春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の京都へは行きは新幹線を利用したけど、帰りは関空からジェットスターの飛行機で成田というルートを選択した。

新幹線だと2時間程度で東京へ着いて、そこから成田まで2時間程度で合計4時間で2万円程度。
LCCだと2時間で関空、空港でのロスタイム1時間程度、1時間フライトの合計4時間で1万5千円程度。

resize1466.jpg
京都駅から関空までのルートも「バス」「特急電車」「快速電車」「大阪まで電車バスに乗り換え」と様々なルートがあって2000円から3000円くらい。時間も1時間ちょいから2時間程度と交通手段によって様々の選択肢があったけど、今回は関西の日常生活に触れたくて快速電車を利用してみた。バスや特急だと便利で早いけど、観光客やビジネス客だけなので、あまり面白くないのだ。

resize1467.jpg
空港は近代的な建物で、ジェットスターのチェックインカウンターも未来的な感じ。

resize1468.jpg
機体も新しく、機内も綺麗で足元も広く快適だった。1時間のフライトはあっという間。JALやANAのように飲み物の無料サービスはないけど、短時間のフライトでは特に必要ないし安い方がありがたい。

resize1469.jpg
無事に成田に到着!タラップから地上に降りて機体を見上げるように近くで見られるのも新鮮。

関西から帰ってきたら、涼しくてすがすがしくて、これまでにない秋の空気を感じた。薪ストーブを焚くには1ヶ月くらいだろう。この日に予定されていたイプシロン打ち上げは中止になったけど、新たなカウントダウンがはじまったような気がした。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
京都に来たので、高校の修学旅行の時に行った嵐山をレンタカーを借りて再び訪問。当時、間違えなく歩いたはずなのに、実際にどこを歩いたのかは全く記憶になかった・・・。

resize1463.jpg

resize1464.jpg

resize1462.jpg

桂川にかかる渡月橋の交差点で信号待ちをしていたら右折レーンに伐採した木を満載しているトラックが通りかかったので、速攻でシャッターを切った。

resize1465.jpg

「「日本全国、どこに行っても薪の原木はあるなぁ」と改めて思った。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize1452.jpg
平等院に入っている造園業者さんが使っていたチェーンソー(意外と国産品も使われている)

resize1451.jpg
玉切り作業中

resize1454.jpg
トラックの荷台に積み込み

こんな歴史と伝統と格式のある平等院で伐採された、樫の木を焚いたら、どんな気分なのだろう。今回は飛行機で帰るので、もらってくることはできなかったが、車で来ていたら玉一つ、もらって帰りたかった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
京都に来て、時間が取れたので平等院に行ってきた。10円玉に描かれている建物だけど、残念ながら来年の3月までは改装工事中のため足場がかかっていて建物を見ることはできなかった。

resize1455.jpg

resize1450.jpg

resize1449.jpg
建物の劣化が激しいのでリフォーム作業の真っ最中だった。来年、完成後にまた見に来たいところだ。

庭園には造園屋さんが入っていて、伐採作業をしていた。幸運にも倒す瞬間を見ることができた。倒す方向をコントロールするためにロープで引っ張っていた。

さすがに古都の伝統ある場所に入っている造園業者さんで、姿もばっちり決まっていた。

resize1453.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブの温度管理に一般的に使われるこのようなバイメタルの温度計は、バネ式なので正確さには欠けることが多い。ひどい時には50℃とか100℃くらいずれていることもある。

薪ストーブ用マグネット式温度計 #701薪ストーブ用マグネット式温度計 #701
()
ルトランド

商品詳細を見る


そういう精度の低い測定器よりも、放射温度計という精度の高い温度計で計測すると良いが、これも使い方を誤っているケースが多い。

赤外線 放射温度計(AD-5611A)赤外線 放射温度計(AD-5611A)
()
エーアンドディー

商品詳細を見る


使い方自体は簡単なのだけど、レーザーポインターがついているのが逆に災いして、そのレーザーが当たっている場所をピンポイントで測定しているのだと勘違いしている人が多い。実際にはそのポイントを中心として、測定部分から一定の角度で広がった同心円状の広い面積の平均温度を計測している。つまり、離れた遠い部分にそのレーザーを当てても、あまり意味がないわけだ。その角度は取り説に書いてある。もし、ピンポイントで測定できるなら太陽に向けたら6000℃にならないとおかしいわけで、何でそんなことに気づかないで一階から二階の吹き抜け部分の煙突にポインターを当てて測ったつもりになっているんだろうと不思議に思う。

また、この測定器は測定対象が黒に限る。黒い耐熱塗料が塗ってある薪ストーブや煙突は、近づければ概ね正しい温度が測定できるけど、反射しやすい銀色とか白などは正しい温度を表示しない。黒でない物質の温度測定の場合には、黒いシートを貼り付けて測定しないと意味がない。(専用のシートも販売されている)薪ストーブのガラスに向けて炎の温度とか、白っぽい炉台、炉壁なども反射しているので、正確な温度ではない。また、遊びでペットや人体に向けて体温とか測ったつもりになっている人がいるけど、黒猫や黒人以外にはあまり意味がないことだ。

取り扱い説明書には、角度のことも、色のことも書いてあるのに、全く読まないで使っているのだろうか?

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
こういう簡易タイプの含水率計で測定したつもりになっているけど、全く意味をなしてないケースが多いように見受けられる。

高精度デジタル水分計4ピンタイプ (木材等の水分・湿度測定に) MD814 日本語説明書付高精度デジタル水分計4ピンタイプ (木材等の水分・湿度測定に) MD814 日本語説明書付
()
MD814

商品詳細を見る


まず測定する薪を計測直前に割ってその中央部分で計測しないと意味がない。表面は乾燥が進んでいて内部が乾燥してないので、最も乾燥した条件の良い部分を測っても実態は表していない。きちんとした評価をするためには測定前に一手間かける必要がある。

次に測定器のセンサーの当て方だ。取り扱い説明書には「なるべく深く突き刺す」と書いてあることが多いけど、その突き刺し方で数値が大きく違ってくる。電気抵抗で測定しているので、軽く浅く刺せば抵抗値が上がって、含水率は低めに表示される。きっちり奥まで深く刺して初めて正しい測定値となるけど、極端な話、刺し方次第でいくらでも好きな数値にすることが可能だ。

欧米の本格的な含水率計はセンサー部分と、表示部分が分かれていて、センサー部分をハンマーでガンガン叩いて薪に刺すようになっているものもある。そのくらいきっちりと刺さないと正しい数値とならないのだ。

日本における平衡含水率(=乾燥を続け、一定の温度、湿度の条件の中に長時間放置すると最終的に安定する含水率。この状態において、空気が乾燥すると水分を放出し、湿ってくると吸収するという、天然のエアコンとも言うべき木材の優れた調湿機能を発揮するに至る)は約15パーセントだ。

つまりこの数字より大幅に低い値を含水率計が表示している時には、きちんとセンサーが刺さってないと判断できる。また割ってから半年や1年程度で、これに近い数値が出ている時も同様だ。

慣れてくれば測定器を使わなくても、手で持って触れてみたり叩いた時の音でも乾燥具合を感じることができるが、含水率計を使うならば、正しく使おう。(意味のない測定をしているくらいなら使わない方がマシだと思う)

あるいは電極を刺さずに、超音波で測定できるこのようなタイプの含水率計を使うべきだと思う。

モイスチャーマスター ウマレックス 水分計 環境測定器(日本正規品)モイスチャーマスター ウマレックス 水分計 環境測定器(日本正規品)
()
ウマレックス(UMAREX)

商品詳細を見る


ブログ村ランキング:オリジナルバナー
今週末は京都にいます。

25日(日)の夕方以降フリーになるので、もし会える人がいたら連絡下さい。

resize1434.jpg

resize1433.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
チェーンソーを使っていると、ガソリン携行缶を使うことも多い。普段は、なかなか意識しないけど、これは取り扱いを誤ると大きな事故につながる。チェーンソーに給油する時に、ガス抜きしないでいきなり蓋を開けて、ガソリンが飛び出してきて、びっくりしたことはないだろうか?

【即納】AP 消防法適合品 ガソリン携行缶 APGT05 5リットル【即納】AP 消防法適合品 ガソリン携行缶 APGT05 5リットル
()
AP

商品詳細を見る


チェーンソーの作業をしている屋外では火気がないから事故にはつながることは少ないけれど、タバコなど吸いながら給油作業していると大変なことになる。

この夏、京都府福知山市の花火大会の露店での爆発事故で死亡者が出た。原因は、ガソリンの蓋をいきなり開けてしまって、気化したガソリンが一気に噴出したということだ。露店で火を使っている環境だったので引火して爆発につながった。

それを防ぐには、ガス抜きのネジを先に開けて携行缶の内部の圧力を下げることだ。圧を下げた後に蓋を開けば、このような危険を避けることができる。

普段から正しいやり方を行って、それを身体に叩き込んでおかないとイザという時に大変なことになる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
これまで15年間、エアコンなしで頑張ってきた我が家だけど、酷暑に耐え切れずに、ついに導入してしまった。

1006308_603375926390053_591132474_n.jpg

室外機を直射日光や風雨に当たらないベランダ下の壁面設置にした。薪棚の上のスペースもつぶれないように、なるべく上の位置にした。

東芝 【エアコン】大清快ボイスTOSHIBA おもに14畳用(電源200V・シェルホワイト) RAS-402EDR-W東芝 【エアコン】大清快ボイスTOSHIBA おもに14畳用(電源200V・シェルホワイト) RAS-402EDR-W
()
東芝

商品詳細を見る


ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブ炉内や角トップ煙突の煤を落とすのに、ワイヤーブラシが定番だけど、皮スキという道具を使うと、素早く快適に作業できる。広い面積を一気にかきおとすことができるのだ。

resize1406.jpg
ワイヤーブラシでチマチマ削り落とすよりも・・・

resize1405.jpg
皮スキでやった方が作業性が良い

仁作 ステン皮スキ Y型 No.330仁作 ステン皮スキ Y型 No.330
()
富田刃物

商品詳細を見る


ブログ村ランキング:オリジナルバナー
冬に火が入っている時にはできない、涼しげな薪ストーブの天板の使い方。

resize1401.jpg

resize1402.jpg

resize1407.jpg

直接、花瓶を天板に置くと錆びるので、必ず何か敷いて、その上に乗せよう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ネスターマーチンのB-TOP仕様の場合は通常の天板から煙突を出すのと比べて30センチ近く、本体の背面の寸法が出っ張ることになる。このため壁面に平行に設置すると、かなり本体が室内側の前に出てきて、空間の利用上問題となる場合がある。

resize1397.jpg

このようにコーナー設置で45度にした場合、この背面の無駄な空間を吸収できるので、空間の利用効率良くなって、無駄なスペースが排除できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー





シンプルで壁面に直接タイルを貼り付けただけように見えるけど、中に空気層を確保して、通気のためのスリットまで確保されている。デザインと機能を両立させた素敵な炉壁だ。

resize1399_20130813205353135.jpg

resize1398_20130813205350d14.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
屋外に煙突を立ち上げた場合に建物のひさしをかわすために、折れ曲がりにするプランが多い。これだと余計な折れ曲がりがあるので排気抵抗になる。ただでさえ、室内側からクランク状に折れ曲がっているので、できることならば、少ない方が良い。

resize1393_20130813204054876.jpg


このように屋根のひさしをストレートに貫通させることによって、実現する。

resize1395.jpg

resize1394.jpg

排気抵抗が少なくなるだけでなく、身を乗り出してトップを外さなくて済むので、自分でメンテナンスする時にも恐怖感が少なく安全に作業できるというメリットもある。

結局のところ、煙突トップは取り外してバラさないと、きちんとメンテナンスできないので、下からブラシを突き上げただけでは解決にならないのだ。そして下からブラシを突き上げて汚れるということを避けるためにも、上からブラシを通すのが合理的なのだ。

resize1396.jpg


ブログ村ランキング:オリジナルバナー
煙突掃除に行ったら、輸入チーズをいただいた。早速、帰宅して、いただいた。「ビールのつまみに」ということだったけど、ワインや日本酒に合いそうだったので、とりあえず日本酒と一緒にいただいた。

resize1392.jpg

resize1390.jpg

resize1391.jpg


ブログ村ランキング:オリジナルバナー
冬場に薪ストーブ料理で活用しているハッピーコール。

ハッピーコール ホットクッカー グルメパン (ヒルナンデスで紹介の話題のフライパン)ハッピーコール ホットクッカー グルメパン (ヒルナンデスで紹介の話題のフライパン)
()
HAPPYCALL

商品詳細を見る


この時期はさすがに薪ストーブを焚かないけど、ガスコンロやIHヒーターでも普通に使えるので、活用しないのはもったいない。

夏野菜をいただいたので、素材本来の味を堪能するためにハッピーコールで蒸し焼きにしていただいた。

resize1388.jpg

resize1387.jpg

resize1386.jpg


ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブユーザーにとってはハスクバーナと言えばチェーンソーを思い浮かべる人が多いだろう。

ハスクバーナ エンジンチェンソー 236e 14RT 91VXハスクバーナ エンジンチェンソー 236e 14RT 91VX
()
ハスクバーナ

商品詳細を見る


ハスクバーナ Husqvarna プロフォレスト Pro Forest ラップチャップス Wrap Chaps ブルー プロ仕様(並行輸入品)ハスクバーナ Husqvarna プロフォレスト Pro Forest ラップチャップス Wrap Chaps ブルー プロ仕様(並行輸入品)
()
ハスクバーナ

商品詳細を見る



逆にバイクを思い浮かべる人もいるだろう。

両方を使っている人はいるだろうか?

resize1379.jpg

resize1378.jpg

resize1377.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
どんな高性能な薪ストーブを使っても、二重断熱煙突を使っていても、薪の乾燥が不十分だと、ガラスが煤けてしまう。

このようにガラスが煤ける場合には、薪の乾燥がイマイチなのだと心得よう。

十分に乾燥した薪を使えばガラスは綺麗な透明のままだ。

resize1371_201308052145574a8.jpg

resize1370_201308052145555c5.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
機会があれば表通りでなく、裏道を歩くようにしている。ガイドブックや本には絶対に載ってないような素敵な発見があるからだ。

今回、京都の裏道を歩いていたら素敵な洋館を見つけた。暖炉の煙突だろう。どんな人が住んでいて、実際に火を入れたことがあるのだろうかと思った。

resize1366_2013080520280119d.jpg
道を歩いていたら、いきなり煙突が目に飛び込んできた

resize1368_2013080520280506a.jpg
デザインが美しい本物レンガのチムニー

resize1365_20130805202803791.jpg
ツタの葉が建物の外壁に這ってお洒落な色合いになっていた

resize1369_2013080520280739f.jpg
塀のレンガも砕いたものを、所々にはめこんで遊び心がある

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
京阪エンジニアリングのショールームにあったアンティークストーブ。お客様のところから引き取ってきたそうだ。薪ストーブではなく石炭ストーブだけど、こうして形が残っているのが凄い!戦争中に溶かされて兵器に変身しないで済んだ貴重品だ。

resize1370.jpg
かわいい形

resize1371.jpg
ネスターマーチンの刻印

resize1367.jpg
横にスライドして空気調整

resize1369.jpg
上部

resize1368.jpg
蓋を取り外すと耐火煉瓦で内部がコーティング

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

こういう素敵な色合いの薪ストーブも入手可能なのだ。デザイン面だけでなく、実用面でも表面は錆びないし、汚れもさっと拭き取るだけでお手入れも楽なのだ。

ホーローは欠けたり、焼付けムラがあったりするけど、それも味わいや個性と思える人に注文して欲しい。

resize1365.jpg

resize1366.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
普通の薪ストーブは一度設置すると、その後には向きを変えるわけにはいかない。設置場所によってはそれで問題ないことが多いけど、自由に向きを変えられたら、部屋中のどこにいてもベストポジションで最高の炎を楽しむことができるようになる。

薄型液晶テレビでは画面の向きをリビングの食卓、ソファなど人のいる方向に向けて変えられるけど、薪ストーブでもついに実現した。煙突を中心軸として、自由の360°回転させることができる驚きの仕様なのだ。

resize1359.jpg

resize1362.jpg

シンプルでスクエアで余計な装飾のないすっきりしたモダンなデザインのお洒落な薪ストーブだ。

resize1364.jpg


火が入った状態でグルグル回転させてみたいものだ。(誰かこの薪ストーブを導入しませんか?)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
これまで何度か京都には来ているけど、なかなか京阪エンジニアリング(ネスターマーティンジャパン)にまで足を伸ばす機会がなかった。

resize1355.jpg
大きな通り沿いにあった。車が途切れて女子高生の自転車が通りかかったタイミングで撮影

resize1356.jpg
側面をビルの屋上まで煙突が立ち上がっている

ショールームの中は4台の薪ストーブが煙突につながってて、実際に火が焚ける状態になっていた。

resize1357.jpg
新商品のTQ33にも前日に火を入れたそうだ

たまたま日中時間が取れたので、アポなしで突撃訪問した。いつもお世話になっている営業の富永さんがいてくれて話ができてラッキーだった。

resize1358.jpg
イケメン&トップ営業マンの富永さんとスタンレークックストーブ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ベルギーには日本からの直行便がなかったのでデンマークを経由した。デンマークにもモルソーやワムなどの薪ストーブメーカーがある。時間に余裕があれば単なる乗り継ぎだけでなく、実際に街中を歩いてみたかった。

デンマークから日本へ向かう飛行機の中から窓を見ていたら海上に大規模な風力発電施設があって、びっくりした。

resize1328.jpg

resize1327.jpg
船に乗って風車を見たらド迫力だろう・・・。

調べてみたらデンマークでは電力需要の約2割を風力で発電して、2025年までに50パーセントまで引き上げることを目標にしているらしい。

風力発電は安定していないとか、コストが高いとか、自国での消費よりも他国への売電が多いなど、色々と問題点もあるようだけど、このような自然エネルギーへの取り組み姿勢は評価できると思う。薪ストーブなどのバイオマスエネルギーの活用なども含めて北欧の環境意識が高いことを改めて感じた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
草刈機を使うと作業的にはラクなんだけど、上の葉っぱだけ切ることになって根っこはそのままなので、すぐにまた生えてきてしまう。

ちょっと大変だけど、気合を入れて手で根っこから引っこ抜いた。そうすると生えてくるまで時間がかかるので、次の作業まで少し日数を稼げる。

でも、寒くなるまで、もう一回くらいはやらないとかな?

resize1326.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

真夏の暑い時期だけど、季節は確実に薪ストーブが活躍する秋冬に向かっていく。シーズンオフにきちんとメンテナンスして、使いたくなったらすぐに火を入れられるようにしておきたい。

薪ストーブシーズンに突入してしまうと、煙突掃除の依頼を受けてもすぐに動けないこともあるので、まだ済ませていない人は早めにご依頼いただきたい。

resize1318.jpg

「自分たちで煙突掃除やメンテナンスをやりたい」ということだったので、きっちりと時間をかけてレクチャーしてきた。

自分たちできちんと作業しただけでなく、その作業の後に、これだけ丁寧なメモを取っていたから、来シーズンからはバッチリだろう。

このように薪ストーブのメンテナンスや煙突掃除は、やる気になれば、男性だけでなく女性でも簡単に行えるのだ。コツやノウハウさえつかんでしまえば、性別は関係ない。これからは薪ストーブ女子の時代かもしれない。

resize1317.jpg

resize1316.jpg

resize1319.jpg
作業完了して綺麗になったF500と、山林舎のシェーカーストーブ、そしてアクセサリー類が収納されている棚

気分によって二台を使い分けも面白いかもしれない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
京都へ煙突掃除に行った際に設置されていた薪ストーブが岡部工業所のウォールデンだった。実物を見たのは初めて。

resize1302.jpg

鉄板を溶接して作った構造で、なかなかの高性能であろうことが見て取れた。実際に火が入っているところを見たわけではないけど、なんとなく燃え方の想像がついた。高温でガンガン焚いてこそ本領発揮するタイプだ。

初年度ということもあって、低めの温度で焚いていたようなので、焚き方のアドバイスをしてきた。ガツンと焚いて暑くなったら窓を開けるか、そのまま薪の投入を止めて鎮火させて、また寒くなったらガツンと焚くというように話してきた。とろ火でチョロ焚きすると煤が大量付着してしまうのだ。鋼鈑製の薪ストーブは、鋳物製と比較して熱付加に強いのでメリハリのある焚き方に対応可能なのだ。

この機種は家を建てた工務店にお任せしたら自動的に決まったそうだけど、取り扱い説明が充分にできないケースも含めて、温度管理に神経を使う鋳物製よりもこのような鋼鈑製のチョイスはなかなか良いかもしれないと思った。

resize1301.jpg

このように色んな薪ストーブに触れることができるのも、うれしいことだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
京都で煙突掃除した家は、母屋に隣接して作られた薪棚の上がベランダになっていて、普段は布団なども干せるようになっている。

煙突掃除の際にも、ここから短めのハシゴでトップに簡単にアクセスできる秀逸のアイデア。メンテナンス性、薪の搬入動線、そして室内の空気の流れの設計など薪ストーブに詳しい工務店が作った家であることが随所に感じられた。

resize1300.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
京都の薪ストーブユーザーからの依頼で、煙突掃除に行ってきた。

「自分たちでもできることはやりたい」ということだったので、煙突トップの取り外しなどの高所作業は私が行って、それ以外の作業は子供たちも参加した。こうやって家族総出で作業すると楽しいし、より一層の愛着も湧くと思う。

resize1297.jpg
まずはお姉ちゃんが作業

resize1295.jpg
続いて弟が作業

resize1294.jpg
トップから回収した煤

resize1298.jpg
お父さんは室内側の煙突を掃除

resize1296.jpg
終了後に記念撮影

ブログ村ランキング:オリジナルバナー