FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
上棟後の、このタイミングでチムニー作成の進捗状況の連絡を工務店さんからもらった。

先日、現場を見に行った時には、まだ更地の状態だったので、かなり景色が変わって、実感が出てきた。

resize3351_201808072013596fc.jpg
骨組みを作って養生してある状態

resize3350_20180807201356db7.jpg
地上から見た様子

チムニーの外壁施工、煙突固定用の木下地造作、チムニー内壁のケイカル施工が終わったら、連絡をしてもらうように依頼しておいた。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

立て続けに古民家リフォームの案件が舞い込んできている。

先祖代々、農家をしていた家族が住んでいる築80年くらいの建物の間取りを変更するだけでなく、「耐震補強」「サッシ交換」「基礎工事のやりなおし」という大規模なリフォームを計画していて、さらにそこに「薪ストーブもつけたい」という案件。

全体の予算もあるので、バランスや配分も考える必要がある。

この現場だと、三か所くらい薪ストーブを設置する候補の場所があったけど、スケルトン状態にして建物の構造が、見えないと最終的な結論が出ない。薪ストーブを設置したい場所の真上には、梁や桁などの建物の主要構造部分がある可能性が高く、安易に決められない。

resize3344_20180802214029fd3.jpg
この建物に薪ストーブをつける予定

resize3346_201808022141039f0.jpg
既に薪も、十分に用意されていて、薪ストーブをやる準備もバッチリだ

resize3345_20180802214059e89.jpg
これから薪を作るために原木もたまっていた

薪ストーブ導入前にこれだけ薪が溜まっていれば、安心だ。

私のブログをだいぶ前から読み込んでくれているのが、話していて、良く解った。技術系のお仕事をされていて、物事の原理原則をちゃんと認識しているお客様なので、できること、できないことの理由を説明すれば、すぐに飲み込んでくれるので、話しが早かった。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

都内在住で、千葉に別荘用の古民家を買って、薪ストーブをつけたいという話があった。

最初は来店される予定だったけど、話を聞くと、既に土地建物を取得済みということだった。現場を見た方がイメージも湧くし、具体的な話ができるので、出向いてきた。

内装壁を全部取っ払って、間取り変更、水回りも大幅変更の大規模リフォームの予定だそうだ。この後、スケルトン状態になって建物の構造がはっきり見えてから、薪ストーブの設置位置を確定することにして、現時点では大きな方向性だけ打ち合わせしてきた。可能であれば煙突は真っすぐに立ち上げたいので、わざわざ曲がる可能性のある位置に最初から決める必要はない。

DSC_7459_00001.jpg
薪ストーブの設置希望の位置の真上に、下り棟が当たりそうな気配

ちなみにこの現場も、軽自動車がギリギリ入れる接道で、普通乗用車で来た施主さんは敷地内に車を乗り入れられなくて、家の前の道路に車を停めてから、歩いて敷地内に来ていた。現実的にこういう現場も珍しくないので、工事車両として軽自動車を検討したくなるのだ。人海戦術や、普通車と軽トラックなど装備に物を言わせて、現場付近の公道で積み替え&小運搬などすれば良いのだろうけど、一台で一人で行く作業となると、何が合理的かは身をもって体感している。ある程度の規模の企業と、個人事業主では、作戦も違ってくるということだ。

DSC_7460_00001.jpg
設置の希望位置は現在の押入れ周辺

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブ本舗のショールームに、新たに、薪とペレットのハイブリッドモデルのAKIMXの実機を展示した。

当面の間は、煙突には接続しないで火は入れないで置いておく。

DSC_7352_00001.jpg
入荷したAKIMIX

普通のストーブより背が高くて(845ミリ)横幅もかなりある(755ミリ)一方、奥行きが360ミリと、意外と少ないので、うっかり油断すると転倒させるリスクが高いので、搬入は、かなり大変だった。特に搬入経路のスロープ部分は勾配になっているので台車ごと転倒みたいな大惨事になる可能性もあるので、作業中は全く写真を撮る余裕はなかった。

DSC_7453_00001.jpg
無事にショールームに搬入してホっと一息ついたところ

DSC_7454_00001.jpg
Heta45Hとドブレ700SLの並びの左側に置いた

DSC_7455_00001.jpg
このショールームに展示できる最後の一台分の空きのスペースにAKIMIXが納まった

DSC_7456_00001.jpg
カタログだけだとサイズ感、質感などのイメージが湧かないので実機に触れて体感してもらえるようになった

「燃料の薪集めを、将来に渡って自分でずっと継続するのがちょっと自信ない」という人でも、そうなったらペレットを購入すれば使い続けることができる。またストーブを導入したけど「初年度は薪集めできてない」というユーザーは、とりあえずペレットストーブとして使いながら、少しづつ薪集めをして(乾燥した)薪ができたら薪ストーブとして使うという流れもありだ。

薪ストーブとしても、ペレットストーブとしても、どちらも満足いく性能で使えて、自動着火や排気ファンなどを持たないシンプルな構造のため、(薪ストーブとしての使用は)停電時でも使えて、故障のリスクも少ない優れた製品で、お勧めできるモデルだ。

※ペレットストーブとして停電時に使う場合には、バックアップ用のバッテリー+インバーターの組み合わせで実現可能

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

これから新築で薪ストーブを導入したいという、夫婦が来店した。かなり色々と下調べしているようで、知識もしっかりあるし、他店も事前に見学して、それぞれの店でのお勧め内容で見積もりしてきて、最後に私のところへ来てくれたような感じだった。

一通り確認事項をお話させてもらった後に「実際に火が薪ストーブに火が入っているところを見たことがないので見てみたい」ということだった。単なる冷やかしのお客様だったら「また冬になったら来店して下さい」という感じでお断りするけれども、今回のお客様は、かなり前向きに導入したいという姿勢だったのを感じたし、具体的な機種の希望もあったので(今回はドブレ700SL)、実際にデモ機に火を入れた。

当店に限らず、ショールームのデモ機として、実際に火入れできる状態で置いてある機種が、その店のお勧めモデルであることは、どの店でも同じなのだろう。そういう意味でもデモ機の選定は重要だ。

ちなみに、かわはら薪ストーブ本舗では、近日中に、薪とペレットの兼用機(ハイブリッドモデル)のアキミックスの実機を展示予定だ。

DSC_7446_00001.jpg
エアコン&扇風機全開の中、火を入れた

DSC_7448_00001.jpg
いい感じで燃えてくれたけど、さすがに暑い!

一度燃えた薪は、途中で消すのも何だかなので基本的には、そのまま放置なのだけど、真夏の室内で薪ストーブを焚くとエアコンのパワーより強力で室内がどんどん暑くなるし、無駄に消費電力が増える。そこで、燃えている薪を屋外展示の薪ストーブへ移動することにした。

DSC_7450_00001.jpg
お客様が帰った後には、700SLで燃えている薪を取り出して、屋外設置しているセガン「サファイヤ」の炉内へ投入

ちなみに、このセガン「サファイヤ」はドブレ640CBと同じ性能を持つOEMモデルだ。外装デザインが、オシャレで女性っぽい雰囲気となっているだけで、内部は全く同一だ。

700SLと、ベストセラーの640CBを比較したい人もいるので、実演機として展示してある。何よりも炉内のサイズ、形状などはカタログを見ただけでは判らないので、こうして実機を確認することによって、理解できることがある。

DSC_7449_00001.jpg
ここで燃え尽きさせる

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村