FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize2290.jpg
ツッコミ所満載の現場

室内側の煙突がシングル管で、煙突からの熱、薪ストーブの熱で壁が触れないくらい熱くなってしまうそうだ。とりあえずはケイカル板をヒートシールド代わりにして火災防止でしのぐように伝えておいた。

また底面も熱が強力に伝わるタイプのストーブのようで、床も不安があるそうだ。

炉台、炉壁工事の依頼で現場に行ったが、薪ストーブ本体もかなりヘタっていて、炉台や炉壁を作るよりも、本体と煙突を入れ替えた方が良さそうな感じだったので、その方向で提案してきた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
他店で施工した現場の煙突掃除やメンテナンスの依頼も多い。メンテナンス性を無視したびっくり施工の比率が高いけど、数少ないメンテナンス性の良い現場だ。私が施工する場合もこうするだろうなという感じで、設計者のこだわりを感じる。

resize2286.jpg
背面水平出しで壁抜きでの珍しい設置パターン

resize2287.jpg
ガスケットもそろそろヘタってきていたので、次回のメンテ時に交換の案内をしてきた

resize2288.jpg
前回のメンテ時に焚き方を指導したら、その通りにやってくれたようで煤の量が激減していた

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
新築現場で現場監督さんや大工さんと打ち合わせしてきた。

設計士とは既に打ち合わせして、一通り伝えてはあるけど、現場の人に正確に伝わっていないケースもあるので、直接顔を合わせて、現場を見ながら確認する。このことで、薪ストーブの設置工事当日に「下地がない」「寸法が違う」などの問題が起きにくくなるし、工事の段取りをつけやすくなる。

resize2283_20170926180049b1d.jpg
屋根の上で、出来立てホヤホヤのチムニーの造作を確認

resize2284.jpg
仮蓋を外して内部の骨組みを確認

resize2281_2017092618004541a.jpg
下地の位置や方向を誤解のないように伝わりやすいようにイメージをつかんでもらうようにマーキング

resize2282_20170926180049bf5.jpg
吹き抜けの環境なので、内部足場のあるうちに煙突工事させてもらうように現場監督にお願いしてきた

resize2285.jpg
FLからチムニー天端までの寸法も実寸計測してきた(図面上の数字と150ミリ違ったので、設置工事当日に煙突の長さの違いでハマらなくて済んだ)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
火入れ説明の後、熾火がけっこう残っていたので、焼き芋を作ろうとした。本当はこのくらいの状況の炉内に入れる場合には1時間くらいでちょうど良い出来具合なのだけど、寝てしまって、そのまま朝になってしまった。

resize1827_20170924081509bd7.jpg
夜に熾火の炉内に焼き芋セット(濡れ新聞紙で包んでから、アルミホイルで包む)を投入

resize1825_2017092408151380f.jpg
そのまま寝てしまって、取り出さずに朝になってしまった・・・

resize1826_201709240815152fd.jpg
水分が飛び過ぎて明らかに軽い炭の予感

resize1824_20170924081512cab.jpg
かろうじで干し芋のような状態で食べられるものも一部あった

resize1823.jpg
子供達も食べてくれた

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
今回の北陸&関西ツアーの〆は、ユニークなjリフォーム案件だった。

煙突を容易には抜けない古民家だったので、増築して薪ストーブ部屋とデッキを作成して、そこに薪ストーブを設置するというものだ。数年前の構想に時点から相談を受けていて、現場を訪問していた。母屋に設置も含めて検討していたのだけど、煙突掃除などのメンテナンスのことも考えて、今回のプランとなった。

増築部分が平家のために、屋根上に塔屋を作成して、さらにチムニーを建てて、煙突長とメンテナンス性、作業の安全性を確保した。

resize1821.jpg
増築した薪ストーブ部屋とデッキスペース

resize1820_20170924075951213.jpg
母屋との接続部分は扉を設けず大開口にして暖気が伝わりやすいようにした

resize1822.jpg
広い炉台スペースと、かわはら式耐震煙突固定法を採用して、天板が広く使えるドブレ700SLの煙突背面出しコーナー設置

resize1816_201709240759493a8.jpg
屋外のデッキスペースでBBQの後に、早速火入れした

resize1818_20170924075950bb0.jpg
火入れ説明の際の、施主さんとの記念写真

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ユーザーが自分で煙突掃除できたのを確認した後は、楽しい宴会だ。

resize1806_20170921221258a9a.jpg
京都の地ビール

resize1805_20170921221303a54.jpg
バリバリに使いこなされているビンテージの前で

resize1808_20170921221303151.jpg
手料理が美味しかった♪

resize1807_201709212213037ad.jpg
イタリアの赤ワインと相性の良い料理

resize1809_20170921221304da8.jpg
伏見の英勲の秋特別バージョン

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
新築の設計時点からコンサルさせてもらったお家。ユーザーが自分でメンテナンスできるようにアドバイスした成果が出た。

resize1800.jpg
急こう配の屋根なので、ステンレスの鎖を伝って屋根を登っていけるようにした

resize1801.jpg
チムニーの側面の手すりに命綱を固定して安心

resize1804_20170921220227cc7.jpg
二連梯子は二階ベランダにロープで固定

resize1803_201709212202268bb.jpg
ユーザーが自分で煙突掃除できることで、メンテナンスコストを削減

resize1802_201709212202257a4.jpg
安全対策をしたからこその成果(身体や道具を預けられるチムニーの効果は絶大)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
念願の公式サイト、満を持して、公開しました。

これまで、ブログの記事だけで情報発信してきたので過去記事が更新の度に、流れて埋もれてしまっていたので、そこからピックアップして整理した、オリジナルコンテンツを盛り込みました。かわはら薪ストーブ本舗の理念や特徴、方針、工事の進め方や、薪ストーブの使いこなしなど、これから薪ストーブを導入したいと考えて居るユーザーに理解してもらうことを目指しました。

QR_Code1506343905.png

https://kawahara-stove.com/

チェックしてご意見、ご感想をいただけると幸いです。

過去に旧ホームページへのリンクを貼り付けていただいている方は、お手数をおかけしますが、リンクの再設定または、新規リンク設定をしていただけると、ありがたいです。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー
10年ほど前に他社で施工した埼玉県内での案件。ハウスメーカーに薪ストーブや煙突工事も家とセットで頼んだということだった。

「煙突が外れた」という相談を受けたので、富山へ行く道中に寄って確認してきた。

resize1776_20170920205333d8f.jpg
エルボの部分でロッキングバンドが外れて煙突が抜けていた

resize1774_20170920205330bb9.jpg
ロッキングバンドが破損して保持力がなくなっている状況だった

resize1775_20170920205331c09.jpg
ビスで固定して応急処置してきた

折れ曲がり部分は力が加わるので一番最初に破断したようだけど、他の部分も時間の問題のような気がする。予防措置で目に見える部分の室内側の接合部分はネジで固定してきたけど、小屋裏部分、屋外部分も考えると、根本的には煙突の総取り換えをしないと安心できないと伝えてきた。(屋外部分をビスで止めると、今度は雨漏れのリスクが生じる)

今回は薪ストーブの稼働前に目に見える部分で起きて、気づいたから良かったけど、燃焼中だったり、目に見えない部分でこういうことが起きると火災に直結する。

「二重断熱煙突ならみな同じ」というわけでないことが、こういう実例からもよく解る。値段もそれほど変わらないのだから、これから二重断熱煙突を使うならば、国産の高木工業所という信頼性のあるものを選択したい。薪ストーブの機種だけでなく、煙突のブランドも指定して指名買いしよう。

偶然だけど、ちょうど1年前の今日には、国産煙突についての記事を書いていた。
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1544.html

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
今シーズン販売用の薪が入荷した

resize2270.jpg
トラックの後ろのフォークリフトでサクっと降ろせるパレットを移動

resize2272.jpg
残りは爪が届かないのでユニック(クレーン)で降ろす

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
福島でキャンプの翌朝、山形へ向かった。煙突掃除とダンパー取り付けの依頼を受けていたので、このタイミングに合わせて東北ツアーを行った。
resize2268_20170918235605222.jpg
まずは煙突掃除。屋根が高くて、二連梯子が届かなかったので上るのに苦労した

resize2267_201709182356032ec.jpg
次にダンパー取り付けだけど、吹き抜けの上から全部バラさなないと煙突が外れないビックリ施工だったのでこの部分しかない

resize2266_20170918235601138.jpg
全閉状態

resize2265_20170918235600256.jpg
全開状態

resize2264.jpg
お土産に貴重な山形のお酒をいただいた

思ったより暖まらないということだったので、煤の量から焚く温度が低いことを指摘した。また、薪が太すぎるので、それも温度が上がらない主要因だろう。これからは腕くらい(500mlのペットボトルくらい)のサイズで作成するように伝えてきた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize2259_2017091823140568a.jpg
宴会の時は小雨だったのでタープの中でBBQと美味しいお酒を楽しめた

resize2263.jpg
ツマミも美味しかった

resize2258_201709182314031dc.jpg
Tipi(ティピ)の焚き火と花火を同時に楽しめてラッキー

resize2262.jpg
夕方、テントを設営

resize2260_20170918231414e92.jpg
明け方に通過した台風の影響の嵐で私のテントだけ倒壊した翌朝

「この中で良く寝てたなぁ」と翌朝テントから出て思った。台風の中のキャンプという貴重な経験ができた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
来月設置工事を予定している分なので、入荷させるのは直前でも良いのだけどバタつきたくないので、早めに発注した。

余裕を持って発注して確認すると破損なし、工事直前の前日入荷でスケジュール的にタイトな時だと、開梱してびっくりの破損とか、運送便の問題で入荷が遅れて間に合わないみたいなトラブルが発生しやすいのだ。

resize2236_20170915083211c84.jpg
輸送時の衝撃などで発生した傷や破損がないか、開梱して事前にチェックした

resize2237.jpg
問題ないことを確認してから、再び箱に入れてブルーシートで養生しておく

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
10年くらい使用して色々不具合が出てきたから点検して欲しいということで見に行ってきた。

とりあえずガスケットロープを交換して様子見。純正品の太さ、長さのものを取り寄せることにする。

resize2234_20170913120321909.jpg
パっと見た感じはアンコール

resize2235_20170913120320869.jpg
でも炉内を見るとCBのパイプがある

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
従来の薪置き場に隣接した土地を取得できたので、拡張した。コンクリート打設したので9月下旬には使えるようになる。

resize2232_20170912092527793.jpg

resize2231_20170912092525222.jpg

resize2230_20170912092524ef1.jpg

resize2229_20170912092520b3c.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
昨シーズンの終わりに煙突掃除に呼ばれた際に、点検したら炉内が崩壊状態だった。バッフルプレート損傷、炉内耐熱煉瓦崩壊と、どうしようもない状態だったので、部品を取り寄せて交換してきた。

resize2225_20170911135838426.jpg
炉の奥の耐火レンガはパズル状態

resize2226_20170911135840ffe.jpg
炉の横の耐火レンガも割れていた

resize2227_201709111358431d1.jpg
代替えの煉瓦は二分割の形状に変更されていた

resize2224_20170911135836fd0.jpg
炉の奥の耐火レンガは廃盤で取り寄せできなかったので、キャスタブル(耐火セメント)で作成した

resize2228_201709111358421a7.jpg
メンテナンスを終えて、いつでも焚ける状態になったモルソー1440

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ヨツールF500の空気調整レバーが閉じる方向に動かなくなる不具合。とりあえず分解して、耐熱グリスを塗布してみた。これにより動きがスムーズになった。

以前5-56の潤滑防錆油を塗ってスムーズになったけど、1シーズン使うと焼けて油が飛んでしまい効果が長続きしないので、今回は、耐熱グリスにしてみた。

resize2223_20170911134352f2b.jpg
空気調整の弁の可動部分に耐熱グリスを塗布した

これでダメならば、レバーと弁を一式交換するしかない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
「手で触れなくても勝手に煙突ダンパーが動いてしまう」ということで、燃焼中に予期せぬタイミングで閉じてしまうようになったそうだ。しっかり温度が上がる前に閉じると不完全燃焼して危険なので、確認してきた。

resize2219_201709111332165f6.jpg
古いダンパーを取り外すと、軸が腐食で折れて短くなっていた

resize2220_20170911133216a0d.jpg
新しいダンパーと交換した

resize2221_201709111332171b9.jpg
スムーズに動き、なおかつ適正な手応えでバネが効いて勝手に動かないかを確認

resize2222_201709111332188c3.jpg
全閉から全開状態まで問題なく使えることを確認した

単純なパーツだけど、破損したり、動作不良の状態で使っていると大きな事故の原因となるので、薪ストーブの本格的なシーズンに入る前に点検しておこう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
私が設計時から関わった物件は、煙突掃除のことまで配慮したメンテナンス性まで考慮に入れているのだけど、それ以外の物件で煙突掃除に呼ばれた場合には多くの場合、メンテナンス性を無視した施工で、それなりに苦労する。

しかし、今回は驚いた。素晴らしいメンテナンス性だった。広い二階のベランダから脚立で安全に屋根に上れる。梯子をかけた上がFRPの平場になっているので、いきなり勾配のある屋根に上らないで済むので、安全かつ安心だ。

resize2210_2017090914453184e.jpg
広いベランダに脚立をかける(万一転落しても致命傷にはならないだろう)

resize2212_2017090914453658d.jpg
脚立の上は平らなFRPの陸屋根

resize2211_20170909144533395.jpg
安全かつ楽に煙突掃除できる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize2208_20170909143712949.jpg
シングル部分の継ぎ目の隙間から煤がこぼれ落ちるのを防止するためにマスキングテープでふさぐ

resize2207.jpg
バッフル板を取り外せるタイプなので、炉内に煤を落とし、ビニール袋で回収する

resize2209_201709091437126c0.jpg
量はカップ一杯分と、それほど多くなかったけど、煙突内にコーティングされたタールが剥がれ落ちたような光沢系、フレーク状系の煤だったので燃焼温度が低いと判断できる

より上手な使い方を案内してきた。きっと今シーズンは、量、質ともに改善されるだろう。私の場合は煤の状態からたとえ量が少なくても「上手に焚けてますね~」みたいなお世辞は言わないで、正直に伝えている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
昨日、車に積み込んだ薪を神奈川県藤沢市へ配達してきた。

resize2206.jpg
車を横づけして降ろせた

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
まだまだ残暑は続くだろうけど、朝晩などはだんだん涼しくなってきて、薪ストーブに火を入れたくなる時も出てきた。薪ストーブシーズンが近づくにつれて、ボチボチ薪の配達の依頼も入ってくるようになった。

今の時期なら注文を受けたら、割とすぐに行けるのだけど、寒くなってきてからだと、土日祭日の指定だと1-2か月待ちとなってしまうこともある。薪棚が空いている人は、早めに注文して欲しい。

resize2201_20170908122908270.jpg
メッシュパレットボックスに詰めた乾燥薪を車に横付け

resize2202_20170908122910421.jpg
薪を荷台に積み込んだ

メッシュパレットボックスとリフトがあると平ボディのトラックにドンと載せて配達に行けたら積み込む時間が短縮できて楽かと思ってしまうのだけど、ユニック(クレーン)付きのトラックとセットでないと、現場で降ろす時にハマって逆に大変そうだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ドブレ700SLのガスケットの長さの実測だ。部分的な補修で、必要な長さを購入する時の参考にして欲しい。

resize2200_20170907105526be6.jpg
曲線部分はマスキングテープを貼って、剥がして、伸ばしての実測

ヨーロッパ製の薪ストーブの場合には設計寸法がミリなので、インチのガスケットを使う場合には近似値なってしまい、厳密に言うとメーカーが想定している本来の太さにはならない。ヘタって痩せてしまったり、ボロボロになったガスケットから交換する場合には、自己責任でのインチサイズのガスケットへの交換でも効果は実感できるだろうけど、完璧を求める人は純正品への交換をお勧めする。

かわはら薪ストーブ本舗では、ドブレ純正品を、その都度、お取り寄せしています。
(※在庫は持っていませんので、必ず事前に注文して下さい)


【Φ10mm】
メイン扉 2330mm

【φ8mm】
灰受け扉 700mm
サイド扉 940mm
天板 2020mm
---------------
合計 3660mm
 
【φ6mm】
ガラス 1420mm



ブログ村ランキング:オリジナルバナー
最近、他店で施工したお客様から「もっと早く、かわはら薪ストーブ本舗を知っていれば良かった・・・」と言われることが多い。

これまではブログの更新のみで、ホームページのコンテンツを充実させてこなかった。だからネットでパっと一覧できる形での情報を探している人へのアピールが不足していたことは否めない。ブログの場合は即時性があるけど、日ごとに更新していることとが裏目に出て過去の記事はどんどん埋もれてしまうので、情報として遡るのが困難なのだ。

その反省を元に、過去のブログの記事から、エッセンスをピックアップしてかわはら薪ストーブ本舗を理解してもらえるようなコンテンツとしてまとめる形で現在鋭意製作中だ。一般公開を今月末くらいを目途に、スマホやタブレットでの表示の最終のチューニングを行っている。ちょっとだけトップページの一部をチラ見せ。やっと、他のストーブ屋さんみたいな時代に即したマトモな形になる。

resize2195.jpg
resize2198_2017090611465261a.jpg
resize2197.jpg
resize2196.jpg
resize2199_20170906114654031.jpg

新しいホームページ(ウェブサイト)独自ドメインを取得して運営する。
https://kawahara-stove.com/ 【工事中】

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
外注で作成された薪を仕入れた。トラックで納品されたので、リフトで下した。

resize2194.jpg
トラックに積まれた薪をリフトで下ろした

resize2190.jpg
効率良く下せる

resize2192_20170905124039b1c.jpg
久々のリフトの稼働だったので、これだけの作業でバッテリー切れ

resize2193_2017090512403997b.jpg
充電可能な場所までギリギリ戻ってこられてセーフ

resize2191_201709051240367bf.jpg
次回の納品時は、事前にフル充電しておこうと思った

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
「次回からは自分でメンテナンスしたい」ということだったので、丁寧に教えながら作業してきた。

この現場の設置状況だと、室内側の煙突は外さなくても炉内に煤を落とす作戦もありなのだけど、2年ぶりのメンテということだったので、今回はどれだけ煤が付着しているかを見極めるためにも、バラして行った。(以前、別の現場で、炉内の半分以上溜まるくらいの量の煤が落ちてきて、扉を開くのを躊躇するくらいの時もあったので・・・)

resize2183_2017090217104627a.jpg
室内側の煙突を取り外さなくても煙突掃除できる環境だったけど、私にとっては初めてのお客様で使用状況が判らなかったので、確実に確認できる方法で作業した

resize2182_20170902171045e95.jpg
2シーズンで茶碗一杯分なので、合格点

1年に一回の煙突掃除か、2年に一度でいいのかの境界線は、このあたりだろう。これより多い場合には毎年やるべきだ。煙突掃除は間引きしても炉内のメンテは毎年やろう。灰や煤を清掃して、防錆油を炉内に塗っておくだけで、シーズンオフの期間の錆止めの効果で長持ちする。(そういう意味でもメンテナンスは今のシーズン直前ではなく、梅雨入り前のGW前後にやるのがお勧め)

resize2179_20170902171044ca1.jpg
作業完了

オーナーさんの話だと、外気導入をしてないので、隙間風が気になるということだった。これから薪ストーブを設置する人は工務店や薪ストーブ屋さんに、こちらから「床下もしくは壁面からの外気導入が必須」と伝えよう。

それから口元付近がシングル煙突になっていて、そこの部分に煤が集中していたのも確認してもらった。この部分も二重断熱煙突にすれば、さらなる排気効率のアップ、燃費の改善、煤の減少が見込まれる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
普通は使用頻度が高くて明らかに劣化している扉のガスケットだけ交換するケースが多いけど、今回はそれなりに使い込んでいたので、ガラスのガスケット、灰受け扉から天板まで、全部交換した。(扉を横から見ると、ガスケットと本体の隙間から炎が見える状態まで劣化していた)

今シーズンは明らかに気密性が良くなって燃費が向上して、コントロール性も良くなるだろう。

resize2181_20170902170115774.jpg
まずはメインの扉のガスケット

resize2180_20170902170113c8e.jpg
次にガラスのガスケット

その他に、灰受け扉、サイド扉、天板とフル交換したけど、同じような写真ばかりでつまらないし、古いセメントを剥がした汚れが手に付着して、カメラを持つのも「なんだかな」という状態になったので省略。

意外とガスケットのヘタリを馬鹿にして放置している人が多いけど、効果は絶大なので、シーズン到来前にチェックして、早めに対策しておこう。(シーズン途中だと部材の取り寄せに時間がかかったり、交換後にセメントが完全に固まるまで焚けなかったりで何か不自由)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー



resize2178_201709021635007c1.jpg
棟付近かつ角トップ&チムニーの理想的な煙突

勾配のきつい屋根なので、緩い勾配の屋根がついているから、煙突掃除のためのアクセスが容易にできる。もしこれがなければ、ロープを渡してのリスキーな作業か、高所作業車の手配、足場を組むなど大掛かりな作業となってしまうだろう。

薪ストーブのある家の設計の際には、メンテナンス性を十分に考慮しよう。

もしこの記事をオーナーさん、見ていたら私の携帯にショートメールで連絡下さい。いただいてメモ取っておいた電話番号が光ファイバー電話のもので、かけたら「通信機器の異常」というメッセージで電話できませんでした。

ちなみに今回確認した、破損パーツ代は税込み、送料込みで2万円ポッキリです。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー
最近ブログ村の「薪ストーブ暮らし」のランキングで「知り合いが多いな~」と思っていた。

改めて数えてみたら、ランキングの上位50のブログのうち、15が取引先だったり、お客様だったり、知り合いだったり、同業者だったりという形で、直接私と関わっている(面識のある会ったことのある)人たちだった。

ブログという形で情報発信をし続けるのは、なかなか大変なことだけど、自分なりのペースでそれをやっている人たちが、いることも刺激になるし、面白い。最近ではFacebookやTwitterなどのSNSで手軽に情報発信や交流ができるけれども、タイムラインで流れない形の蓄積性はブログならではだと思う。

これから、薪ストーブをやる人も、やっているけどブログまではやってないという人も、自分なりのペースでやってみてはどうだろうか?自分の中の記録という意味だけでなく、これから薪ストーブをやろうという人への貴重な情報になる。(特にこれまであまりネット上の情報が出てない機種ほど貴重だと思う)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
9月上棟して、この冬に完成予定(入居後すぐに薪ストーブを使用する)の新築住宅の煙突部材の拾い出し、見積もりを行った。

きちんとコミュニケーションが取れているので、不安なく進めていけて、助かる。

この家は吹き抜けで、なおかつ薪ストーブの背面が階段スペースで固定用の壁面がない。従来の「かわはら式耐震煙突固定法」を単純に適用できないので、斬新な方法を考えている。楽しみだ。いかなる設置状況でも、地震対策、安全対策に妥協はしないのだ。

resize2164_20170829112048c4f.jpg
設計図面を元に煙突部材の拾い出し

resize2165_20170829112049374.jpg

resize2162_201708291120443fe.jpg
チムニーの仕様や下地の位置も打ち合わせ済み

resize2163_201708291120471a8.jpg
初回打ち合わせ時には狭い炉台だったので広く修正するように話して対応済み

ブログ村ランキング:オリジナルバナー