春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、明治のビンテージ薪が発掘された現場で、昭和40年代に作られたという炭も出てきた。この農家の敷地が昔は雑木林で開拓した時に伐採した広葉樹で作ったそうだ。このパックの中全部そうだ。倉庫の藁袋に入っていたのを、とりあえず、まとめたそうだ。一パックで300キロくらいだろう。それが7パックなので全部で約2トンほど。廃棄処分はもったいないので、おねだりしたらダンプカーで自宅まで運んでもらえた。

パックの中、全部、昭和の炭

叩くとカラカラと高い音がする。備長炭のような音だった。

炭と言えば今はBBQなどで使うのが一般的だけど、薪ストーブで焚くのもありだ。薪と違ってなかなか火がつかないので焚きつけには一工夫必要だ。着火剤を使うか、炭の上で薪を焚いて火をつけるなどしてやれば良い。

昨日はドブレ700SLで明治のビンテージ薪を焚いたので、今日はネスターマチンS33で昭和のビンテージ炭を焚いてみた。ネスターマーチンは薪を焚くAポジションと、石炭を焚くBポジションの空気の流れの切り替えレバーがあるので、炭100パーセントで焚く場合にはBポジションの方がスムーズだ。今回は着火剤を炭の中央部分に置いて火をつけてみたら、無事に燃えてくれた。ある程度、火が回ったらAポジションに戻した方が火持ちが良さそうなので、戻して炉内の様子を撮影してみた。宝石のような輝きで、非常に長持ちする良い炭だった。

ネスターマーチンS33

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
回収してきたビンテージ薪を試しに焚いてみた。乾燥期間約100年のものだ。

凄い!あっという間に炎が回って、煙もほとんど出ない!そして妖艶な青白い炎で燃えてくれた。

ビンテージ薪をくべる

炎が全体にすぐ回る

妖艶な青い炎を上げて燃える

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
春から秋あたりに伐採した水分量の多いものを、たった数ヶ月の乾燥でひと夏越して、その年の冬に焚いてしまっている人もけっこういるのだと思う。これだと薪の中の水分量が多くて、焚くと気化熱で炉内の温度を奪ってなかなか温度が上がらないし、煙や煤が大量発生する。薪ストーブのガラスが黒く煤けるのはたいてい、こういう薪を使っているからだ。

現実的には冬に伐採したものを、薪割りして1年置いて来年の冬に焚くというケースが通常の薪ストーブユーザーのサイクルだろう。その年薪ストーブで焚いてなくなった分を補充するかのごとく、薪作りしていけば、ほぼ問題ないレベルの薪を使うことができる。

理想的には冬に伐採したものを2年乾燥させた薪だ。たまに薪ストーブユーザーのブログで、この2年乾燥物をビンテージ薪なんて言っているのを見かけるけど、この程度のレベルでは、まだまだビンテージとは言わない。樫などは、たとえ2年乾燥させても焚くと木口からシューと水蒸気が噴出してくることさえあるくらいだ。

本物のビンテージ薪というのは、30年40年の長期保管されて発掘されたものを言う。今回、農家の倉庫の解体工事にともなって、明治時代に作られたという貴重なビンテージ薪が発見されて、一報をもらった。

解体中の倉庫から出てきたビンテージ薪

かなり大量にあるが、もう半分くらい処分されてしまった

可能な限り回収してきた

早速、現場にかけつけた。放っておいたら、そのまま廃棄処分となってしまうので、可能な限り回収してきた。当時の煮炊きや風呂釜に使われたであろう細めの針葉樹が中心だけど、これは薪ストーブでも、焚きつけやパワーを瞬発的に上げたい料理に使うには最適なのだ。

今シーズンは、このビンテージ薪をネスターマーチンでガンガン焚いてみたい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブの周囲に子供が近づけないようにするための商品として組み立て式の金属製のハースゲートがある。DIYの得意な人なら木工で自作も楽しいと思う。

ハースゲートにかぶりつきの子供

ハースゲートの必要性の有無は、子供の年齢によると思う。幼稚園くらいになれば危険性も自分で判断できるようになるので、なくても大丈夫だけど、ハイハイとかで動き出す年齢の場合には絶対にあった方が良いと思う。

今年、薪ストーブを設置して、今シーズン初めて使い出すユーザーのところで、今日は実際に火を入れての取り扱い説明に行ってきた。その家の子供がハースゲートにかぶりつきで、薪ストーブの炎に見入っていた。最近ではキッチンもIHクッキングヒーター、暖房もエアコンで家の中に炎がなくなって、炎を見たことがない子供が増えている中、こうして小さな時から家庭に本物の炎があるのは幸せなことだと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
今日は千葉県富里市のハウスメーカー主催のオーガニック(無農薬)フェスティバルの一角で、薪ストーブ体験イベントを行った。

薪ストーブをテントの中に設置して焚いて、ピザを焼いて、スープ作って、お客さんにふるまった。写真をたくさん撮ってアルバムにした。

テント内に仮設で薪ストーブを設置するわけだけど、2メートルしかない短い煙突でのドラフトの弱さ、燃焼の悪さの実験にもなったりしている。その分、通常より空気を送り込んでガンガン焚かないと不完全燃焼してしまうのだ。薪ストーブの良好な燃焼のためにはある程度の煙突の長さが必要だということも実感できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

「急に薪ストーブが燃えなくなってしまった」「室内に煙が漏れてきて目が痛くなった」ということでのSOSが入ったので行ってきた。

パッと見た遠目の感じでは判らないけど、トップの中が完全に鳥の巣になっていた。これは見事!この形状のトップだと鳥さんにとっては居心地の良い巣箱みたいに見えるのだろう。

ちなみにメトスのS3トップは絶対に鳥の巣になったり、鳥の侵入が発生しない形状だ。二重断熱煙突の性能、コネクター部分の精度の良さなどはもちろんのこと、こういうところにまで配慮されている非常に優れた製品だと思う。意外と知られていないけど国産の煙突が品質はベストだと思う。日本の高温多湿、梅雨の雨などを前提に開発設計されて、美しい職人技で作られている。海外製のと横に並べて比較してみれば、誰でもその違いは認めざるを得ないだろう。(トコナメの煙突も英国製から、メトスと同じ国産に切り替えられた)

遠くから見たところ

アップにするとこんな感じ

トップを外したら、完全に鳥の巣になっていた

煙突掃除、自分でできる人はこういうブラシのキットを購入しよう。「いきなり最初から自分でやる自信がない」という人には指導しながら手取り足取りやるので、次からは自信を持ってできるようになると思う。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪を運ぶ親子

最高級の樫の2年乾燥薪

今シーズン用の薪の配達に行ってきた。完全に屋根のかかっていて雨の当たらないウッドデッキの下に薪を収納できるようになっていて、有効にスペースを活用できるようになっていた。お父さんと一緒に小さな女の子が一生懸命、薪を運ぶのを手伝おうとしていたのが可愛かった。

このお父さん、しっかりログキャリーを持っていて、活用していた。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー
個人的には含水率計は不要だと思う。見て色やヒビを観察したり、手に持って触ってみれば、だいたい判るからだ。

含水率計

生木の時には40パーセント程度の原木でも、1-2年日当たりと風通しの良い場所で乾燥させれば、焚くのに問題ないレベルの15パーセント以下になる。それでも樹種(得に樫)によったり、日当たりや風通しが悪い場所だったり、薪棚の地面に近いところなどの場合2年乾燥させても乾燥イマイチのこともある。

生木の時は含水率40パーセント

慣れてくると、そういうことを総合的に判断して、使える薪かどうか感じることができるようになる。

しかし、初心者のうちは測定器に頼ることもあるだろう。よく含水率計を使って何パーセントとかいう記事を見るけれども、正しく使っている人はあまりいないような気がする。いきなり対象の薪に挿しても正しい値にはならない。表面の一番乾いたところを計測しても何の意味もないのだ。測定する薪を一度真ん中で割って、その中心部分を計測しないと正しい値を示さないのだ。そのことを知っている人はどれだけいるのだろうか?いきなり薪棚から薪を取り出して、割らずに測定して「何パーセントだった」と言っている人がとても多い。

