春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
何も知らないと、パッと見たイメージのまま既存の壁に不燃材を直接貼り付けてしまいがちだ。そうすると、薪ストーブの熱を受けて温度の高くなった炉壁の熱が既存の壁面にまともに伝わってしまう。薪ストーブの機種や離隔距離にもよるけれども炉壁は100℃程度になることもある。既存の壁のすぐ内側は間柱などの木部なので、低温炭化や火災のリスクが高くなる。

基本は炉壁の不燃材は、鉄骨やアルミアングルなどの金属材で25mm以上浮かして空気層を確保して、ケイカル板を貼り付けてもう一枚の壁を作って、そこに不燃材を貼る。(タイルや石、金属板などの炉壁の場合)

先日、薪ストーブ設置工事をした鎌倉の新築の家では工務店がOMソーラーも取り扱っているらしく床からの空気吹き出し用のスリットを炉壁の上に使っていて上手に納めていた。空間にアルミチャンネルを使っていることも確認できる。

タイルや薄い石よりも、蓄熱性が高く保温性が期待できるレンガも炉壁としてお勧めの素材だ。その場合には下地のケイカル板や骨組みは不要だけど、既存壁の内側の間柱と、レンガを何らかの形で固定して、地震の際の転倒防止の対策をしておこう。

このように空気層を確保することで、既存壁に熱が伝わらずに、安心して使うことができるようになる。

resize2868.jpg

resize2869.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月30日(昨日)のデータ
■クリック数  28(6.3%)
■アクセス数 443

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

以前、会場内の薪ストーブの使用にあたって「隣の家から煙の苦情が出てしまった」ということで都内のコンサートホールでから相談を受けて、コンサルを行った

写真では解り難いけど、伴奏のピアノの左奥の角に薪ストーブが設置されていて、冬場は薪ストーブが活躍しているのだ。コンサートの当日は、桜が開花した暖かい陽気だったので薪ストーブはついていなかったけど、火が入ってない状態でここを訪問したのは初めてかもしれない。

コンサルの結果、煙突を伸ばして、薪ストーブの機種を入れ替えて、焚き方の改善をして、最終的に問題が解決した。

それ以降、何度か、薪の配達に行っていた。

resize2886.jpg
コンサートの入場料代わりに持参した薪

ここで「モーツアルトのオペラコンサートをやる」ということで招待を受けた。入場料代わりに薪50キロを持参して、生の迫力あるオペラを鑑賞することができた。これまでテレビとか映画ではオペラを観たことがあるが、生の迫力は違った。

resize2882.jpg
モーツアルトのオペラの美味しいところを厳選して解説つきで楽しめる

resize2881.jpg
生の歌声、ピアノの伴奏は迫力があった(柱の左に煙突が見える)

resize2883.jpg
アットホームでリラックスした解説付きなので子供でも楽しめる

resize2885.jpg
会場は満席だった。小さな子供も夢中になって観ているのが驚き

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月29日(昨日)のデータ
■クリック数  30(7.2%)
■アクセス数 414

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

廃業する梨畑の伐採情報をいただいた。私は一回、回収に行って様子を見てきたが、既に現場では伐採がはじまっていて、枝や幹が車に積める長さに切ってある状態で、車の横付けも可能な比較的楽勝な現場。

4月3日(木)の午前中に、第二段の回収に行く予定なので、同行したい方がいれば案内します。

「その日は都合悪いけど、別な日だったら行ける」という方も含めて、詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月28日(昨日)のデータ
■クリック数  27(5.5%)
■アクセス数 490

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》



ガンガン薪を焚いている時には天板の上でもできるけど、火力が落ちてきた場合には炉内で作る方が良い。ハッピーコールに魚を入れて、炉内に投入。

resize2877.jpg

ハッピーコールグルメパン★キッチンタイマーおまけ付き★ハッピーコールグルメパン★キッチンタイマーおまけ付き★
()
不明

商品詳細を見る


resize2876.jpg
ホクホクで柔らかい焼き具合。

素材の持つ水分だけでの蒸し焼きを少量でも楽しめるハッピーコール。網での炭火焼も良いけど、蒸し焼きも違った味わいで直火で焼くよりも失敗も少なく気楽にできる。ガスなどの直火はもちろん、IHでも利用できるので、これから薪ストーブシーズンが終わっても1年を通して使える優れものだ。この、コリアンオーブンとも言える、ハッピーコールは軽くて持ちやすいのでダッチオーブンとは違って持つ時の重さの負担が少ないので、気軽に使えるのもポイントだ。お手入れも、フッ素コートなので楽勝なのだ。

resize2878.jpg
ビールと一緒にいただきます

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月27日(昨日)のデータ
■クリック数  36(6.4%)
■アクセス数 561

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

昨日は午前中は曇り、午後から雨が降ってくるという天気予報通りだった。午前中のうちにサクっと薪集めしてきて、雨が降る前に薪割りして、棚に入れるところまでできた。

夕方に少し肌寒くなってきたので、薪ストーブに火を入れた。東京からは桜の開花のニュースも伝わってきた。春になってきて薪ストーブを焚ける日もだんだん少なくなってきて寂しくなるので、名残惜しむように、味わいながらmakiwari式で焚付けした。この方法だと、少ない焚付け材で効率良く立ち上げることができる。

resize2870.jpg
コロ薪を組み合わせてロケットストーブのヒートライザーのように内部に炎を立ち上がらせるmakkwari式焚付

resize2872.jpg
いい感じで燃えている。天板でも料理中。失敗なく手軽に蒸し焼き料理が楽しめるハッピーコールを利用。

ハッピーコールグルメパン★キッチンタイマーおまけ付き★ハッピーコールグルメパン★キッチンタイマーおまけ付き★
()
不明

商品詳細を見る



resize2873.jpg
炉内では青白いオーロラ炎が踊っている

resize2874.jpg
薪集めに行った時に現場で収穫した、採りたての肉厚のしいたけ

resize2875.jpg
ビールと一緒に美味しくいただいた

薪集め&薪割り、薪ストーブの焚付け~巡航状態、薪ストーブ料理とフルコースで堪能した一日だった。良く「薪ストーブは三度暖めてくれる」と言うけれども、それを一日で全部味わった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月26日(昨日)のデータ
■クリック数  40(6.9%)
■アクセス数 580

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

現在、国内で入手できる精度が良く、高性能の国産の二重断熱煙突は、トコナメエプコス社とメトス社の二社のみ。

両方とも、埼玉県の高木工業というメーカーで製造されているけど、そうなるに至った経緯、両社の違いについて解説しています。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
シングル煙突部分や口元アダプターのシングル部分に穴を開けて自分でダンパーを装着することも比較的簡単だけど、そのような工作をしなくても、二重断熱煙突内に綺麗にダンパーが納まっている製品がある。これは250Lの二重断熱煙突を加工したもので、定価は31,240円だ。単なる直管の250Lの定価が14,740円だから、+16,500円でダンパーがついているということになる。

現在はこの製品はトコナメエプコス社から販売されているが、これはメトスの国産の煙突と、コネクター部分が全く同じ形状なので、互換性がある。どちらも埼玉の高木工業という会社で作られている製品なので、メトスの国産煙突を使っている人はこれをつけることも可能だ。

トコナメエプコス社の煙突が国産に切り替えたのは昨年のことで、それ以前は「英国製最高!」って言って英国製を販売していたので、もし現在使用中の煙突がトコナメエプコス製でもそれが、国産の高木製のものかどかを確認してからにしよう。

またメトス製も昨年までは全て高木の国産だったけど、昨年からはトコナメエプコスで高木の販売をはじめたために販売量が間に合わず、英国製も並行販売するようになったので、使われているものが国産か英国製かを確認する必要がある。

現在はこのように、二重断熱煙突も国産、英国製、そして中国製と様々な品質と価格のものが入り乱れているので、ただ「二重断熱煙突」というだけでなく、きちんと生産国まで確認してから入手するようにしたい。

既に国産二重断熱煙突で工事した人が、後からダンパー付きの煙突に入れ替えたいなどの用途で、国産の煙突部材が必要な場合は相談に乗るので、お気軽に問い合わせて欲しい。

ダンパー付きは250Lなので現在250Lを使っていれば、そのまま入れ替え交換できるし、250Lを使ってない場合には1000Lを外して、この250Lダンパー付き、250Lダンパーなし、500Lと組み合わせて入れ替えればOKだ。

resize2866.jpg
薪ストーブ本体の口元になるべく近いところに装着する

resize2864.jpg
レバーを垂直にすると弁が開く(焚付け時)

resize2865.jpg
レバーを水平にすると弁が閉じる(安定燃焼時)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月25日(昨日)のデータ
■クリック数  32(5.7%)
■アクセス数 561

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

ドブレ640CB/760CBは一次燃焼の空気の導入経路が長くて細い。本体背面の左下の狭いスリットを通り抜けて、灰受け室の中を通って前面の下部から噴出すようになっている。

そのため、焚付けの直後は「もう少し空気を送りたい」という状況になる。

その時に手っ取り早くて確実なのは、灰受け室の扉をちょっと開いてやることだ。そうすると、一次燃焼噴出し口の真下から太いラインで空気が供給されるので、格段に燃え方が良くなる。

「立ち上がりが遅いな~」と感じたら、試してみて欲しい。

resize2858.jpg


なおこの裏技は、焚付け時の温度の低い時に限定の操作方法だ。薪全体に炎がしっかり回ったら、きちんと確実に灰受け室の扉は閉めておこう。閉め忘れると、異常燃焼して薪ストーブ本体にダメージを与えてしまう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月24日(昨日)のデータ
■クリック数  37(6.8%)
■アクセス数 541

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

ドブレ760CBの背面パネルを取り外して、後ろから炉内に向かっての空気の流れが良く判る写真です。

resize2857.jpg
分解整備中の、この薪ストーブの後ろ側に回り込んでみます
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
先日、ドブレ640CB, 760CB用の外気導入キットの紹介をしたけれども、外観だけで現物の構造が判るような写真がなかったので、解りにくかったかもしれない。

そこで鎌倉で設置した時に写真を撮ってきた。これを見れば構造も機能も良く解るだろう。

resize2851.jpg
薪ストーブの背面に、左からエアカーテン用の空気取り入れ弁、二次燃焼用のプリセット角穴、一次燃焼用の弁が3つ集中している

resize2852.jpg
その3つの入り口をまとめて全部カバーする形状

resize2853.jpg
こんな感じで装着してプリセットの角穴も調整可能になる

resize2854.jpg
調整用のスライドレバーは上部の角穴のみ担当

構造を良く観察すると解ると思うが、この調整レバーはエアカーテンや一次燃焼の本体側の弁とは並列になっているので、ここをふさいでも、エアカーテンや一次燃焼の入り口はふさがない。

resize2855.jpg
最終的に本体に取り付け完了したところ

この外気導入キットを、装着してダクトで外気を導いてやることで室内の空気を全く利用しないで燃焼させることも可能になるが、必ずしもダクトを装着しなくてもプリセットの炉に後ろの小穴からの二次燃焼の調整の量までも単独で独立してスマートに調整できるようになるというメリットもある。

640CBや760CBの場合には、この調整をするか、しないかでかなりオーロラの出方や燃費が違ってくるので、さらなる性能向上を引き出したい人は、このように後付けも簡単なので検討すると良いと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月23日(昨日)のデータ
■クリック数  31(7.2%)
■アクセス数 429

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

順調に工事は進み、思っていたよりも早くに完了した。まだ引き渡し前だったけれども施主さんも来ていたので、早速取り扱い説明をした。まずは火を入れる前に各部の仕組みや、使い方などを教えた。説明書にも一応は書いてあることだけれども、それを読むより、理解は深まると思う。

その後、早速火入れを行った。

resize2846.jpg
家族みんなで注目

resize2848.jpg
奥様がビデオカメラで撮影

resize2847.jpg
ご主人様はiPadで撮影

resize2849.jpg
いい感じで二次燃焼に入る

resize2850.jpg
天板に置いておいた冷凍のラーメンとうどんもいい感じでできた

昼食抜きでずーっと朝から作業していたので、薪ストーブで解凍、そして温めた遅い昼食を、みんなで炎を眺めながらいただいたが、その味は格別だった。

フローリングより一段下がって、腰掛けられるようになっている炉台は狙い通り快適だった。最初はコーナー設置で煙突を背面出しにする予定だったけど、現場で施主さんと話し合いながら置き方をシミュレーションして、炉台を極力広く取るように、煙突を天板出しに変更して薪ストーブ本体をギリギリまで後ろに寄せて炉台を極力広く取るようにした。このように現場の状況を見ながら柔軟に最善な方法に対応できるのも、うれしいことだ。工事部隊と営業部隊が別だったり、工務店経由で仕様が決まっている案件だと、勝手に変更するわけにもいかず「?」マークのまま施工しなければいけないので、施主さんからの直案件で直接話し合いながら決められて良かったと思う。

機種についても当初の予定ではネスターマーチンS43を希望されていたけど、工事直前になってドブレ760CBに変更となった。その変更にもギリギリ間に合ったのもラッキーだった。

ご本人のブログによる速報レポートはこちら。
薪ストーブ設置されました!

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月22日(昨日)のデータ
■クリック数  30(6.3%)
■アクセス数 473

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

新築で二日後を内覧会に控えた鎌倉の現場に、煙突と薪ストーブを設置しているところ。

完成前のどたばたで複数の職方が入り混じっての突貫工事の中だったので、車の入れ替えとか、思った場所からハシゴをかけて作業できないなど、少しやりにくかったけど、他の場所から回避して何とかなった。

resize2842.jpg
事前に打ち合わせ通り作成してもらったチムニーに煙突を取り付け

resize2840.jpg
無事に屋外側の作業が完了

足場が外れた勾配のきつい滑り台のような屋根だったので、作業は困難を極めた。

resize2841.jpg
引き続き、室内側に入り、煙突をつないでいく

そんなわけで、ブログの更新とコメントが遅れています。千葉に戻ったら、じっくりコメントさせていただきます。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月21日(昨日)のデータ
■クリック数  42(7.9%)
■アクセス数 531

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

たまに読む薪ストーブユーザーのブログで、私が書いた記事と明言はしてないけど明らかに私が書いたと思われる文章を引用して、私のことを批判している内容を見かける。だいたい共通して、こんなような調子だ。

「煙突の煤の量なんて気にしていたら楽しめない」
「煙を出しても、煤を出しても気にしない」
「ガラスが汚れていても気にしない」

多少、煙や煤を出しても近所から苦情が来ないような環境であれば、そういう焚き方でも良いと思う。煙道火災にならないように、タールや煤を自己管理してきちんと掃除できる人であればそういう使い方は本人の勝手だから、それで良いと思うけけど、わざわざ私のことを批判するような書き方をしないでも良いと思うのだけど、まあ仕方ないか。

普段から、なるべく煤や煙を出さない焚き方で、排気がクリーンな完全燃焼をさせることを美学として、それを勧めるような記事を、普段から強い文体や独自の造語(チョロ焚きなど)で書いているから、批判の的にされるのだろう。

resize2839.jpg
透明なガラスで、青白いオーロラ炎で二次燃焼

様々な環境があって、考え方や使われ方もそれぞれだから、自分なりの使い方をすれば良い。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月20日(昨日)のデータ
■クリック数  40(7.7%)
■アクセス数 522

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

resize2833.jpg

よなよなエール 350ml 4種4缶 クラフトビールお試しビールセットよなよなエール 350ml 4種4缶 クラフトビールお試しビールセット
()
よなよなエール お試しセット

商品詳細を見る


resize2832.jpg

大手ビールメーカーのラガー系の味が苦手な人には、すっきりしたフルーティな味わいのエール系のこのビールを試してみて欲しい。

残り少ない薪ストーブのシーズンに、炎を眺めながら美味しいビールを味わおう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月19日(昨日)のデータ
■クリック数  40(6.8%)
■アクセス数 585

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

薪は単独(一本)だけでは良く燃えない。基本的には無理なく炉内に入るサイズを二本以上組み合わせて燃やす方が良い。

しかし、炉内に入るギリギリのサイズの切り株とか分岐部分などのMEGA薪ができてしまうこともある。こんな薪はあまり量産しない方が良いのだけど、燃やさざるを得ないことも出てくる。

MEGA薪を炉の中に入れる前に十分にガンガン普通の薪を焚いて温度をしっかりと上げて熾き火を作る。そしてMEGA薪を投入後も空気は絞らないで全開のまましっかりMEGA薪を燃やしてやる。MEGA薪に十分に炎が回った時に、炉内の熾き火がなくなってしまう場合には事前に準備した熾き火の量が少な過ぎだ。そして、全体に炎が回ったら、通常の薪の時よりも空気を開き気味にしておく。

resize2828.jpg
寝る前に投入した、翌朝のMEGA薪の状態

上手く燃やすと、途中で消えることもなく、しっかり熾き火になってくれる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月18日(昨日)のデータ
■クリック数  34(5.7%)
■アクセス数 600

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

resize2819.jpg
まずはシャンパンで乾杯(F1の2014年シーズンの開幕と同じ週末だった)

resize2821.jpg
天板の上のダッチオーブンに食材を放り込む

resize2819_20140318090635815.jpg
宴会をしているうちにツマミが完成

resize2824.jpg
炉内の二次燃焼の炎でピザを焼く

resize2823.jpg
生地から手作りのピザが完成

resize2820_201403180906376a4.jpg
取り分けて、美味しくいただいた

resize2827.jpg
完璧な焼け具合

resize2829.jpg
ベルギービールとの相性も良かった


ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月17日(昨日)のデータ
■クリック数  32(5.4%)
■アクセス数 595

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

3年前に薪ストーブ設置工事をした長野の別荘に設置3周年記念で招待されたので、行ってきた。

ここは、私がコンサルしてユーザー自らイギリスからドブレ700Gを個人輸入して、設置工事のサポートを行った案件だ。通常時ではなく、まさに東関東大震災の当日に、保税倉庫に引き取りに行って、その足で工事をして大震災の混乱をこの薪ストーブの炎を見ながら過ごしたので、一生忘れられない。

個人輸入のことを書くと「私が個人輸入をしている」と誤解したり、「個人輸入の記事を書かないでくれ」と圧力をかけてくる人がいるので、補足しておくけれども、私は一切個人輸入をしていない。

海外の販売店や、海運業者もこれまでのコンサルで色んなところを見てきているからそれなりには知っているけれども、コンサルの時に私が具体的な銘柄を教えると、これまでの案件でそういうことはなかったけど万一「入金したのに荷物が届かない」などの事故があった時に私の責任にされてしまうことにもなりかねないので、取引先は個人輸入するユーザーに自分で探してもらって自己責任でやってもらっている。

また個人輸入も含めて、設置のサポートまでトータルでコンサルしているけれども、決して手放しで前面的に個人輸入を勧めているわけではなく、あくまで煙突や本体など部材の購入の際の選択肢の一つとして提案しているに過ぎない。他にも色んな手段があるので総合的に考えて自分に一番合った方法を選択して欲しい。


この建物は別荘として使っていて、普段はあまり来ていないので、焚付けの細割りなどがあまり用意されていない。着火剤もなかったので、いつものような上から着火方式も使えない。バーナーもないので強引な焚付けもできない。こんな時に必殺技が「グランドキャニオン方式」だ。

薪のささくれだった面同士を向かい合わせて5センチ程度の隙間を作り平行に積んでグランドキャニオンを作成する。そしてその中に燃えやすい割り箸や細めの焚付けになるものを適当に置く。

resize2811.jpg
峡谷の下の方に点火

resize2812.jpg
グランドキャニオンの峡谷に火柱が立ち上がる

resize2813.jpg
扉をちょっと開いて空気を大量に送り込み続ける

平行に組まれた薪同士の隙間が、ロケットストーブのヒートライザーのようになって最小限の焚付け材で、炎が勢い良く立ち上がってくれるのだ。太い薪しかない時には通常の薪組みをするよりも、このようなやり方をすると、苦労しないで確実に着火できる。

resize2815.jpg
最初に組んだ薪に炎が回って崩れてきたら、すぐに追加の薪を投入

resize2814.jpg
いい感じで二次燃焼モードに入る(点火後 約1時間)

イギリス仕様の700Gは、日本仕様の700SL(750GH)にはある前面上部右側のエアカーテンの空気流入の調整レバーがない、すっきりとしたフロントマスクが特徴的だ。

本体下部にある空気調整レバーのみが空気調整のため、操作が非常に簡単で楽チンなのだ。この調整レバーの頭が一番下の写真だと右足の真ん中辺りまで絞り込まれたのが確認できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月16日(昨日)のデータ
■クリック数  29(7.0%)
■アクセス数 422

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

長野に来て、薪ストーブのあるレストランcafeあんこ坂でランチをいただいた。

resize2809.jpg

resize2808.jpg

resize2807.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月15日(昨日)のデータ
■クリック数  29(7.0%)
■アクセス数 416

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

resize2797.jpg
繊維が波状によじれていて、さらにすごい節(枝)でガードされていた

2年後に焚く時には、きっとその苦労が思い浮かぶだろう

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月14日(昨日)のデータ
■クリック数  38(6.6%)
■アクセス数 580

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

先日、薪車にソーラーパネルを載せた。この架台は余りものの端材の寄せ集めで材料費はゼロ円なのだけど、少しでも長持ちさせるために塗装してみた。ヒノキのウッドデッキなどであれば塗装しないで腐ったら分解して焚付けにしてしまう作戦もアリなのだけど、この材料はあまりに雨に弱そうなものだったので、塗装しないとすぐに駄目になりそうな感じだったのだ。

塗料もこのために調達したものではなく、先日、犬小屋を作った時の余りものなのでゼロ円だ。

resize2795.jpg
架台を塗装した

これまで雨が降った時に木材に雨がしみ込んでいるような感じで気分が悪かったけど、これで安心できるようになった。

昨日の春の嵐で思いっきり濡れたけど、いい感じで機能しているのを確認できた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月13日(昨日)のデータ
■クリック数  41(6.5%)
■アクセス数 632

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

何故、シングル煙突が、二重断熱煙突と比較して、ダメなのかを、燃焼中の煙突に大穴を開けて検証しました。

「シングルだと放熱して煤が付着しやすくて詰まりやすい」とか「排気温度が低くなってドラフトが弱くなる」なんていう当たり前で誰でも言えるようなことではない、新たな側面からの解釈です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鋳物の鉄の箱の「薪ストーブ」と、開放型「暖炉」の中間に位置するポジションの埋め込み型の暖炉タイプの薪ストーブを選択肢に入れる人は少ない。

すっきりした洗練したインテリアになることと、炎の迫力は薪ストーブとは比較にならないけれども、工事が本体を不燃壁で囲む大掛かりなものになってトータルでの施工費用が高くなることで、敷居が高いのかもしれない。でも、それが可能な状況の人はぜひとも選択肢に加えて欲しい。

巨大なビルトインタイプの炉内に、薪ストーブにはとても入らない太くて長い薪を突っ込んで豪快に燃やしてみたい。満足度の高い逸品だ。

先日薪の配達に行った家で、このタイプを使用していたので、お願いして、お家に上がり込ませてもらって、内部の構造まで見せてもらった。

resize2773.jpg
漆喰の外壁、レンガ積みの玄関、ガレージにはポルシェ

resize2775.jpg
玄関のレンガとお揃いの暖炉周り

resize2779.jpg
ベルギーの Bodart and Gonays社の製品

resize2774.jpg
専用ツールを使ってガラス扉を上方向にスライドさせる
 
resize2778.jpg
空気調整も専用ツールの反対側を回転部に突っ込んで回す

resize2777.jpg
炉底には一次燃焼空気の吹きつけ口が並ぶ

resize2776.jpg
炉の上部はバッフルになっていて、基本的には薪ストーブと同じ構造

resize2780.jpg
暖炉の上下に空気スリットが設定されていて、強制ファンで炉の周辺部で温められた暖気を室内に送り出して効率的に暖房できる仕組みになっている

この会社の製品だけでなく、私が取り扱っているドブレでも2180という同じタイプの製品が作られている。



メトスでも輸入していてカタログにも載っている。今年、千葉県内の設計事務所から問い合わせいただいているので、一件施工する可能性がある。早く見てみたい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月12日(昨日)のデータ
■クリック数  49(9.0%)
■アクセス数 544

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

お土産にいただいた甘栗だけど、せっかくなら美味しく温めたい。

薪ストーブのトップに普通に置いてしまうと全体が適度に温まる前に接点だけ焦げてしまうのは容易に想像がついたので、石に上に置いてマイルドな熱でじっくり時間をかけて温めた。いい感じで美味しく温まった。

resize2767.jpg

resize2768.jpg

resize2769.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月11日(昨日)のデータ
■クリック数  40(6.9%)
■アクセス数 576

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
先日、ドブレ640CB/760CBのオーロラ燃焼を楽しむための裏技を紹介したけれども、このような方法を取らなくても、オプションの外気導入キットを装着すると、もっとスマートに調整できるようになる。

resize2763.jpg
背面に装着するオプションの外気導入キット

写真では床下から外気を取り入れているけれども、このようにダクトで屋外から空気を取り入れなくても、ダクトを装着しないでもOKだ。

resize2761.jpg
左サイドに出っ張ってくる調整レバーを操作することによって、二次燃焼の空気量を無段階に調整できる

ただ、単純に外気を導入するだけでなく、二次燃焼のエアーの流量までスマートにコントロールできるようになる優れものなのだ。後付けも可能なので、機能的に640CB/760CBの能力をフル発揮させたい人は検討してみるのはいかがだろうか?

外気導入キットを装着して、オーロラ炎を自由に楽しめるようになった状態がこの動画だ。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月10日(昨日)のデータ
■クリック数  41(7.0%)
■アクセス数 582

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
ドブレ640CB, 760CBにも付属しているこのツール、700SLの場合には二次燃焼の空気調整のスライドにも使うので使用頻度が高いけれども、640CB, 760CBの場合には全く使ってない人もいるかもしれない。

resize2755.jpg
ドブレの付属のこのツール

こういうツールが付属しているメーカーも珍しいのではないだろうか?

resize2756.jpg
灰受け皿のハンドルにもなるって知っていた?

このように灰受け皿に引っ掛けて取っ手として使えるようになっている。てこの原理で灰受け皿の下に引っかかるようになっているので灰で満載になって重くなっても楽にもてるし、熾き火が多少混じって熱くなっていても平気なのだ。

あまり灰が溜まり過ぎて扉を開くとこぼれるくらいになると、燃焼のための空間が少なくなるし、空気の流れも悪くなって燃焼効率が落ちるので、適当な時期に灰を適度に残しつつ捨ててやろう。灰は多過ぎても、少な過ぎても良くない。

写真のように熾き火があるときには、そこらへにまかないで、穴を掘って埋める方が火災予防の観点から安心だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月09日(昨日)のデータ
■クリック数  30(6.4%)
■アクセス数 468

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
ドブレの売れ筋の薪ストーブ640CBや760CBで空気を左側レバーの一次と、右側レバーの二次を全部絞っても、イマイチ空気の供給が多過ぎる?と感じたことはないだろうか?

一次の空気は炉の下の灰受けから導入、二次は炉の上部(天板の下)を通ってエアカーテンとして炉に導入されているが、実はそれ以外にも空気の流入経路があるのだ。

resize2741.jpg

背面の空気調整の弁の中間に四角い穴が開いている。


実はここからも空気が導入されていて、炉の後ろ側の穴から噴出すような設定になっている。この穴の大きさはプリセットで可変になっていない。

「もう少し絞れたら・・・」と思う時には、ここに磁石を貼り付けて空気の流入量を調整すると、さらに炎のコントロールの幅が広がる。

大きな改造なしで手軽にできる、まさに裏技だ。

resize2740.jpg

resize2742.jpg
ノーマル状態での燃焼



resize2744.jpg

resize2743.jpg
磁石で微妙にふさいで調整した状態の燃焼



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月08日(昨日)のデータ
■クリック数  43(8.6%)
■アクセス数 498

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
薪ストーブをはじめる場合に「これだけはあった方が良い」という基本のお勧めセット。全部、そこらへんのホームセンターで合計で1000円以内で手に入る。

resize2733.jpg

写真左から順番に

1.ステンレス製の火バサミ(薪の位置を調整したり、熾き火を寄せたりするのに必須・・・キャンプ用品売り場)
2.十能(灰や木屑の散った炉台を、掃除する時のちりとり代わりに・・・農業用品売り場)
3.ラスター刷毛(炉台はもちろん、本体の掃除にも使用可能・・・塗装用品売り場)
4.皮手袋(薪を投入する時にヤケド防止に使用・・・作業用品売り場)

暖炉用の豪華なファイヤーツールよりもこれらの方が全然使いやすいので、まずはこれを揃えて使ってみて、その後で自分の好みに応じて工夫していくのが良いと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月07日(昨日)のデータ
■クリック数  40(6.6%)
■アクセス数 609

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
本格的に薪ストーブを焚ける日も、だんだん少なくなってきた。今シーズン用の2年乾燥薪を必要とする人は、これで最後だろうか?

今シーズンの使用にギリギリ滑り込みセーフで間に合った薪ストーブ設置直後のお家に配達に行ってきた。


resize2725.jpg
玄関先にオブジェのように積んだ

resize2727.jpg
二列目

resize2726.jpg
車が横付けできる環境でラッキー

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月06日(昨日)のデータ
■クリック数  36(5.8%)
■アクセス数 623

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
kiji.jpg

週アスプラスで薪ストーブが紹介されている。


でも何箇所か明らかな間違えがある。これは取材時のメモの取り間違えだろうか?それとも取材先の誤った情報提供だろうか?

あなたは何箇所間違えを見つけられましたか?


ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月05日(昨日)のデータ
■クリック数  41(6.1%)
■アクセス数 669

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
今回の雑誌の取材では、最後に薪ストーブ周りを見せてもらった。どのように薪ストーブが使われているのか、炉台周りを見ればだいたい判るが、見ただけで薪ストーブをフル活用している様子が推測できる。

子供の友達が遊びに来る時も慣れている子は上着の下はTシャツだということだった。

resize2713.jpg
小さな子供がいて、家の中を走り回っているので棚とゲートで安全対策

resize2715.jpg
アクセサリー類を機能的に収納

resize2714.jpg
屋外の薪棚から取ってきた当座の薪をそのままひっかけられる

resize2718.jpg
ピキャンオーブンなら、ガンガン焚きながらオーブン室でパンを焼ける

resize2717.jpg
焼いたパンを食べながら家族団らん

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月04日(昨日)のデータ
■クリック数  38(6.0%)
■アクセス数 632

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》