春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
元旦の薪の配達先で、斬新な薪ストーブ料理をいただいた。オリーブオイルを鉄板に薄く塗って、炉内で焼くだけの餃子だ。普通の蒸し焼きにする作り方と違って、パリっと揚げ餃子風に仕上がった。

resize4848.jpg
オーロラ炎で餃子を焼く

resize4849.jpg
パリっと揚げ餃子風に仕上がった

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
元旦から薪の配達に行ってきた。

resize4844.jpg
保管スペースに積み上げたところ

resize4845.jpg
樫の極上薪

resize4846.jpg
保管スペースの壁の内側の室内

resize4847.jpg
内側に窓を開くと積んだ薪をそのまま取り込むことができて、すぐに薪ストーブに投入できる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
伐採業者さんから、車を横付けできて、自分の好きなタイミングでいつでも取りに行ける現場の情報をもらった。ここは伐採した樹木をその場に放置して、そのまま腐らせてしまうというそうだ。

回収する現場の場合にはダンプで持ってきてくれるが、今回はそういう事情なので、自分で取りに行く必要がある。声がかかったら行ける時にとりあえず行っておかないと次の話が来なくなるので、時間を作って行ってきた。

resize4838.jpg

車を横付けできて、そのまま積み込める美味しい状況だった。樹種は色々あって選び放題だったので、樫と桜を中心に積み込めるだけ積んできた。

resize4841.jpg


resize4840.jpg


resize4839.jpg
こんな感じで何とか持てるサイズに既に切断済み

resize4842.jpg
ガッツリ積んできた・・・さすがに乾燥済みの薪と違って重い!

真冬の水分が少ない時期に伐採した樹木なので、良い薪になるだろう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー