春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回のベルギー訪問ではドブレの工場だけでなく、薪ストーブ屋さんを5店訪問した。

resize1204.jpg

resize1205.jpg

resize1206.jpg

resize1207.jpg

resize1208.jpg

それぞれが個性的なお店で、どれ一つ同じような印象を受けることはなかった。個別の店舗の印象を述べる前に、まずは全体的、総括的なことを書いておこう。

ベルギーは日本で言えば四国ほどの面積。そこに200店の薪ストーブ店があるそうだ。つまり日本で言えば一つの県あたり50店あるということになる。実際に今回の5店の訪問は一日で済んでしまった。移動距離があまりないからだ。一つの店舗から、もう一つの店舗まで車で5分、10分ということもざらだった。ドブレ社の営業さんが手配してくれた店舗の他に、自由行動で私が自転車で郊外の町を走った時にも偶然見つけたくらい、薪ストーブ店そのものが、珍しいものではないことが理解できた。

日本でも最近は薪ストーブの人気が出てきて、ボコボコ新しい薪ストーブ店ができているけど、ベルギーでは親の代、祖父母の代から続いている老舗の個人商店みたいな感じが多い。夫婦や兄弟、親子などの身内でガッチリ固めて、手の届く範囲の仕事をしているわけだ。

だからたまに「個人輸入でベルギーの小売店から」という話があるけど、英語すら通じない店が多いのは、そういうわけだ。英語が通じたり、日本向けに対応してくれる店を見つけるのが、なかなか難しいということも、実際に行ってみて実感した。

日本の専門店とは違って、薪ストーブだけを売っているわけではなく「暖房器具屋さん」という印象の方が強かった。ペレットはもちろんだけど、ガス、石炭などの他の暖房器具と一緒に併売されている。また埋め込み型の暖炉の展示もけっこう多かった。

暖房器具屋さんにとどまらず、家電屋さんみたいなところで、エアコン、冷蔵庫や洗濯機と一緒に薪ストーブが売られていることもあった。(下の2店舗がそう)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
日本ではファッションや旅行などの雑誌に薪ストーブの広告が掲載されるなんて、ありえないことだけど、ベルギーで宿泊したホテルに置いてあった雑誌をパラパラ眺めていて、びっくりした。

resize1200.jpg

resize1198.jpg

resize1199.jpg
薪ストーブとは、何ら関係ない雑誌

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ドブレ640CB/760CBの炉底はベルギーワッフルのようだ。この凹み部分に灰を溜め込むことで、最適な断熱性や保温性を維持できる。炉の灰は多過ぎても、少な過ぎても燃焼はイマイチとなる。灰を撤去する時に、必要十分な量を炉内に確保できるようになっている。こういう機能性だけでなく、軽さと丈夫さを両立する合理的な設計なのだろう。設計者はベルギーワッフからにヒントを得たのだろうか?

resize1190.jpg

resize1191.jpg
同行した群馬アーテリアの石村さん、メトス札幌の青葉さん、メトス名古屋の中村さん

せっかくベルギーに行ったのだから、ワッフルを食べてみたかった。どこでも売っているけど、老舗の美味しいと評判のお店を教えてもらって、そこへ行ってみた。カリカリ、サクサクで私がこれまで食べたことのあるワッフルとは全く別物だった。ラム酒と生クリームホイップと一緒にいただいた。絶品だった。

resize1195.jpg
1839年から営業している老舗MAX

resize1211.jpg
お店の外観

resize1196.jpg
周辺の古い歴史建造物と溶け込んでいる

resize1197.jpg
屋外の席が気持ち良い

resize1193.jpg
店内も良い雰囲気

resize1192.jpg
厨房に招き入れてくれた

resize1194.jpg
ワッフル作っているところを見せてもらった

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ベルギーでは大型セダンでもMT(マニュアルトランスミッション)の車が多い。車好きの私としては、最近の日本でなかなかMT車を選べないことを残念に思っている。ベルギーの人は「ATの車は子供っぽい」と思っている人が多いようだ。私も同感。

resize1189.jpg
BMW5シリーズで日本ならATしか選べないけど・・・

resize1188.jpg
普通にMTでうらやましい

そんなベルギー国内で、ドブレのスタッフの自家用車に同乗させてもらっての移動中のこと・・・。

resize1185.jpg
やっぱりMT車!

偶然、車で薪を運んでいるのを見かけた。ハッチバック車に薪運び台車を牽引していた。車内を汚さないし、なかなか合理的な運搬方法だと思った。自分で運転していないからこそ、撮影できたラッキーな瞬間だ。走行中に横に並んだのでラッキーだった。この交差点でこの車は左折してしまったので、この瞬間を逃したら撮影できなかった。

resize1186.jpg

日本国内での移動とは違って、自分では車を運転しない状況だったので、この後のお昼には遠慮なくベルギービールをいただいた。

resize1187.jpg

resize1320.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
煙突掃除を終えて温泉で汗と煤を洗い流してから、今回の話をいただいた方の別荘を訪問させてもらった。

7月の軽井沢では薪ストーブを焚いても苦痛ではなかった。夕食にお取り寄せのモツ鍋をいただいた。当然(?)薪ストーブの天板で作って、美味しくいただいた。

ヨツールのF400も天板が二重構造になっていないシングルの構造で、直接炎が当たる。そのため天板の温度が早く高くって、ストレスなく天板で手軽に調理できる。

resize1312.jpg

resize1314.jpg

resize1313.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
軽井沢で二件の煙突掃除を終えた後に、今回の話をいただいた方に温泉に連れて行ってもらった。

天然温泉&露天風呂で最高に気持ち良かった。

resize1310.jpg

resize1311.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブは使い方次第で危険が伴う。

燃焼温度が低く、燻らせるような焚き方をすると、不完全燃焼して煤やタールが発生して、煙突内に付着していく。これらの物質は可燃性なので、薪ストーブを焚いている時に、着火点を超えると燃焼する。煙突内で煤やタールが燃えると上昇気流に煽られて、火炎放射器のような強烈な火柱が煙突トップまで噴き上げて全部燃え尽きるまで止まらなくなる。この現象を「煙道火災」と言う。この時には煙突の表面温度は1000℃を超えて、建物の貫通部分の木部が引火して建物火災につながるリスクが高くなる。

毎年のように「薪ストーブが原因の火事」の報道があるけど、この煙道火災のパターンが多い。正しく施工しても、使い方を誤ると、生命や財産を失う火災が起きるのだ。

こういう状態で煤やタールを付着したまま薪ストーブを使用すると大きな危険が伴うので、毎年、シーズンオフには確実な点検と煙突掃除が必要だ。

resize1307.jpg
タールがみっちりコーティング状の付着してしまった薪ストーブの炉内

正常な温度で焚いていれば、このように炉内にまで、タールや煤がこびりつくということはありえない。少量の薪を空気を絞って燻らせて、低い温度で焚いていたのだろう。恐らく表面温度も150℃以下だったと思う。

表面温度が250-300℃程度で焚けばこういう問題は発生しないけど、慣れなくて、怖くてそこまで火の勢いを上げられないのかもしれない。あるいは薪を節約しようとケチケチ、チビチビ焚いているのかのどちらかであろう。

今回の煙突掃除は、直接の施主さんからの依頼ではなく、施主さんも不在の別荘だったので使い方のレクチャーまでできなくて残念だったけど、後日なんらかの形で、このレポートが伝わると良いと思う。

resize1306.jpg
炉内だけでなく煙突内もタールがコーティング状に付着

resize1308.jpg
【比較参考】正常に上手に焚いた場合の煤の付着状況

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
鋳物はベルギーで作られているが、耐熱ガラスは、日本と西ドイツから輸入されたものが使われている。製品やロットによって日本製のガラスか西ドイツ製のものかは、製品からは判別がつかないけど、もしかしたら、あなたの使っているドブレの薪ストーブのガラスは日本→ベルギー→日本と長い船旅をしてきたものかもしれない。

resize1184.jpg
ドブレ社の耐熱ガラスの保管棚

resize1183.jpg
Made in Japanの製品

resize1182.jpg
中身は耐熱ガラス

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

せっかくホーロー(エナメル)のオシャレな色合いの薪ストーブにしたのならば、煙突の色も本体に合わせてトータルコーディネートしてみたい。

resize1181.jpg

resize1180.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ドブレの定番のホーロー(エナメル)7色

どのモデルでも、黒い耐熱塗装以外にも、これだけ選択肢があるということは意外と知られていない。オシャレで錆びが出にくく手入れも楽というメリットがある。

値段が高くなること、納期がかかることなど、一般的に受け入れられない要素があるので、なかなか広くは普及していないけど、オリジナリティあふれるモデルを長期的視点で考えるのもアリだと思う。

resize1173.jpg
マジョリカブラウン
マジョリカグリーン
チャコール
マッドブラックエナメル
アイボリー
ホワイト

resize1178.jpg
新色のオリーブグリーン

濃い色が集合写真では判りにくいので単独にて撮影

resize1176.jpg
マッドブラックエナメル
マジョリカブラウン
マジョリカグリーン

resize1179.jpg
チャコール

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
640CB/760CBのバッフル板は乗っているだけなので簡単に取り外せるけど、700SL(750GH)のバッフル板はボルトと耐火セメントで固定されている。そのため、簡単には取り外せない。

resize1171.jpg

「メンテナンスの際にバッフル板を外す必要があるのか?」と訊いてみたら「外す必要はないし、外すことを想定して設計してない」ということだった。天板を外せばバッフル板の上部も簡単に手入れできる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ドブレのベストセラーの薪ストーブ640CB/760CBには天板の内側に取り外し可能のなプレートが設定されている。このプレートには「取り外し厳禁」と書いてあるが、外していけないパーツがなぜ取り外し可能になっているのか、前から疑問に思っていた。

resize1165.jpg
天板を外すとインナートッププレートが見える

今回ドブレ社を訪問してその謎が溶けた。

640CB/760CBは薪専用だけど、640GM/760GMという石炭も燃やすことができる派生モデルがある。このモデルで石炭を燃やす場合に、石炭の燃料供給ユニットをプレートを取り外して、上部から挿入するのだ。

resize1166.jpg
インナートッププレートを外して、石炭供給ユニットをはめ込むようになっている

resize1172.jpg
石炭供給ユニットが炉内に挿入されて、燃料が下から燃えていく

resize1169.jpg
天板も蓋付きに変更して、ここから石炭を供給できるようになっている

resize1168.jpg
蓋と取り外したところ

resize1167.jpg
なんと・・・760GMにはオプション純正クッキングプレートまで用意されていた!
蓋を取り外したところにクッキングプレートをハメ込む

天板の温度が上がりにくいネスターマーチンの、その弱点をクリアするためにB-TOPモデルを京阪エンジニアリングが開発していたけど、ドブレ社では既にその前から760の天板の温度を上げるクッキングプレートを出していたのだ。これには驚いた。この仕様でのオプションパーツを注文れば料理もバリバリできる無敵の薪ストーブになるだろう。現在のところ760にしか対応していないけど、どうしてもこの仕様のパーツが欲しい人は、相談して欲しい。納期や値段など細かなことは気にしないでドンと構えられる人は、取り寄せは不可能ではない。

残念ながら640の場合には純正オプションパーツが存在しないので、ドブレ製を取り寄せはできないけど、現在使用中の天板を改造することによって、希望があれば対応は可能だ。(純正ではないので自己責任となるが、天板の穴開けと加工、クッキングプレートの製作を承ります)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
現在ベルギーにある薪ストーブメーカー、ドブレ社は、もともとはノルウェーの会社だった。そもそも「ドブレ」という名前はノルウェーの「ドブレ山脈」から名前を取ったものだ。

そして、ノルウェーの民話を薪ストーブのレリーフに使っていて、その歴史と伝統を大切にしている。『三匹のヤギのがらがらどん』という物語を聞いたことはないだろうか?子供の頃に絵本でそんなタイトルのものがあったと記憶している人もいるかもしれない。

resize1160.jpg
ドブレ社のショールームに展示されている40CB

resize1161.jpg
ヤギの三兄弟

resize1162.jpg
橋の下のトロール

トロール人形といえばノルウェーの薪ストーブメーカーのヨツールを取り扱っているトコナメエプコスの定番マスコットかと思いきや、ノルウェーの伝説なので、現在はベルギーに移転したドブレ社で現在生産されている薪ストーブにも脈々とその伝説は引き継がれている。ビンテージのように斬新で高性能な薪ストーブを作っているにも関わらず、このように歴史と伝統を大切にしているところが素晴らしいと思う。

resize1164.jpg

resize1163.jpg

決して高性能とは言えない古いタイプのモデルも、こうして現役で生産して、出荷しているのだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
一緒にベルギーに同行したアーテリアの西村さんはブログで700SLの印象を優雅な女性と書いていた

ドブレの工場で見かけた700SL(750GH)のパーツ

resize1158.jpg
700SL(750GH)の下半身部分を発見・・・よく見るとホーロー(エナメル)!!

resize1159.jpg
700SL(750GH)の二次燃焼噴出しパーツ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ベルギーの郊外の一戸建ての様子をレポートしています
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ベルギーの住宅の暖房について、煙突からみる考察
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
resize1252.jpg
ディズニー30周年特別塗装の機体

resize1251.jpg
誘導灯と離陸の瞬間(滑走路の正面から)

resize1253.jpg
飛び上がった直後

土曜日の午前中に京都で煙突掃除の予定が入っているので、それに合わせて関西入りしている。車で来ているので、撮影ポイントに簡単にアクセスできて迫力のある写真が撮れた。

以下の日時に時間が取れるので、関西エリアで私と会える方がいらしたら、連絡下さい。この機会にお会いできたらうれしいです。現場確認、コンサルなど「わざわざ関東から呼んでまでは悪い」と考えている方は、今回は別件の「ついで」ですので遠慮は不要です。

18日(木)の夜
19日(金)の午後以降、夕方から夜
20日(土)の午後

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
一般的に日本で私がみかけるような鉄工所とか町工場などは、雑然と部品が散乱してたり、失敗作が、そこらへんに放置されていたりで、けっこう汚い印象を受けることが多い。

ドブレの薪ストーブ工場は非常に綺麗だ。床面にはゴミ一つ落ちていないし、整理整頓がいきとどいている。精度の高い、品質の良い薪ストーブを生産するためには、こういう環境が重要なのだろう。

resize1148.jpg
溶鉱炉付近も非常に綺麗だ。高品質と安全性を追求するとこうなるのだろう。

resize1145.jpg
清掃道具、工具なども整理整頓が行き届いている

resize1149.jpg
ドブレのロゴが入った作業着で誇りを持って働いているのが解る

resize1146.jpg
休憩所

resize1147.jpg
従業員もフレンドリーで、挨拶と笑顔が飛び交う

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize1135.jpg
出荷を待つ暖炉(私と群馬の薪ストーブ屋さん)

resize1136.jpg
出荷を待つ薪ストーブ

resize1139.jpg
製品搬出口(ここから全世界へ向けて出荷される)

resize1138.jpg
カッコ良いドブレトラック

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize1132.jpg
暖炉の組み立てライン

resize1130.jpg
暖炉組み立て作業

resize1131.jpg
薪ストーブ組み立て最終工程(ガラス取り付け)

resize1134.jpg
取り扱い説明書もこの段階で入れる

resize1133.jpg
木枠を作り梱包作業に入る

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
一般公開している記事より、さらに突っ込んだ内容です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
塗装作業も機械と人の作業を適材適所で使い分けて合理的な作業をしている。

resize1127.jpg
機械で自動塗装されて出てきた640CB/760CBの天板部分

resize1125.jpg
塗装ブースで塗装待ちの暖炉と薪ストーブ

resize1126.jpg
お昼休み中でこのラインでの塗装作業は見られなかった

resize1128.jpg
ホーロー(エナメル)の塗装作業

resize1129.jpg
薪ストーブの底の部分・・・前のラインで塗装漏れがあった場合には補修スプレーで丁寧にフォローしているようだ






ブログ村ランキング:オリジナルバナー
ドブレ社では一種類だけの薪ストーブを作っているわけではない。自社ブランド、他社OEMブランドと何十、何百という機種を作っている。そして一つの機種あたり数十点というパーツから構成されている。それを掛け合わせると、数千種類の部品の在庫があるということになる。

これを適当に置いてしまったら収拾がつかなくなることは容易に想像できる。

resize1121.jpg
積み上げられた薪ストーブや暖炉の鋳物パーツ

resize1122.jpg
フォークリフトで積み上げていく

resize1123.jpg
きちんと部品ごとにコンテナに入れて、そのコンテナにラベルをつけてバーコードでコンピューター管理されている。数量は人間が見ても判るように、マーカーで追記されていてアナログ、デジタルの両面を活用していることが理解できる。

resize1124.jpg
フォークリフトにオンボードコンピューターが搭載されていて、在庫がどこにあるのか判るようになっている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize1114.jpg
溶かした鉄を鋳型に流し込むところ

resize1115.jpg
鋳型に流し込まれ赤くなっているのが見える

resize1116.jpg
このベルトコンベアー内のラインで適切な温度管理で冷やしていく。

resize1117.jpg
冷やされて出てきた部品

resize1118.jpg
同じパーツごとにコンテナに入れていく

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

一般公開している記事より、さらに突っ込んだ内容です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鋳型に溶けた鉄を流し込んでパーツ薪ストーブのパーツを作るわけだ。この鋳型はどうって作るのだろう。鋳型の原材料はきめ細かな砂だ。この砂をプレス機で圧力を加えて固めて作っていた。

resize1105.jpg
鋳型の原材料の砂置き場

resize1104.jpg
鋳型を作る機械

resize1103.jpg
鋳型でできたところ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

鋳物用に鉄を溶かしたら、いきなり鋳型に流し込みたくなるけど、ドブレ社では違った。

溶かした液体からサンプルを取って冷やして固めてから研磨して、成分分析機にかけて、元素を精密に測定していた。そこで鉄以外の微量元素の比率を計測して、製品基準を満たしているかどうかを判定しているのだ。もし基準を満たしていなかったら、再度配合を変えて溶鉱炉で作り直ししているそうだ。

resize1101.jpg
成分分析機

resize1099.jpg
微量元素の成分比率を記録している

resize1100.jpg
記録だけでなく、ロットごとにサンプルも保管している

測定している微量元素は多紀に渡り、炭素、珪素、マンガン、リン、イオウ、ニッケル、アルミニウム、銅、鉛、マグネシウムの10種類の元素を1000分の1パーセント0.001%単位で計測して記録していた。

ドブレの鋳物は精度も品質も素晴らしいが、このように厳密な品質管理の元に作られているからと、工場を見学させてもらって、良く解った。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
いよいよ溶鉱炉の建物内部に入っていく。外の素材置き場からいきなり中に入ったので目が慣れずにちょっと薄暗い感じがした。鉄を溶かしているところをすぐに見られると思ってワクワクしていたら、入り口付近のパレットに粉末のパッケージが山積みされていた。このパレットの裏には溶かした鉄が赤く見えている。

resize1098.jpg

「溶鉱炉見学なのにいきなり薪ストーブ炉内のバーミキュライト生産用の原材料?」と思って、質問した。そしたら「鋳物の原材料を溶かす容器まで溶けないようにするための断熱材」ということだった。それで納得した。

resize1097.jpg
この断熱材で容器を熱から守っている

resize1096.jpg
溶鉱炉で溶かした鉄を容器に移し替えているところ

運転席が完全防備の重厚で巨大なフォークリフトで搬送用の容器を持って、溶鉱炉から出てきた液体の鉄を受け止めているところ。火花が飛び散って、すごい迫力でさすがにおっかなくて近寄れなかった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

一般公開しているドブレの工場見学の記事より、さらに突っ込んだ内容です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鋳物の薪ストーブは鉄を溶かして鋳型に流して冷やして固めて作るわけだけど、製品になった綺麗な鋳物の薪ストーブの原材料はどんなものだか考えたことがあるだろうか?

先月訪問したベルギーのドブレ社での薪ストーブ製造の様子を順番にこれからレポートしよう。

resize1094.jpg
ドブレ社の原材料搬入口と溶鉱炉の建物

あなたの使っているドブレの薪ストーブは、まさにここから生産されたものなのだ。

まずは工場の入り口部分から。鋳物用の鉄は鉄鉱石から作るわけではなく、古い機械部品、鉄の塊、コークス(石炭を蒸し焼きにしたもの)をバランス良く混ぜ合わせてガス炉で溶かして作るのだ。

resize1091.jpg
薪ストーブの原材料(リサイクルの機械部品など/鉄の塊/コークス)

resize1090.jpg
機械部品など

resize1093.jpg
鉄の塊

resize1092.jpg
コークス

全て新しい鉄を使うのではないところにまずは驚かされた。そしてよく考えると、リサイクル性、環境の観点からは、使える素材を再利用して製品化されていることになっている。さらに、品質の面からも新しい鉄からだけだと製品の素材元素が鉄だけになってしまうが、古い機械部品などを混ぜていることで、この後の記事で紹介するが、炭素、珪素、マンガン、銅、ニッケル、マグネシウムなどの微量元素が理想的な割合で配合されて耐久性や特性が向上するという合理性も兼ね備えているわけだ。

resize1089.jpg
このデジタルの計量はかりで計測して一度に約20トンづつ(薪ストーブ100台分くらいの素材量)炉に入れていく

resize1088.jpg
この建物の中が鉄を溶かす炉になっている

ブログ村ランキング:オリジナルバナー