春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ネスターマーチンの薪ストーブの灰落としの作りは秀逸だ。これを使わないのはもったない。朝起きて、熾き火が灰に埋もれている時に、この灰落としのレバーにハンドルを引っ掛けてガタガタ前後に動かすと、余計な灰だけ下に落ちて、熾き火だけが残ってくれる。

resize2311_201401021845033f6.jpg

余計は灰を灰受け室に落としてから、扉を閉めてレバーをBポジションに移動すると吸気経路が下からに切り替わるので、速やかに熾き火が元気に復活してくれる。

resize2312_201401021845058af.jpg

その際、薪の落下防止パーツの金具の水平部分の下の隙間が灰や熾きでふさがっていると、空気の流れが悪くなって極端に燃焼状態が悪くなる。この部分は空気が通るように、常に空間を確保してやろう。

熾き火が復活して、薪をくべたら、BポジションにしたレバーをAポジションとの中間の辺りにセットする。Bポジションのままにしておくのは厳禁だ。Bポジションだと薪の燃焼時に空気が真下からのみ供給されるので異常燃焼して炉内やガラスを痛めて寿命を縮めてしまう。Bポジションは(石炭や木炭を燃やす時に使用するための機構なので)熾き火の復活の時だけの一時的に利用するにとどめておこう。

ある程度薪に火が回ったら中間地点にあったレバーの位置を完全にAポジションに戻してやる。

ネスターマーチンは空気の導入経路を切り替えることによって全く別の性質になるが、状況に応じた適切な操作が要求される。これができない人はAポジションのままレバーを動かさないで、フロント扉の開閉で一次空気の流量をコントロールしてやる方が良いかもしれない。

ネスターマーチンはマニュアルのスポーツカーのように、使いこなしのテクニックが求められる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

01月02日(昨日)のデータ
■クリック数  27 (6.7%)
■アクセス数 405

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
弱めの熾き火の時に、いきなり太い薪を入れると、けっこう煙突からは白い煙が発生する。それでも構わない状況の時には、ちょっと手抜きだけどこういう焚付け方法もありかもしれない。

resize2314.jpg
朝起きて、熾き火がそれなりに残っていたので、強引に太い薪を目一杯突っ込む

resize2313.jpg
しばらく煙がモクモク煙突から出ていたけど、無事に炎が立ち上がってくれて、その後は豪快に燃え出す

resize2312.jpg
30分ほどで二次燃焼の安定した状態に

resize2311.jpg
焚付けと同時に天板の上でお湯を沸かす

resize2310.jpg
安定稼動した頃にはボコボコ沸騰している

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

01月01日(昨日)のデータ
■クリック数  32 (9.0%)
■アクセス数 357

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》
薪ストーブで作るのに最適な料理がおしるこだ。

1.ダッチオーブンを熾き火の炉内に入れて、小豆を水から沸騰するまで一気に煮立てる
2.沸騰したらお湯をだけを捨てる
3.水を追加して、天板でじっくり時間をかけて煮込む
4.柔らかくなったら、砂糖を好みの量入れて味を調整

resize2300.jpg
天板で長時間かけて煮込む料理には薪ストーブが活躍する

resize2298.jpg
良い匂いがしてきた

resize2303.jpg
炉内の熾き火を七輪に移して、お餅を焼く

resize2302.jpg
お餅も良い感じで焼ける

resize2301.jpg
おしるこ完成

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

12月31日(昨日)のデータ
■クリック数  43 (11.0%)
■アクセス数 390

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》