それから、割って中心部分を計測したとしても、もう一つの別の落とし穴がある。この測定器は電気抵抗を測っているので電極の当て具合、挿し具合で数字が全然違うのだ。きっちりと電極を挿さないと、いくらでも低い数字になってしまう。当て具合で自分が出したい数字に好きなように調整することさえ可能なのだ。電極の奥まで挿して、最も高い数字になった時が本当の値だ。しかし、このようにしっかり電極を挿すのは現実には難しい。適当に軽く挿して低めの数字を出して、本当の値でない数字で満足している人が多いと思う。

下の二枚の写真は同じ薪で、電極の挿し方でこれだけ値が違うという実例だ。

本当は20パーセント程度の含水率

電極の当て方でいくらでも低い数字を出せる

そんなことをするくらいなら、この測定器を使わなくても良い。手で持って触れた人間の直感の方が当てになるような気がする。持っても判らない人でも、、焚いてシューっと水蒸気が出るようであれば乾燥不足と一発で判る。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブとダッチオーブンはとても相性が良い。よくあるイメージ通りにワイルドに熾き火の炉内に投入するのもありだけど、もっと気軽に簡単に普通に天板の上に置いて調理することも可能だ。

薪ストーブを使わないオフシーズンには、普通にガスコンロやIHヒーターでも使えるし、キャンプやバーベキューの時にも活用できる。このように1年を通じてずっと使える。冬場しか使わないのはもったいない。まだ持ってない人は、ぜひともゲットしてフル活用しよう。

どうせ買うならば、国産の南部鉄器のものがお勧めだ。蓋の接合部の精度が高くて、しっかりと内部に圧力がかかるようになっている。このブログのサイドバーに紹介しているものは「高さが足りない?」と思うかもしれないけど、その分熱が蓋の方にも回って、内部の素材にしっかり均一に伝わり美味しくできる。実はこのくらいの高さでたいていの素材は入ってしまうし、使っていて不自由を感じたことはない。

そんなダッチオーブン料理のイチオシはこれだ。素材はなんと、白菜と豚肉だけ。これらを交互に地層のように重ねていき、適当に塩コショウで下ごしらえ。それだけ。水を入れる必要はない。後は薪ストーブの上に乗せておけば素材の水分とダッチオーブンが勝手に料理してくれる。素材の味が絶妙なハーモニーを奏でる。

蓋を開けるとこんな感じ
蓋を開ける時に水蒸気でヤケドをしないように手袋をしよう

水は入れてないのに素材の水分で蒸し焼きになる
素材の水分だけで美味しく仕上がる

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブ料理の定番と言えばピザだけど、生地を用意するのがちょっと面倒な時もある。そんな時でも、手軽に簡単に作れる、美味しい薪ストーブ料理の紹介をしよう。

材料は食パンと、ハム、チーズだけでも良い。好みによっては、タマネギやピーマンを刻んでプラスすれば、なお美味しくいただける。

今回紹介した材料だけでなく、昨晩の残りのカレーを入れればカレーパンになるし、工夫次第で色んなホットサンドができる。

作り方は超簡単!材料をはさんで食パンでサンドイッチ。熾き火の炉内に五徳を敷いて、その上に置くだけだ。薪ストーブで作る場合には熾き火の火力次第なので「何分でできる」とは言えないけど、何回か作るうちに感覚ですぐに解るようになるだろう。

ガンガン炎が入ってフル稼働している真冬よりも、点いたり消えたり、そして熾き火が残る今の時期にこそ最適な料理だ。よくあるヤキイモやピザとは一味違う、ちょっとユニークで簡単で美味しい薪ストーブ料理にチャレンジしてみよう。

材料をパンに乗せて

もう一枚のパンを乗せる

熾き火の中へ投入

天板の温度が高くなる機種ならば天板でも時間をかければ焼ける

裏表数分ずつ焼くだけ

とっても美味しいホットサンドの出来上がり


色々なホットサンドメーカーがあるけど、南部鉄器のこの商品がお勧め。取っ手の部分まで全部、金属なので溶けたり壊れたりすることなく、ずっと長く使える。薪ストーブが稼動する冬場だけでなく、キャンプやバーベキューなどの行楽シーズンにも使えるし1年を通して活用できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
細かい焚きつけ用の細薪を用意すればマッチやライターだけで薪ストーブの点火もできる。そういう細薪を作るのに斧やナタを使ったり、割り箸を用意したりという手間はかかるけど、細い薪から火を点けると火の扱いが上手になる。そういう意味で、太い薪しかない場合でも、なるべく自分で割って細薪を作るのが本当はお勧めだ。

人間、手を抜き始めるとどこまででも抜くことができる。薪ストーブユーザーも自分で焚きつけ用の細薪を用意しなくても着火材とか、ガスバーナーとかを利用すれば強引に太い薪に点火することもできる。しかし、こういう道具や材料に頼った焚きつけ方法に慣れてしまうと繊細に木を組んで燃やすテクニックを習熟できないし、何より、それらがない時にマトモに点火できないことになる。煙を燻らせていつまで経っても火がつけられないのは、かなり恥ずかしいことだと思う。日常生活では容易に入手できる着火材やバーナーも災害時には入手できるとは限らない。

ガスバーナーでの強引な焚きつけ

それでも何とか火はつくけど・・・

薪ストーブの使い方には正解も決まりもないから、やり方は自由だけど、バーナーや着火材が入手できない時でも、道具や材料なしにサッと火をつけられる方が絶対にカッコ良い!

薪ストーブの点火で細い焚きつけ材からだけマッチ一本で点火できるようになると、災害時だけでなく、普段のキャンプとかBBQの時とかも役立つ。我が家でも、妻や子供でも薪ストーブの点火で慣れているので、他のお父さんや友達が火を点けられないで煙モクモク状態になっている中を、サッとつけられたという話を聞く。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
本日、アース・リーの香取本店で薪ストーブの体験イベントを行った。ドブレ640CBに薪をセットして、ご来場いただいた、これから薪ストーブを導入するお客様にチャッカマンで火をつけてもらった。

上から着火方式で点火

スムーズに炎が立ち上がっている

太い薪を下に置いて、その上に中くらい、さらに上に細い薪を積んでいき、最上段は蕎麦屋でもらってきた廃棄処分の割り箸を焚きつけにしてピラミッド状にして、あらかじめ組んでおく。それで、上から着火方式を試してもらった。この方法だと炎の上に遮る余計なものがないので、煙も少なくスムーズに火がついてくれる。

よくある下に細い薪を敷いて、その上に中くらい、上に太い薪とやると、炎の上に余計な障害物があってスムーズに炎が立ち上がってくれないので煙が発生しやすい。

下から火をつけて上に燃え移るのしか知らない人にとっては、この上から着火方式は目からウロコだけど、実際に試してみると合理的なことが解ると思う。だんだん下の太い薪に炎が燃え移っていく。それまで追加で薪を投入しないで、しばらく放置できて、手間がかからないメリットもある。一度、騙されたと思ってやってみてはどうだろうか?

「キャンプファイヤーや屋外での焚き火では、このように上からつける」ということで、昔ボーイスカウトをやっていた友人に、私が下から点火していた頃に教えてもらった方法だ。その時以来、もう何年も前からこの上からのやり方で私はやっているけど、最近、少しづつ日本でも流行ってきた。海外でもこの方法が主流のようだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
薪ストーブシーズンに入って「薪ストーブを焚いた」という記事があちこちのブログで見られる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

2009年に場所だけ確保しておいたブログですが、最近のヤフーブログの広告強制表示にともなうレイアウト変更もあって、こちらのFC2ブログへボチボチ移行しようかと考えている今日この頃です。まだこちらのブログの使いこなしには慣れてないので、ほとんどデフォルト状態です。少しづつ楽しみながら色々いじっていきたいと思っています。

あ、私だって、もちろん、既に薪ストーブ焚いていますよ。お気に入りのドブレ700SLで青いオーロラ炎を堪能しています。

ドブレ700SLのオーロラのような青い炎

ブログ村ランキング:オリジナルバナー