春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
福島でキャンプの翌朝、山形へ向かった。煙突掃除とダンパー取り付けの依頼を受けていたので、このタイミングに合わせて東北ツアーを行った。
resize2268_20170918235605222.jpg
まずは煙突掃除。屋根が高くて、二連梯子が届かなかったので上るのに苦労した

resize2267_201709182356032ec.jpg
次にダンパー取り付けだけど、吹き抜けの上から全部バラさなないと煙突が外れないビックリ施工だったのでこの部分しかない

resize2266_20170918235601138.jpg
全閉状態

resize2265_20170918235600256.jpg
全開状態

resize2264.jpg
お土産に貴重な山形のお酒をいただいた

思ったより暖まらないということだったので、煤の量から焚く温度が低いことを指摘した。また、薪が太すぎるので、それも温度が上がらない主要因だろう。これからは腕くらい(500mlのペットボトルくらい)のサイズで作成するように伝えてきた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
resize2259_2017091823140568a.jpg
宴会の時は小雨だったのでタープの中でBBQと美味しいお酒を楽しめた

resize2263.jpg
ツマミも美味しかった

resize2258_201709182314031dc.jpg
Tipi(ティピ)の焚き火と花火を同時に楽しめてラッキー

resize2262.jpg
夕方、テントを設営

resize2260_20170918231414e92.jpg
明け方に通過した台風の影響の嵐で私のテントだけ倒壊した翌朝

「この中で良く寝てたなぁ」と翌朝テントから出て思った。台風の中のキャンプという貴重な経験ができた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
来月設置工事を予定している分なので、入荷させるのは直前でも良いのだけどバタつきたくないので、早めに発注した。

余裕を持って発注して確認すると破損なし、工事直前の前日入荷でスケジュール的にタイトな時だと、開梱してびっくりの破損とか、運送便の問題で入荷が遅れて間に合わないみたいなトラブルが発生しやすいのだ。

resize2236_20170915083211c84.jpg
輸送時の衝撃などで発生した傷や破損がないか、開梱して事前にチェックした

resize2237.jpg
問題ないことを確認してから、再び箱に入れてブルーシートで養生しておく

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
10年くらい使用して色々不具合が出てきたから点検して欲しいということで見に行ってきた。

とりあえずガスケットロープを交換して様子見。純正品の太さ、長さのものを取り寄せることにする。

resize2234_20170913120321909.jpg
パっと見た感じはアンコール

resize2235_20170913120320869.jpg
でも炉内を見るとCBのパイプがある

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
従来の薪置き場に隣接した土地を取得できたので、拡張した。コンクリート打設したので9月下旬には使えるようになる。

resize2232_20170912092527793.jpg

resize2231_20170912092525222.jpg

resize2230_20170912092524ef1.jpg

resize2229_20170912092520b3c.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー