春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
炉壁に引き続き、炉台の施工に移る。

resize1873_2017101712163069a.jpg
ケイカルの下地に吸水調整材&接着剤(ハイモルエマルジョン)を塗る

resize1872_201710171216284b3.jpg
タイルの配置の基準糸

resize1870_20171017121627eda.jpg
タイル貼用のモルタルを下地に塗る

resize1869_20171017121625759.jpg
タイルの裏面にも厚み調整をしつつ塗る

resize1864_201710171216229f8.jpg
水平を確認しながら圧着していく

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
先日、パテを塗って継ぎ目やビスの頭の処理をしておいた炉壁の下地の養生期間が取れたので、いよいよ珪藻土塗りの本番の作業だ。

resize1860_20171017104118f15.jpg
まずは下塗りで薄く塗っていく

resize1861.jpg
一度に厚く塗らないで薄く全体的に塗る

resize1862_2017101710412055a.jpg
下塗りの後に、上塗りをする

resize1863_20171017104122782.jpg
最後にコテ痕をつけて表面のデザインをつけて仕上げる

resize1874_20171017134043d96.jpg
養生を取って炉壁は完成

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
他府県の他店で薪ストーブ設置を考えている施主さんからセカンドオピニオンとして私に相談が来ることがある。自分が契約している設計事務所、工務店、薪ストーブ店の提案だけで納得できれば良いのだろうけど、こうしてブログで情報発信しているので、たまに私の意見を求められることがある。

自分のところで工事をするわけではないので、アドバイスしても私にとってのメリットはあまりないことの方が多い。アドバイスだけ無償で提供して、質問者は得るものだけ得たらそれで終わりで音沙汰なしになるというケースがほとんどだ。お礼を期待しているわけではないので、今回のように丁寧に報告とお礼の品が届くとびっくりする。きちんと、こういうことができる人は、素晴らしいと思う。

kami.png

IMG_1003kuro.jpg
経過報告をきちんとしてもらって、うれしかった

image2.jpeg

遠方でもアドバイスだけでなく、コンサルティングや設置工事も行っているので、遠慮なく依頼して欲しい。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
事前にサンプルでお客様に決めてもらったタイルが入荷した。輸送中の衝撃で破損していたり、色やサイズ違いがあると、工事できなくなるので、事前に開梱してチェックした。

「現場あるある」で、事前にチェックすると問題はなく、チェックしないで現場に持って行くと問題が発覚するというケースが多いのだ。

resize2400_20171013112336846.jpg
タイルのサイズは一辺が目地込みで300ミリ、タイルそのものは295ミリ

resize2401_20171013112338d92.jpg
念のため予定枚数より多めに発注しているけど、色やサイズ違いだと致命的なので開梱して確認する

resize2402_20171013112339b3e.jpg
炉壁に使う珪藻土と、タイルが揃ったので安心

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
普通は上棟して骨組みが見えて、野地板やチムニーの作成が済んだ時に現場打ち合わせをするケースが多いけど、この現場の場合には炉台の基礎もコンクリート打設するので、この段階で打ち合わせしてきた。

床下からの外気導入ダクトの埋設などもあるので配管ルートや炉台のコンクリートブロック基礎を積む位置、サイズなどを重点的に話してきた。(煙突固定金具の下地の位置の打ち合わせは上棟後に行う)

resize2397_201710131115450e1.jpg
薪ストーブ設置位置は建物の中心付近なので外壁から外気導入はできないので床下から確保する

resize2399_20171013111550ed5.jpg
基礎全景

resize2398_20171013111547881.jpg
この段階から十分な量の薪が、しっかりした薪棚に確保されているわけで、薪ストーブライフの成功は約束されている

ブログ村ランキング:オリジナルバナー