FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「自分で煙突掃除したいけど、できないからなんとかしたい」という相談を受けた。私が薪ストーブ設置の時に相談を受けていれば、最初からこのプランを提案したのだけど、施主さんが希望する薪ストーブ本体を私が取り扱っていないと思って、他店に依頼したそうだ。

ちなみに私は、どのメーカーの、どの薪ストーブでもお客様の希望があれば取り寄せる。一次店として自分が直接取引しているメーカーだけでなくてもOKだ。つきあいのある他メーカーの一次店をしている薪ストーブ屋さんから、二次店として全メーカーを仕入れられるので、具体的な希望がある場合には、それを伝えて欲しい。可能な限り手を尽くす。

施工する地域に関しても、日本全国どこでも対応しているので、地元の薪ストーブ屋さんで納得いくプランを提案してもらえない場合には、相談して欲しい。これまでも関東はもちろんのこと、北海道、東北地方、北陸地方、関西、中国地方、四国、九州と日本各地で設置工事して、ご満足いただいている。特に遠方での施工の場合には、ユーザー自ら煙突掃除ができるように、特にメンテナンス性に配慮した設計にしている。

DSC_6061.jpg
勾配のきつい屋根に、フラッシング施工で、トップへのアクセスしての煙突掃除がとても困難な煙突だった

DSC_6067_20191004171935f98.jpg
煙突掃除をする度に、このように足場を組むのは現実的ではない

最近ではドイルで回転式のブラシで室内側から煙突掃除できる便利なツールも出てきたけど、必ずしも全ての環境で、快適に使えるわけではない。薪ストーブ本体の構造に依存する面も大きい。扉のところから、素直にロッドが通るバッフル板が外せる機種でないと厳しいものがある。できないことはないけど、煙突を取り外すのが困難なメンテナンス性を無視した施工だったりするケースも多い。仮に煙突が取り外せても煤がついた煙突を取り外すだけで室内が汚れるのに、そこへ下からブラシを無j造作に突っ込むと無視できない量の煤が飛散する。また、煙突トップの形状によっては金網を破壊してしまうこともある。

この現場は、200キロある薪ストーブ本体を動かさないと煙突を取り外すのも困難な設置状況だった。スライド煙突が十分に縮まないのだ。なおかつバッフル板も簡単には取り外せない機種なので、室内側からブラシを入れるのは厳しい。そのため、煙突トップから煙突掃除する必要がある。にもかかわらず、このようにメンテナンス性を無視した設置状況は問題だ。

そこで、フラッシング煙突をやめて「かわはら式チムニー」を施工したいという依頼が入った。

DSC_6086.jpg
丸トップを撤去して、その高さに合わせてチムニーを作成した

DSC_6108.jpg
チムニーの柱にステンレスのボルトを通して、ステンレスの鎖を屋根に垂らして、それを使って登っていく「かわはら式チムニー」

これで足場がなくても鎖を伝って屋根を歩いていき、チムニーの上側に身体を預ければ、転落の危険を排除して、安心して煙突掃除ができる。煙突掃除は毎年のことなので、これが安心して自分で作業できるかどうかの違いは、極めて大きい。チムニーの作成のための工事費用がかかるけど、毎年業者に煙突掃除代金を払うことを考えたら、すぐに回収できる。

DSC_6109.jpg
無事に工事完了

これで、ユーザーが自分自身でも、安全に煙突トップにアクセスできるメンテナンス性を確保できた。

メンテナンス性の向上だけでなく、煙突そのものが冷たい外気に直接触れなくなるので、排気温度も高くドラフトも強くなり、より効率良い燃焼をするようになるし、煤の付着量も減るし、性能的にも向上する。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

他社で施工した案件で「煙突から水が垂れてきた」という相談を受けた。

本来であれば施工店で対応することなのだけど、連絡しても全く対応してくれないそうで、SOSが私のところに入った。とりあえず、呼ばれたら他店施工の物件でも、基本的には行くことにしている。色々勉強になるし、困っているユーザーさんを助けたいからだ。

水漏れ案件は、放置しておくと建物にダメージを与えてしまうので、早めに対応する必要がある。こういうトラブルの時に放置プレーっていうのも凄い勇気あることだと思う。新規でバンバン大量施工している店だと、アフターフォローなんかしている暇がないのだろう。1円にもならない、というか、むしろマイナスだから新規の設置工事をしていた方が良いという判断かもしれない。いくら繁盛している店でもネットで悪口(クチコミ)書かれちゃったら、マイナスになるから、クレームほど速攻対応すべきことだと私は思うけど、そんな心配をする必要がないくらい新規の案件を大量施工しているのだろう。

室内側に水が垂れてきた場合の対応としては、化粧板を取り外して煙突の貫通部分をよく観察しないと、雨漏れなのか、結露なのか判らないので、推測だけで、うっかりしたことは言えない。まずは、吹き抜け上部へアクセスするために二連梯子を室内にかける。室内に長尺物を入れるのは、けっこう大変で神経を遣う。内装にぶつけると簡単に傷ついてしまうからだ。

DSC_6069.jpg
水がしたたった痕跡がはっきりとついている煙突表面

DSC_6071.jpg
小屋裏の貫通部分にも水の痕跡が繋がっていた

垂木や、野地板、そして化粧板の裏に雨染みがあるかどうかが観察ポイントだ。あれば雨漏れだし、なければ結露の可能性が高い。ストームカラー部分からの雨漏れの場合には、野地板や垂木には染みがつかずに、煙突だけに痕跡がつくが、その場合にはもっと激しく漏れてくるはずだ。今回のケースは、現場の状況を総合的に考えて、結露と判断した。

外気温で冷やされたフラッシングが、室内側の温かく湿度の高い空気に触れて水滴がつくメカニズムだ。夏に冷たい飲み物を入れたグラスの表面に水滴がつくのと同じことだ。これを防ぐためには室内側(小屋裏)の暖気とフラッシングが触れないようにすれば良い。具体的にはフラッシング内部に断熱材を充填する対策を取る。

DSC_6072.jpg
セラミックスーパーウールを隙間なく、「これでもかっ」というくらい充填した

これで、今後は水滴が垂れてくることはなくなるだろう。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

長年、薪ストーブ屋をやっているが、初めて見た。西洋の鉄兜のデザインの煙突トップだ。普通の市販品の煙突トップより、遊び心があって面白い。

DSC_6055_00001.jpg
室内側からのブラシが先端まで出たところを撮影した

DSC_6056.jpg
念入りに養生して作業した

10年くらい使用して初の煙突掃除とのことだったので、大量に煤が出ると覚悟して臨んだが、意外と少なくてびっくりした。

DSC_6058.jpg
新聞紙を炉内に敷いて煤を回収する

DSC_6057.jpg
丼一杯分程度のサラサラの煤で、上手に焚かれていたのが判る

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

夏に依頼を受けていた案件。「秋冬になって別荘に来た時に安心して薪ストーブを焚きたいから、それまでに煙突掃除しておいて。別荘の管理人さんに鍵を預けておくから、好きな時にいつでも」」ということだった。ようやく時間が取れたので行ってきた。

こういう案件の場合には、依頼内容は煙突掃除だけだから、ガスケットの補修や、触媒交換などパーツ交換や本体のメンテナンスなどの必要があった場合には、オーナーさんが不在なので勝手に作業するわけにはいかないので一度の訪問で完了せずに、再訪問しないとならない可能性もある。今回は、たまたま大きな問題もなく、軽い清掃で済んだので、ラッキーだった。

別荘でオーナーさんの不在時に煙突掃除を管理会社に頼むと、薪ストーブ本体のダメージやメンテなど細かいところまでチェックしないで、機械的に煙突掃除だけして終了になりがちだ。専門店に直接依頼して、来荘のタイミングでオーナーがいる時に煙突掃除をすることをお勧めする。

DSC_6020.jpg
しっかり養生してから作業に入る

DSC_6019.jpg
触媒カバーを取り外して内部を点検清掃した

DSC_6018.jpg
普通の便利屋さんだと、煙突掃除の依頼だと、ここまではやらないだろう

DSC_6021.jpg
煙突掃除完了

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店の看板が完成した。

これまでは、前のペレットストーブ屋さんの時の文字だけの看板をそのままにしていた。ペレットストーブ、ボイラーが主体だったけど、薪ストーブの文字も入っていたので、緊急性がないと判断して、ギリギリまで引き伸ばしていたのだ。

DSC_6029_00001.jpg
店の正面の看板は、私が撮影した炎の写真と"no fire, no life."のキャッチコピーのみでシンプルに

DSC_6040_00001.jpg
店の側面の看板は、かわはら薪ストーブ本舗が一次店として取り扱っているメーカーの商品写真と説明

DSC_6050_00001.jpg
固定したビスの上に、さらにフィルムを貼って、ビスの頭を見えなくする仕上げ作業

DSC_6051_00001.jpg
完成した店の看板

DSC_6053_00001.jpg
道路脇の鉄骨には暖炉の写真

今回の看板工事で、ようやく、当初予定していた、かわはら薪ストーブ本舗 北軽井沢店の改装工事が完了した。これまでの、改装工事のアルバムを作成した。改装前と比べると、見違えるように綺麗になったのが判ると思う。
https://photos.app.goo.gl/EqC4vKGkbUhsEg4d9

余裕が出たら、外壁の塗装も行いたい。そうすれば「くたびれた感」がだいぶなくなってくると思う。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村