春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize0661_20170324164348fb0.jpg
屋根のポリカ波板を打ち付ける下地作成完了

resize0660_201703241643476c2.jpg
フォークリフトで波板を屋根と同じレベルまで持ち上げる

resize0659_20170324164347d9c.jpg
屋根を打ち付けていく

resize0654_20170324164341012.jpg
雨樋をつけて、外壁ポリカを打ち付ける下地まで完了

resize0655_20170324164346c88.jpg
収納を待つ、メッシュパレットボックス入りの薪

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
単純な「薪棚」の場合は、ここまでのピッチで間柱まで入れる必要はないけれども、現在作成中のものは「薪小屋」なので外壁のポリカ波板を打ち付ける下地の垂木を打ち付けるための間柱も必要になってくる。中途半端に作ると、強風や地震で破損するので、必要十分な強度を確保するために、しっかりと本格的な作りになっている。

resize0643_20170323135421f12.jpg
筋交いや火打ちを要所に入れて構造全体としての強度を確保

四角形だけの構造だと、地震の際に左右方向に振られた時に、平行四辺形にひしゃげて潰れて倒壊してしまうので、筋交いや火打ちを入れて補強している。

かわはら薪ストーブ本舗では、依頼があれば薪ストーブ設置工事だけでなく、このような本格的な薪小屋や薪棚も作成する。もし、近所でやってくれるところが見つからない場合には、相談に乗る。薪ストーブ店ならではのノウハウを投入して、ユーザー固有の環境や条件に合わせてカスタマイズした、使い勝手の良い、理想的なものを提案する。



resize0641_20170323135420163.jpg
収納予定のメッシュパレットボックスと薪小屋

resize0642_20170323135420dbc.jpg
薪置き場の全景

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
理想の薪小屋の製作中。骨組みが完成して、全体像が見えてきた。

resize0637_20170322123832bf0.jpg
柱を立てたところ

resize0639_20170322123834be6.jpg
フォークリフト&メッシュボックスパレットで高さを稼いで、巨大な桁を持ち上げて柱と合体させる

今回作成中の薪小屋はフォークリフトででメッシュボックスパレットを積み込むため、開口面積が大きい。そのため、長いスパンを柱の支えなしに一本の木材で飛ばすために太くて巨大な重い桁を使用することになった。

こういう工事の場合には、クレーンで材料を吊ってはめ込むやり方が一般的だけど、3本だけを持ち上げるためだけに手配するのも合理的ではない。手持ちの機材でやれることをやることにした。先日購入した電動フォークリフトで持ち上げられるのはGLから3000ミリだ。今回の現場だとGLのレベルが建物の基礎より大幅に低いし、柱より高く梁を持ち上げないとハメ込めないので、メッシュボックスパレットを組み立てて、その上に梁を載せて嵩上げして、持ち上げる作戦を取った。

プレカットで事前に材料に組み込まれた金具同士を接合させていき、ピンで固定なので、巨大なプラモデルを組み立てているようなイメージで、サクサクと素早く進んでいく。薪ストーブ設置工事の時には骨組みが完成した現場に行くことになるので、スケルトン状態を見るのはけっこうあるけど、組み立てているところをリアルタイムで見ることは滅多にないので、勉強になった。

resize0638_20170322123833c83.jpg
骨組みが完成して、全体のボリュームが感じられるようになった

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
メッシュボックスパレットに詰め込んだ薪を、どう保管して乾燥させるのかを考えた。

簡易的にテキトーな波板を上に載せておくとか、最上段に屋根ユニットでカバーするとかの方法あるけど、今回はこれまでの経験とノウハウを結集した、自分の考える理想の薪小屋を作ってみることにした。

きちんとした小屋を建てて、屋根だけでなく壁面まで全ての面をポリカの波板で覆って、温室状態にして乾燥させようという作戦だ。強風が吹いても全く雨が当たらないのは言うまでもないが、内部が高温になるので、水分が蒸発しやすくなるし、殺虫効果も期待できる。この小屋にメッシュボックスパレットに詰めた薪を、フォークリフトで出し入れすれば、簡単に上下段の入れ替えなども行えるので、乾燥ムラも解消できる。(一般的に地面に近い薪は乾燥イマイチな傾向になる)

resize0628_20170320083935e03.jpg
薪小屋の材料が到着

resize0629_201703200839354e3.jpg
クレーンで降ろしていく

resize0627_201703200839345b8.jpg

resize0626_2017032008393092f.jpg
プレカットで工場であらかじめ刻んであるので、現場では組み立てるだけで強度も精度もしっかり出る

resize0625_2017032008392881a.jpg
邸宅ではなく小屋なんだけど・・・

ブログ村ランキング:オリジナルバナー
春の三連休も終わり、次の大型連休はGWなので、「どうしようか?」と検討している人も出てくるだろう。これからスケジュール調整しようと思っているので、興味のある人はコメントして欲しい。

今度のGWに、かわはら薪ストーブ本舗では初企画の二日間通しのイベントを行おうと考えている。概要は以下の通り。初日だけの参加もありだし、二日目だけの参加もありだし、両日とものフルコースでも、もちろんOK。

【5月3日 憲法記念日】 薪集め(玉切り&薪割り&積み込み) & 宴会 &宿泊 (午前9時集合、昼食、夕食、翌朝の朝食付き)
【5月4日 みどりの日】 炉壁作りのための珪藻土の壁塗り体験 (午前9時集合 11時終了)



■初日の詳細■

先日、かわはら薪ストーブ本舗のストックヤードに入荷済したフレッシュな原木を、参加メンバーが持参したチェーンソーで玉切り、斧で薪割りして、一人あたり軽トラ一杯分程度をみんなで積み込んで、持ち帰れるようにする。

resize0618_20170318123744109.jpg
今回入荷した原木

resize0617_201703181237436ba.jpg
最大直径が30センチ程度の広葉樹中心

食事に関しては、お昼は焼きそば、夕食はスパイスから作成する本格カレーまたはBBQ(参加者の多数決)と、厳選したお勧めの各種お酒飲み放題、手作りオツマミ各種付き、翌朝の朝食までの三食付き。

入浴はショールームのテラスに私がプロデュースして製作した露天の五右衛門風呂を体験してもらう。

宿泊に関しては人数にもよるけど、一回の開催で三人までは、ロフトにて就寝でマット&寝袋の提供可能。もし自分のお布団じゃないと寝られないという人は寝具を持参してもらう。それ以上の人数の場合には、さらにテントやウッドデッキやショールーム内も追加使用すればプラス6人で合計9人、最大で10人程度までは何とか受け入れ可能。その場合の、3人を超える足りない分の寝具については要相談。(真冬でもないし、そんなに寒くないから毛布とバスタオル持参で何とかなるか?)

自分でテント、マット、寝袋などのキャンプセットを持っている人は、ストックヤードに設営も可能。

さらに「プライバシーの確保できるホテルの個室が良い」という人は会場である千葉県山武市のかわはら薪ストーブ本舗から最寄りのクルマで30分程度の場所にある、東金市、または成田市のホテルを各自別途、予約してもらって、宴会の後に運転代行で移動。

(参考) 露天風呂、ロフト、デッキの様子はこちら

この内容で大人一人あたり参加費5000円 (家族連れ、子連れの場合は別途、応相談)

■二日目の詳細■

かわはら薪ストーブ本舗で炉台、炉壁を作成をお願いしている本職の左官屋さんに講師になってもらい、珪藻土をコテで壁塗り体験。

ある程度、練習して慣れてきたら、お土産、持ち帰り用で用意したA4サイズ程度のボードに自分で塗って、記念に持ち帰ってもらう。それは後日、自分で炉壁作成や自宅の壁塗りするするときのサンプルにもなるだろう。

(参考) 炉壁作りの様子

こちらの参加費は無料




今回の薪集めのイベント企画は、急いで片づけなければならないような伐採現場ではなく、いつ作業してもOKな店舗のストックヤードの原木なので、薪集めは安全第一で楽しみながら適当に緩くやって、むしろ焚き火しながらの食事や宴会などのユーザー同士での交流や情報交換(ネットでは得られないオフ会ならではの本音や裏話)、屋外での露天五右衛門風呂やロフトやテントでの宿泊などの非日常を楽しんで、思い出作りできるような方向で考えてみた。遠方まで来ての活動のため、目いっぱい楽しんでもらいたいと考えた。

まずは、この企画した内容を元に参加希望者がいるかどうかを確認して、実際に開催するとしたら、GWのどの日程が一番良いのかをコメント欄で、調整していきたいと思う。内容も含めてリクエストがあれば、取り入れていきたい。

希望者が少なければ密度の高い濃い内容にするし、多ければ複数日での開催も検討する。まずは、コメント欄に書き込みを。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー