春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
一階のリビングに設置した薪ストーブの熱をスムーズに二階に上げるために、煙突の貫通部分の化粧板をスリット式にしている。

resize2746.jpg
建築工事が完了して、危険防止のために貫通部分に仮蓋をしてある

resize2745.jpg
蓋を取り外すと貫通部分が出てくる

resize2744_20160229001102efc.jpg
薪ストーブ本体を搬入

resize2747.jpg
煙突を貫通させた後に、化粧板をはめこむ

resize2748.jpg
このスリットから暖気が二階に上がってくる

resize2750.jpg
二階のユーティリティスペースも快適な環境となる

室内物干しの設置で、冬季で洗濯物が乾き、洗面、トイレなど夜中も寒さに震えずに、過ごすことができる設計。

仮にベランダを作っても雪国なので使えない期間が多いので、室内のユーティリティスペースに煙突を通して、そこで洗濯物を干せるようにした合理的な設計になっている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー