本気で薪ストーブを設置したいという場合のコンサルティングも全国対応しているので「遠方だから」と遠慮しないで気軽に声をかけて欲しい。



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

高温多湿な梅雨、夏場に、メンテナンスしないで薪ストーブを放置すると、炉内に残った煤や灰が湿気を吸って錆びや腐食の原因になる。これを防ぐために、シーズンオフに綺麗に清掃して、防錆油を炉内に塗っておくと長持ちする。

こうして分解清掃してやることによって、内部の異常を発見することもあるので、定期的にお手入れしてやるのが良い。煙突掃除だけでなく、薪ストーブ本体も冬の間の感謝を込めて作業しよう。

resize3174_20180405214853825.jpg
天板を取り外すと煤や灰が付着している

resize3175_20180405214853de6.jpg
刷毛やワイヤーブラシで清掃する

resize3176_20180405214854ab0.jpg
アメリカでは銃の手入れにも使われる防錆潤滑油WD-40で保護

resize3177_20180405214855442.jpg
美味しいコーヒーで一息つく

resize3178_20180405214859050.jpg
きっちりメンテナンスを終えて、次のシーズンを待つドブレ700SL

自分で作業できない人は、ご依頼いただければ全国対応する
(GW中も状況によっては行ける日程もあり)



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブ本舗のショールームのウッドデッキに設置した五右衛門風呂と薪ストーブの煙突だけど、これまでは上部で折り曲げて、建物の大屋根の破風板に固定していた。

今回、プチリフォームして、雨がベランダに降り注がないように屋根をかけたので、それに合わせて煙突の配管ルートも変更した。このことでストレートの配管ルートになって、結果的にかなり良くなった。

家を建てた当時は、建築のことは、素人であまり詳しくなかったので、ハウスメーカーの言われるがままに任せての設計だった。ベランダに屋根をかけない設計だったけど、そのままスルーしていた。この状態だと大雨が降ると、ベランダに雨が降り注いで、ベランダ下部から雨樋で排水しているけれども間に合わずに、オーバーフローして、ベランダ下部の下屋根の内側に雨水が垂れてきてしまうことがあった。下屋根をつけなければ、それでもあまり不便はなく気がつかなかっただろうけど、排水できなかった分が、建物本体の壁面内に流れて、しみ込んで、躯体を腐らせるリスクがあったわけだ。

ショールームの屋外部分の全部を、ウッドデッキ&土間、バリアフリーのスロープ作成工事をした際に、下屋根をつけた後に、大雨の時にウッドデッキにオーバーフローした雨が、下屋根の下に降り注いでくるのは納得いかないので、根本的な対策をすることにした。ベランダにも屋根をかけ物理的に雨がベランダに降り注がないようにすれば良いのだ。

DSC_5552_00001_01.jpg
ビフォー

DSC_5557_00001.jpg 
ベランダに屋根をかけるので、まずは骨組み作成で煙突を一時的に取り外す

こんな時にも精度の良い国産の高木工業所製の煙突は一人でもサクっと分解、そして再組立てができる。二重断熱煙突ならば、みな同じというわけではなく、コネクター部分がひっかかって回すのに一人で脱着作業するのが難儀するメーカーの製品が多いのが実情なのだ。

作業前には、新たに作成するベランダにかける屋根にフラッシングをつけて、再び折り曲げて元の位置に煙突を立ち上げようかと考えていたけど、せりだした破風板に固定すれば、煙突を折り曲げずにストレートにできる位置関係だったので、シンプルな配管ルートになるようにした。

DSC_5572_00001.jpg
折れ曲がりがなくなって真っすぐストレートになった煙突

DSC_5573_00001.jpg
4本の煙突が立っている、かわはら薪ストーブ本舗のショールーム

折れ曲がりをなくした後に、この煙突に接続している薪ストーブを燃やしてみたら、劇的に燃え方が良くなった。「気のせい」というレベルではなく明らかに体感できるレベルだった。同じ薪ストーブ、同じ煙突トップ高さだけど、たかが一か所の折れ曲がりの有無で全く違うことを改めて実感できた。45°の折れ曲がりでもこれなのだから、クランク上の壁抜きの90°の折れ曲がりがいかに抵抗になっているかは推測がつくだろう。(壁抜きの環境の人はイマイチが当たり前になっているから理解できないかもしれないけど、屋根からストレートに立ち上がる煙突の快適さとは雲泥の差だ)

これから薪ストーブを導入する計画のある人は、可能な限りストレートな煙突で設計することをお勧めする。壁抜きはやむを得ない場合の最後の手段で、基本的にはお勧めできない。燃え方がイマイチというだけでなく、外壁サイディングの交換など長期スパンでの家のメンテナンスの際に大きな障害となる。

DSC_5794.jpg
プチ煙突工事の後に火を入れたセガン サファイヤと、シャンパン(偶然、両方ともフランス産)

DSC_5795.jpg
イベントの後の打ち上げの時に、お酒を飲みながら、スタッフと参加メンバーでショールームに移動して、デッキで、バージョンアップした炎を楽しんだ

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪割会の翌朝には、参加メンバーがありがた屋さんのショールームに集まって、デファイアントの位置を修正してから、3台同時に火入れした絵を撮影した。厳寒の真冬にもやったことのないということだったけど、こういう時でないとできない貴重なショットが撮れた。

DSC_5972_00001.jpg
パーツを取り外して軽量化してから、設置位置を微調整してから、再びパーツを組み付けていく

DSC_5987_00001.jpg
3台同時に火入れ

私が昨年に煙突工事した時には、まだ室内側の準備ができてなくて、薪ストーブに火が入っているところを見られなかったので、今回の薪割会の後に豪快に3台同時に炎が入っているところを見られて、ようやく完結したような気分になった。

DSC_5999_00001.jpg
滅多に見られない3台同時に火が入っているところ(ディファイアント、アンコール、Heta55H)

DSC_5982_00001.jpg
1段下がった土間スペースに設置されている

DSC_5976_00001.jpg
三連チムニー&角トップと飛行機雲

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪焚亭さん主催の薪割会の後は、ひとまず一度宿にチェックインして温泉に入ってから、バスで郡山駅近くの魚紋へ向かった。

DSC_5846_00001.jpg
ありがた屋さんから最寄りのバス停までは900メートルの距離だった

DSC_5851_00001.jpg
まずは生ビールで乾杯

DSC_5944_00001.jpg
板前さんが、目の前で、とっておきの食材で料理を作って出してくれる

DSC_5923_00001.jpg
新人のバイトのお姉さんとツーショットで最高の笑顔の薪焚亭さん

DSC_5867_00001.jpg
楽しい宴席だった♪

その他の写真はこちら(共有アルバム)


【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪焚亭さん主催の薪割り会に参加させてもらった。

参加メンバーがそれぞれ、自分のやるべきことをこなして、効率良く楽しく薪作りだできた。みんな自分のやるべきこと、それぞれが何をすれば全体の中で効率良く動けるかを自分で判断して、適格に動いていた感じだ。

DSC_5815_00001.jpg
原木をチェーンソーで玉切り

DSC_5819_00001.jpg
薪割機で薪割り

DSC_5825_00001.jpg
分担して作業するので、効率が良い

resize2097_201804220057013d8.jpg
しっかり昼食&休憩も確保

resize2098_201804220057032df.jpg
作成した薪を参加者の車に、どんどん積んでく

判りづらいかもしれないけど「太過ぎ」の薪がないことを、この画像からも観て取ってもらえると、うれしい。ある程度のベテラン薪ストーブユーザーが作る薪だと、特に誰が指示することなく、自然に一辺が8センチ程度の正方形に近い断面の薪が量産されているのだ。


動画で薪割機が稼働している状況と、現場の雰囲気を見る

NEW! 【写真アルバム作成】
薪割会のアルバム

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ブログの記事を毎日更新するのって習慣になるまでは、なかなか難しいものがある。

特にユーザーの立場だと、継続するモチベーションが続かないケースが多く、薪ストーブを使い始めた最初の頃は、物珍しさや新しい物をゲットした興奮と面白さで更新頻度が高いけれども、だんだん当たり前になってきて更新されなくなって、やがて休眠するケースも多い。

そんな中で、ユーザーなのに1年間、毎日更新を続けた、すごいブログを見つけた。これからも末永く続いていくことを期待したい。

resize3173_20180404215228aa9.jpg
薪ストーブクロニクル

ショップ目線ではなく、ユーザー目線なので、実際の薪ストーブライフの様子が良く解り参考になると思う。そのブログの中でも、私が登場している(と思われる)記事が二つあって、なかなか面白かったので、リンクを貼り付けておく。

↓私はジャンキーらしい

薪ストーブ中毒者の中毒症状・総集編

↓イチオシの700SLのことに言及されている

おすすめ薪ストーブメーカーランキングベスト30その③~いよいよトップ10の発表!~

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

事前準備として、生地をこねて、薪ストーブの炉台の余熱で発酵させておく。生地の粉に何を使うかは、それぞれのこだわりで選択すれば良い。生地をこねるのには、ホームベーカリーがあれば簡単だ。薪ストーブの熾火がある時は「こねる」モードだけ使って薪ストーブで焼けば良いし、熾火がないオフシーズンは「最後まで焼くモード」で使えば1年中使える。



ホームベーカリーの使い方とか、粉生地の配合などは本体付属の取り扱い説明書を読んでもらうことにして、今回のこの記事では、薪ストーブを使った焼き方に重点を当てて紹介しよう。ポイントは、熾火の量のコントロールだ。まずはガンガン焚いて熾火を大量に作る。その後で、生地を入れたダッチオーブンを炉内に投入するタイミングを見極めるのが大事だ。熾火が多くて強すぎると、焦がしてしまうし、少なくて弱すぎると生焼けになってしまう。

比較的炉内の小さなビンテージ35でも、このように炉内調理ができる。私が薪ストーブ設置工事をした関西のお客様宅に泊めてもらった時の、朝食を紹介しよう。このように、バリバリ使いこなしてくれているのが、とてもうれしい。

DSC_5652_00001.jpg
このくらいの熾火の時に、キッチンペーパーを敷いて生地を流し込んで、ダッチオーブンの蓋をして焼く(15分から20分程度)

DSC_5655_00001.jpg
その後で蓋を取って、上側に焼き目をつける(10分程度)

DSC_5658_00001.jpg
焼き上がりをダッチオーブンから取り出したところ

DSC_5659_00001.jpg
表面は香ばしくパリパリで、中はふっくらモチモチで、とても美味しい♪

DSC_5661_00001.jpg
ヘルシーで美味しい朝食の完成♪

薪ストーブで作る場合には、それなりに手間や時間はかかるので、忙しい出勤前、お出かけ前には厳しいけれども、ゆっくり過ごしたい休日の朝食に試してみてはどうだろうか?

真冬にガンガン焚き続ける時には、熾火での炉内調理をするチャンスがあまりないかもしれないけど、今の時期は焚き続けずに鎮火させることになるので、熾火のタイミングが必ずあるはずだ。そんな時には炉内料理にも挑戦してみよう。これまでやったことのない人も、一度試してみて欲しい。

「よくある質問」で、炉内調理での時間の**分というのは、あくまで参考タイムで、実際には炉内サイズや熾火の量、食材、素材の量や質によって異なってくる。自分の環境で何度かトライして最適を見つけるしかない。



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

関西方面に出張する時に、いつも泊めてもらっている高槻のビンテージ35のある家は、設置工事の時には雨降り直後で泥だらけの地面、狭い吹き抜けに足場なしで傷つきやすい土壁の内装と、設置工事も、かなり難易度が高かった案件なので、とても思い出深い。これまでの経験を総動員して、最終的に満足いく結果となった。

施主さんも、私が「かわはら薪ストーブ本舗」として営業する前の、個人でブログをやっていた時代からずっとブログを読んでいてくれていて、新築への薪ストーブ設置工事を依頼してくれた。家を建てるだいぶ前の段階から関わらせてもらって、設置工事の後にも、継続的におつきあいさせてもらっている。こうして長い期間に渡って家族と接していると、その家の子供の成長、家族が増えていくことなども含めて知ることができて、とても、うれしい。

厳しい現場の状況
二連梯子の冶具を作成して室内で使った様子
施主さんによるレポート(煙突工事一日目)
施主さんによるレポート(煙突工事二日目)



家族の成長だけでなく、ユーザーが薪ストーブを使いこなしていくこと、新築時にはなかった薪棚や薪動線ができていくことなどの「成長」も見られる。薪ストーブ初心者だった時代から、数年経過して、その家ならではの使いこなしが見られるのは、本当にうれしい。設置工事と、取り扱い説明の後は、メンテナンス以外に実際に使っている時の現場を見る機会が少ないので、勉強になる。

そして、その家の子供も薪ストーブと一緒に成長していく。

DSC_5643_00001.jpg
焚きつけを真近で見てコツを学ぶ

DSC_5645_00001.jpg
設置工事の時には、まだいなかった子供を抱っこするお母さんが、焚きつけの背景のキッチンにいる

DSC_5650_00001.jpg
キッチンの窓からは、薪棚が見えて、カウンターには放射温度計も薪ストーブの温度管理だけでなく料理にも活用している様子がわかる

DSC_5647_00001.jpg
弟ができて、一人の時より、お兄ちゃんになって成長している

DSC_5664_00001.jpg
小さな子供がいる時にはハースゲートは必須だけど、いずれ不要になる時も来るだろう

今回の訪問時には、朝食の時に薪ストーブの炉内でパンを焼いてくれたけど、忙しいお母さんに代わって、炉内の熾火のタイミングをチェックして知らせるなど、子供も大活躍してた。最近では、オール電化で本当の炎を知らない子供も多いが、こうして家の中で薪ストーブの炎を一緒に成長していく子供は、幸せだと思う。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

今回のかわはら薪ストーブ本舗主催のイベントでは、薪ストーブ、ペレットストーブ本体としては、ハンターストーブの輸入元のエイコーテレシスと、"MAXIMUS OVEN"ポータブルオーブン(薪窯)やペレット&薪のハイブリッドストーブ"AKIMIX"アキミックスの輸入元エコレットカンパニーの2社が出展してくれた。

両社とも、単なる暖房だけにとどまらず、調理器具としての活用方法も見せてくれた。美味しく楽しく簡単にと三拍子そろった、薪で作る料理の提案をしてくれた。さすがに全国各地のイベントで慣れているだけあって、安定の美味しさで、イベントを盛り上げてくれた。

DSC_5727_00001.jpg
鋼板製で天板の温度がしっかり上がるハンターストーブは調理も得意(今回はアスペクト5の天板を使用)

DSC_5729_00001.jpg
ちょっとしたコツを知っているだけで、ストーブでの使用にふさわしいストウブの鍋が美味しく仕上げてくれる



DSC_5749_00001.jpg
絶妙の仕上がりだった

エイコーテレシスの福島さんのブログでもこの時の様子のレポートをしてくれている。
http://stoves-salesman.blogspot.jp/2018/04/blog-post_17.html?m=1

DSC_5739_00001.jpg
AKIMIXとMAXIMUS OVEN

DSC_5750_00001_20180416125538e84.jpg
美味しいピザが短時間で焼けた

来場したお客様だけでなく、スタッフも含めて美味しい薪で作った料理を堪能することができた。

シンプルだけど、美味しい薪で作った料理は、こういうイベントの時には、特にうれしいものだ。冬場に、家の中での薪ストーブ料理も良いけれども、気候の良くなってきた、これからはアウトドアで楽しむのが気持ち良いと改めて思った。(キャンプをする人なら当たり前なのかもしれないけど、薪ストーブ料理から入った私は、アウトドア料理の良さを最近になって、よくやく知った)

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

先日のイベントではハスクバーナゼノア社から、普段あまり見られないようなレアなチェーンソーを持ち込んでの、デモンストレーションが行われた。今回は1.5メートルのガイドバーを装着した大型モデルのパワーを見ることができた。

普通に丸太を玉切りする方向(輪切り)だとバーの長さを持て余してしまうので、縦挽きして製材するようなイメージで丸太を半分に半月状に切り分けた。

DSC_5770_00001.jpg
普通は、あまり見る機会の少ない長さ1.5メートルのガイドバーを装着

DSC_5762_00001.jpg
丸太を縦挽きした

DSC_5771_00001.jpg
綺麗に真っ二つになった

DSC_5774_00001.jpg
切断面

DSC_5776_00001.jpg
どれだけ大きなチェーンソーだか、こうして見ると良く判るだろう

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

4月15日(日)の、かわはら薪ストーブ本舗主催のイベントは無事に終了した。各出展企業ごとの詳細は、明日以降、順次レポートするが、今日の記事では、取り急ぎ全体像の報告だ。

朝の準備段階は荒れた強風と雨だったけど、開催時刻には穏やかな天候に回復して、事故もなく、快適な環境で過ごすことができてラッキーだった。来場してくれたお客さまは、楽しんでくれたと思う。

DSC_5726_00001.jpg
ハンターストーブはアスペクト5とスカゲンの2台体制

準備段階ではテントを張っていたけど、本番直前に強風で飛ばされるリスクが高いと判断して、テントは撤去した。お客様がくる時間帯になったら、ほぼ問題ない天候になった。今回のイベントでは、テントを立てたり、仕舞ったりと忙しくて大変だったけど、その時の現場の状況に応じて事故防止を最優先にして動いた。今回は風速6-8メートルだったので事故防止のために、このような動きにしたが、実際の風速とイベント現場での体感で、今後の判断基準の勉強になった。早めの時間帯に来ていただいたお客様にはテントの撤収作業のお手伝いもいただいて、感謝している。

テントを撤去した後は飛ばされるものがなくなったので、安心してイベントを進行できた。

DSC_5725_00001.jpg
ハスクバーナ・ゼノア社の数多いデモ機(展示だけでなく、実際に試し切りも可能な体制)

DSC_5778_00001_01.jpg
エコレットカンパニーのポルトガル製のピザ窯も大活躍

DSC_5750_00001.jpg
ピザ窯で焼いた、美味しさを来場者、みんなで堪能した

生地の違い、具の違いも味わってもらうことができただろう。

DSC_5737_00001.jpg
実践的な目立て講習をして、使いこなしのコツをメーカーからエンドユーザーへ直接伝授してもらった

これまでショールームや、薪作りの作業場での単独イベントは行ってきたが、今回は店と違う出先の現場で複数の取引先と共同の初の大規模イベントだったので、どうなることやらと思ったけど、無事に終えることができてホッとした。これから薪ストーブを設置したり薪作りをしようとする新規ユーザー候補の人と、既に薪ストーブを導入したお客さまの両方が来てくれたので、それぞれの交流で本音のやりとりをしてもらえたと思う。

ご来場いただいたお客様、そして協賛して出展いただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

詳細については明日以降の記事でレポートする。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_5719.jpg
入口に幟(のぼり)を立てた

グレーチングに固定して強風で倒れたり飛んだりしないように対策した

DSC_5720.jpg
かなりの強風

DSC_5721.jpg
昨日準備した薪ストーブが入るテント

これからお客様を迎える準備を進める。今はこんな感じだけど、これから取引先と合流して、10時にお客様を迎えられるように準備する。

悪天候だけど、お客様に楽しんでもらえると良いと思っている。イベントの内容については、明日以降のブログの記事でレポートしたい。

DSC_5722.jpg
ハンターストーブ準備中

DSC_5723.jpg
ハスクバーナーゼノア準備中

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

明日、4月15日(日)は、千葉県八街市の特設会場で、かわはら薪ストーブ本舗のイベントを行う。

※そのため、店舗の方にご来店いただいても、不在にしているので、注意して欲しい。

weaterh2.jpg
明日の千葉県八街市の天気予報(午前中は南風が強く春の嵐のような感じだろう)

天候は今一つだけど、強い雨ではなさそうなので、決行できると判断して、開催予定だ。

resize3172_2018040214580964f.jpg

ハンターストーブの営業の福島さんのブログでも、4月1日にイベントの告知をしていただいている。
http://stoves-salesman.blogspot.jp/2018/04/blog-post_1.html



午前中の早めの時間帯に来ていただければ、分解構造&煙を極力出さない焚きつけのコツのレクチャーも開催
http://stoves-salesman.blogspot.jp/2018/04/blog-post86.html?m=1



ここからも推測がつくと思うが、チェーンソーや周辺グッズの体験、展示、即売会だけでなく、薪ストーブ、ペレットストーブ、ピザ窯などを持ち込んで、実際に火を入れて、実演、試食会も行う。

今回のイベントに来れば、ワンストップで薪作りから、薪ストーブ本体、薪ストーブの上手な使いこなし方、薪ストーブ料理まで、全て網羅して体感できる。メーカーの専門家が来ているので、詳細な疑問点まで質問することができる。実際に炎が入っているところを見たり、メーカーの営業担当に直接話を聞ける。なかなか、ネットだけでは得られない本当の生の貴重な情報を知るチャンスでもある。

これから薪ストーブを導入しようと考えている人はもちろんだけど、既に、薪ストーブを導入した人にとっても、家族サービスにもなるような楽しめる内容なので、ぜひとも都合をつけて来て欲しい。(ご夫婦で子連れで来て、帰りに奥様が運転ということであれば、持ち込みのビールと、ピザ窯で焼いた試食ピザを楽しめる)

当日は雨天で風も強めの予報なので、テントを用意して杭とロープで固定して万全の体制で、安全第一で臨む。悪天候の中、わざわざ来ていただいたお客様に、なるべく負荷をかけずに、最大限、満足していただけるように準備している。良い天候の時よりも、参加人数は少なくなるだろうけど、その分だけ深く濃い内容にしたいと思っている。

なお、イベント会場の案内は、本日21時のメールの到着分までで締め切らせていただく。(その後にメールいただいても、返信できないし、当日はイベントに来場しているお客様への対応に精一杯なので電話で問い合わせいただいても、すぐには出られないことが予想される)

「明日、時間が取れそうだから行ってみようかな?」という人は
frankrin_1st@ybb.ne.jp
までメールして欲しい。
(ブログ右カラムのメール送信フォームからでも可能)

※本日21時のメール到着分まで案内返信します


イベント告知はこちら
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-2110.html



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

4月15日(日)のかわはら薪ストーブ本舗のイベントでは、各種チェーンソーのデモ、アクセサリーやグッズの展示、即売会を行う。今回はハスクバーナ・ゼノア社が出展してくれるので、専門店でもなかなか見られないような幅広いアイテムが一同に揃う。

DSC_5047.jpg
ハスクバーナの各種モデルが勢ぞろいする

普段見られないような長さ1.5メートルのガイドバーを装着した業務用の大型チェーンソーもデモンストレーションのため持ち込まれる予定だ。(手配中のため、万一1.5メートルの方が別会場に行ってしまった場合でも1メートルのものは来ることは確認済み)

DSC_5048_00001.jpg
滅多に見られない長いガイドバーを装着した大排気量モデルもデモンストレーション予定

当日は、チェーンソーのプロも来て相談に乗るので、疑問がある人はこの機会にぜひぶつけてみよう。

プロ用XP機だけでなく、ホビーソー、バッテリーチェーンソー、まで各種販売する。実際に実機を手に取って試してから買うことができるので、欲しいと思っている人は、この機会に現金あるいはクレジットカード持参で来てゲットして欲しい。今回はメーカーの協賛開催なので、当日の会場発表の☆イベント大特価☆の予定だ。(普段の店頭販売ではありえない割引率)

もちろん売りっぱなしではなく、ご購入いただいた製品に関しての修理やメンテナンスも、かわはら薪ストーブ本舗で責任を持って対応する。

薪作りのグッズを知りたい人であれば、初心者から上級者まで幅広い層が満足できる万全の内容でお迎えする。この機会にぜひ来て欲しい。

イベントの告知記事
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-2110.html



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

既に参加希望者にはメールで現場の場所の案内は送っているけど、イベント当日に備えて、そこに書いていなかったことを、いくつか補足しておく。

※万一「参加表明を送ったにも関わらず、会場の場所案内の返信が来てない」という場合には、迷惑メールフィルターにはじかれている可能性もあるので、確認して欲しい。それでも判らない場合には、このブログの記事に秘密コメントで電話番号を入れておいていただければ、ショートメールで会場付近のカーナビセット用の住所(番地)を、お知らせする。



【天候について】

weather.jpg

週間予報によると、当日は「曇り時々雨」で天候はイマイチのようだけど、一日雨が降り続ける予報ではないし、会場にはテントもあって雨宿りもできるので、多少の雨でも開催する。

時間の制約があって雨が上がるのを待てずに雨降りのタイミングでもチェーンソー試したいという場合には、雨カッパやタオル類、着替えなどを念のために持ってくれば完璧だろう。

【駐車場について】

入口付近に写真のような幟(のぼり)を立てて目印にしておくので、そのまま砂利道を上って入ってきて欲しい。会場付近はブラインドコーナーで坂道で、車の通りもそれなりにあるので、付近に停車すると他の車や歩行者の通行の邪魔になり危険なので、迷わずそのまま会場内に車を乗り入れて欲しい。

DSC_5524_00001.jpg
イベント会場入り口付近の景色

DSC_5525_00001.jpg
目印の幟(のぼり)

DSC_5522_00001.jpg
会場内の左側(軽バンが停まっている奥)が駐車スペース

砂利道の坂を上りきると、左右に分かれているので、左側が駐車場だ。右側がイベント会場だ。そのまま左方向の奥まで一度進んで、一番奥の幅広いスペースで転回して、手前の通路のところに、出口に車の頭を向ける方向で、縦列駐車すると、帰りはスムーズに出られる。

万一、会場内の駐車場が満車で停められなくなった場合は、別の駐車場を案内する。(会場から徒歩圏内に別の二か所を確保済み)

【トイレについて】

男性だったら、会場に隅っこの方でちょこっとしてしまうのもありだけど、家族連れで女性や子供の場合は、そうもいかない。会場から徒歩数分の場所に、仮設ではない本格的なトイレがあって、利用の許可をもらっているので、心配不要だ。お手洗いの心配をしないで、安心して来て欲しい。

また徒歩10分くらいの場所にコンビニ、餃子屋、パン屋などもあるので、店舗を利用しつつ、ついでにトイレというのも可能だ。

DSC_5548_00001.jpg
会場から徒歩数分の場所にトイレがある

DSC_5550_00001.jpg
カービング作品も見られるトイレがイベント会場のすぐ近くにある

イベント告知はこちら
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-2110.html



このように、家族連れでも安心して楽しむことができる環境なので、「今度の日曜日に時間が取れそうだ」という人は、ぜひとも気軽に遊びに来て欲しい。きっと楽しく有意義な一日になると思う。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_5332_00001.jpg
薪ストーブが入荷する際は木製パレットと一緒に納品される

パレットを、そのままの形状で棚として使ったりすることもあるけど、使いきれない余った物は分解してしまい、工作材料として使ったり、使いきれない分は最終的には、薪ストーブで燃やしてしまう。

一般家庭では、あまりパレットはなじみがないかもしれないけど、薪ストーブ店をしていると必然的についてくる。

DSC_5516_00001.jpg
バールとハンマーで、パレットはバラして保管しておく

DSC_5515_00001.jpg
軽く薪ストーブを焚きたい時には、良い燃料になる

こういう場合には釘やネジも一緒に燃やしてしまう。いちいち炉内に入れる前に釘やネジを抜いてから焚いても意味がない。焚いた後に、灰の中から釘やネジは回収できる。炉内にくべる時に釘やネジで怪我をしないように気をつければ良いと思う。

定期的にこのようにある程度溜まったら処分してしまうけど、タイミング次第ではパレットが山積みになっていることもあるので「欲しい」という人がいたら、事前連絡のうえで取りに来くれば無料で差し上げる。バラして焚きつけにするという以外にも、工作の材料にしたりと使い道がある。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

先日予告した、イベント終了後の打ち上げ用に手配したビールがクール便で到着した。受け取って、味見してみた。

ホップの香りが効いた、普通のビールとは明らかに違う味わいだった。

このビールについての詳細はこちら
https://www.jbja.jp/archives/20159



DSC_5699_00001.jpg
薪ストーブの炎の前で味わってみた

DSC_5704_00001.jpg
ホップの香りが効いているIPA(インディアン ペール エール)

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

イベント終了後の打ち上げ用に手配した新作のビールがまだ届かないので、とりあえず近所のスーパーで買ってきたビールで予行練習した。

最近では、ビールも色んな選択肢が増えてきて面白い。大手ビールメーカーの苦いビールが苦手な人は、ヤッホーブルーイングのこのセットをぜひ試してみて欲しい。今までのビールに対するイメージが変わると思う。




DSC_5502_00001.jpg
新緑の季節のデッキでの飲食は気持ち良い

DSC_5501_00001.jpg
どうせ飲むなら、普通に流通している大手国産ビールメーカーのとは違うもので

DSC_5504_00001.jpg
IPAのホップの香りを堪能♪

4月15日(日)のイベント告知はこちら
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-2110.html



【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

少し肌寒い春先に焚く薪ストーブは、真冬とは違って、ずっと火を入れ続けることはなく、さっと焚いて暖かくなってきいたら薪の追加投入は終了だ。そのまま鎮火させるけど、その前に必ず、炉内が熾火の状態になる。そのタイミングをとらえて、サクっとオツマミを作ると、幸せなひと時が過ごせる。手間をかけずに簡単にやろう。

DSC_5506_00001.jpg
熾火のタイミングで、五徳とピアットで簡単オツマミ作り

DSC_5505_00001.jpg
ピアットの上に、ベーコンとチーズを乗せて炉内に投入





DSC_5507_00001.jpg
こんな感じで焼ける

DSC_5508_00001.jpg
絶品オツマミが簡単にできる

わざわざ外に飲みに行かなくても、お家で美味しい料理とお酒で、幸せなひと時を過ごせるのが、薪ストーブのメリットの一つだ。ガンガン焚き続ける真冬の時期には、なかなかできない、炉内での熾火調理を楽しもう♪

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

小型ストーブのHeta45Hは炉内が小さいので炉内料理はなかなか厳しいけど、それでもギリギリ五徳とピアットが入るので、その気になれば可能だ。手元にピザの材料がなかったので、チーズトーストを作って実証実験。





数時間、しっかり焚いて熾火が十分にできて熱を炉内に溜め込んだ状況で行う。この時期だと、肌寒い休日の朝に焚くと、昼くらいにはもう追加薪を入れないで、鎮火方向に向かわせるだろう。そんな時の昼食(またはブランチ)のタイミングくらいがちょうど良いと思う。

トーストの場合は、ピザとは違って燻製みたいな煙の匂いがつかない方が良いので敢えて熾火のみの状態で、薪から炎が立ち上がっている状態ではない時に焼いた。(ピザの場合は少し炎が立ち上がっているくらいの状態の方が良い)

炉内の熾火を片側に寄せて、その反対側に五徳をセット。食材がピアットにくっつくと底が焦げるので、適当な足つきの金網で浮かしてやるのがポイント。

DSC_5318_00001.jpg
Heta45Hの炉内にギリギリ入る五徳とピアット

DSC_5324_00001_01.jpg
鉄板に直接パンがくっついていると焦げるので浮かしてやる

DSC_5320_00001.jpg
パンの表面がキツネ色になってチーズが溶けたら完成

DSC_5326_00001.jpg
絶妙な焼き加減

DSC_5325_00001.jpg
気になる裏面の状態

美味しく焼けて、Heta45Hでも炉内調理ができることが確認できた。中型や大型のストーブよりも余裕がないので少し難しいけれども、その気になれば道具を揃えてピザ程度なら楽しむことができる。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

パっと見たら消えているみたいな時に、灰の中から熾火をかき出すと赤いのが出てくる程度の状況だと、チーズを溶かすのにちょうど良い感じだ。

DSC_5280_00001.jpg
チーズが溶けて焦げないくらいが美味しい

消えそうな弱めの熾火くらいがちょうど良い。あまり火力が強いとすぐに焦げてしまう。

DSC_5282_00001.jpg
日本酒のオツマミに溶かしたチーズ

DSC_5284_00001.jpg
千葉の地酒と一緒になる溶かしたチーズを楽しんだ

薪ストーブで作ると美味しくできるので、ついつい食べ過ぎてしまう。太らないように要注意だ。薪ストーブは究極の癒しのマシーンであるのだけど、気をつけないと、「デブ製造機」になってしまう。しかしながら、食べたら、その分だけ、運動するという対策をすれば問題ない。薪割りすればジムに行かなくても、バッチリだ。たくさん食べて、たくさん運動すれば健康になれる。

「最近運動不足だな」「薪割りしてみたい」「ストレス解消に身体を動かしてみたい」という人は4月15日(日)の「かわはら薪ストーブ本舗」のイベントにGO! 斧も各種用意しているので、普段使えないサイズ、重量の斧で試し割りができる。

既存の薪ストーブユーザーも、これから薪ストーブを導入してみたいという人も楽しめる盛り沢山の内容だ。

詳細はこちら↓
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-2110.html



DSC_5310_00001.jpg
ワインクラスに注いで「米ワイン」として飲むと、チーズと日本酒の相性も意外と良い

同じお酒でもグラスによって味わいが変わってくるので不思議だ。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

それほど寒くないけど、おめでたい時には、お酒を楽しむために、薪ストーブに火を入れる。こんな時には少しの薪でも、気持ち良く燃えてくれるHeta45Hが活躍する。

DSC_5271_00001.jpg
地元、酒々井(しすい)のお酒

DSC_5274_00001.jpg
出かけた時(※)は、それぞれの土地の地酒を楽しむので、地元にいる時は地元のお酒を飲む

※ちなみに現在(4月6日から9日まで)は関西出張中なので、関東地方は10日以降の対応となります

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

先日、ちょっと肌寒い日に火を入れた薪ストーブの天板で、簡易的な蒸し鍋で、近所のスーパーで買ってきたチルドの肉まんを温めた。そうすると、中華街で買って、その場で食べるのと同じくらい美味しくなる。

ここのところ、暖かくなってきて、薪ストーブを焚く機会も少なくなってきたけれども、電子レンジで作るのとは雲泥の差なので、チャンスがあれば、ぜひ一度試して欲しい。

resize3143.jpg

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

既にブログで告知している4月15日(日)のかわはら薪ストーブ本舗のイベントだけど、今回は地元の新聞への折り込み広告にも掲載してもらった。

ブログを読んでくれている、直接の知り合い、既存のお客様、これからお客様になってくれそうな人は、それなりに来てくれる見込みなので「誰も来なかったらどうしよう」という心配はないのだけど、ブログを読んでいない層に対するアプローチもかけて、さらに盛り上げていきたいと思った。

DSC_5476_00001.jpg
街波通信の最新号

DSC_5475_00001.jpg
表紙は読みものになっていて、単なる集合広告だけではない秀逸の編集

DSC_5478_00001.jpg
見開きの中が集合広告

DSC_5477_00001.jpg
上手に記事をまとめて、いい場所に掲載してもらった

私の単独開催だったら、こじんまりと、身内のお客様だけでも良いのだけど、今回は多くの取引先、メーカーの協賛(チェーンソーメーカー、薪ストーブ輸入代理店の出展)でやるので、普段ブログを読まない地元の一般の人にも来てもらって、従来のイベント以上に、盛り上げていきたいと思っている。

特にチェーンソー関連のアクセサリー、グッズの実物が幅広く揃っていて、触ったり試着したりできる機会はあまりないので、期待して欲しい。専門店の品ぞろえよりも豊富に現地に揃う予定。防護服やブーツなど、全種類を通して、全サイズ一通りそろうので、実際に試着して、自分の身体にベストフィットの商品を選択することができる。ネットやカタログでは絶対に無理だし、お店に行ってもこれだけ揃っていることはまずないだろう。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

遠方から来る場合には、日帰りではキツイこともあるかもしれない。翌日の16日(月)に休みを取って、翌朝ゆっくり帰るのも一つの方法なので、距離の制約がある人はその方法も検討してみてはどうだろうか?

イベント終了(撤収)後に、千葉県八街市の特設会場から、千葉県山武市のかわはら薪ストーブ本舗に移動して、打ち上げを予定している。豪快に焚き火してBBQを行おうと思っている。そして、それをツマミに、取っておきの今しか飲めない限定バージョンの、好み季節にぴったりの、美味しいお酒を用意(手配)していて、それを楽しみたいと思っている。
Far Yeast WESTBOUND Session IPA
蓬莱 蔵祭り限定バージョン

打ち上げの後には、ウッドデッキの上のロフトに、キャンプマットと寝袋があるので、(無料で)宿泊も可能だ。自分のキャンプセット(テントや寝袋)を持ってくればその中で寝るのもOK。

DSC_5471_00001.jpg
デッキの上のロフトスペースで宿泊可能

DSC_5472_00001.jpg
五右衛門風呂で温まってから梯子を上ってロフトスペースに移動

4月15日(日)メインイベントの告知はこちら
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-2110.html



イベントの後もゆっくり楽しもう♪

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

DSC_5465.jpg
新築中の現場で、良い位置にチムニーがあった

DSC_5467.jpg
ベニヤの上に、タイベックシートで仮の雨養生をしている状態

DSC_5469.jpg
天端は胴縁回して、防水シートと板金で雨仕舞い

薪ストーブ設置、煙突工事の話ではなく、実は、これはダミーの煙突で、チムニーの表面に仕上げでタイルを貼って欲しいという話だった。将来、煙突を本当に通すことがあるのかによって、施工方法が変わってくるので、どうしたものかと思う。それを考えずにひたすらローコストにいくか、角トップ被せる前提でサイズや形状を工夫するか、ついつい考えてしまう。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村