FC2ブログ

春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回のヒミエルストーブの訪問では、初日の燃焼テスト&宴会の翌日の二日目には、製作している様子を見学させてもらう貴重な機会に恵まれた。

ヒミエルストーブは外側から見ると単純な四角い箱に見えるけれども、内部はとても複雑な構造で、膨大な手間がかかり、繊細な作業が要求されることが、良く解った。手作りで大量生産できずに、年間に12台の製作がマックスというのも、納得がいった。

DSC_5521.jpg
組み立てを待つパーツ

普通の薪ストーブの2倍程度の物量を投入していることが、このパーツからも理解できると思う。単純な箱を作っているわけではなく、箱の中に、さらに箱が入っているわけで、言うなれば薪ストーブ2台分だ。重量が300キロクラスなのもこの構造からくるものだ。この物量、製作期間1カ月という手間を考えると40万円という価格設定は「激安」「超ハイ・コストパフォーマンス」とだと思う。

DSC_5524.jpg
薪ストーブ本体のパネルが溶接の熱で歪まないように、強固なフレームに固定してから作業をはじめる

DSC_5532.jpg
少しづつ形になっていき、外部から見えない内部の構造が新鮮

DSC_5542.jpg
太陽光の6倍の紫外線から保護するために、溶接用のお面をかぶって作業する

DSC_5534.jpg
組みあがった内部の炉内

この後、燃焼室や、空気の流入経路などを組み立ててから、内部の箱を全周溶接して気密性を確保して、最後に外側のパネルを組み立てる流れだ。言葉だけで言うと簡単だけど、一工程づつ、繊細で緻密な作業と時間が費やされているのが、良く解った。

雑な性格な人だったり、大量生産でスピード重視だったりすると、「内部の燃焼室はどうせ外側から見えないのだし暖かさには関係ない」なんていう考えで、多少それぞれのパネルの辺同士がずれていたり、垂直、水平が取れてなかったりして台形や平行四辺形になっていても気にしないで進めてしまうだろうと思うが、西岡さんは見えないところまでこだわって、正確に作っていた。

受注生産で契約後に、順次、製作に取り掛かるので、納期は数か月かかると思って、発注の段取りを組むようにしよう。この薪ストーブは思いつきでパっと買うもののではなく、ある程度、計画的に導入する性格が強い製品なので、この製品が欲しい人は、スケジュール管理もしっかりしよう。(大量生産のメーカー品のように在庫があってすぐに買えるというわけにはいかない)

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

宴会が終わって、そのまま工場で泊まらせてもらっての翌朝、熾火からの再着火をしたKD02の天板で、西岡さんが朝食を作ってくれた。これも非常に早い立ち上がりの良さからできることだ。

DSC_5509.jpg
天板の上のフライパンでバターを溶かす

DSC_5511.jpg
卵を入れる

DSC_5513.jpg
スクランブルエッグ作成中

側面にもヒートシールドが標準で装着されたので、横での料理がしやすくなった。プロトタイプの時は熱くて、ずっとすぐ横に張り付いているのが大変だったのだ。

DSC_5517.jpg
こんな感じで速攻で朝食ができた♪

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

燃焼テストが終わったら、そのまま夜の部(宴会)に突入した。

DSC_5432.jpg
まずはビールと乾きもので、真夏の燃焼テストでの喉の渇きを抑えながら、天板とオーブン室で料理を作成

DSC_5442_00001.jpg
手慣れた感じでバンバン美味しい薪ストーブ料理を振舞ってくれたヒミエルストーブの製作者の西岡さん

鍋に食材をセットするだけで、時間をかけて薪ストーブの熱が、美味しく料理してくれる。手間がかからずに、話しをしている間に出来上がるのがポイントだ。

DSC_5441_00001.jpg
豚肉の蒸し焼きも絶品だった

DSC_5444_00001.jpg
鶏肉と玉ねぎの蒸し焼き

DSC_5478_00001_2019090617025266b.jpg
姫路の純米酒で夜はふけていった

薪ストーブ談義で盛り上がって、楽しいひと時を過ごすことができた。

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

KD01からオーブン室を省いて、その分燃焼室を大きくして、ガラスが大きいモデルがKD02だ。何よりも特筆できるのが炉内の大きさだ。この大きな炉内に目一杯薪を突っ込んで長時間燃焼させることが可能だ。

DSC_5438_00001.jpg

KD01の炉内には、とても入らない巨大な二又部分の切り株も余裕でKD02は飲み込む。いくら熾火がたくさんできていても、メガ薪一つというのは基本的には燃えにくくて良好な燃焼はしないので、大き目のコロ薪を複数炉内に突っ込むのがポイントだ。そうすると2時間に渡って、全く薪の追加の必要なく連続して燃焼を続けてくれる。二時間全く手をかける必要がないというのは、忙しい日常生活には、とても実用的だ。

照明を消せば、非常に綺麗なオーロラ炎が長時間にわたり、安定して出ているのが確認できる。



また、夜中に寝る前に薪を目一杯入れておけば、翌朝は灰の中に熾火が埋もれていて、それをかきだすだけで、焚き付けを乗せれば、バーナーや着火剤を使うことなく、点火可能だった。ちなみに、下の写真は最終薪の投入から7時間後の様子だ。

DSC_5502.jpg
灰の中には多くの元気良い熾火が残っていた

DSC_5503.jpg
半日焚いても大きなガラスも灰が付着しているだけで、曇りや煤は全く確認できなかった

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

プロトタイプと製品バージョンのストーブを入れ替えた後には、先日に西岡さんが北軽井沢に来訪した時に希望を伝えた、「オーブン無し&ガラスが大きいバージョン」のKD02の燃焼テストを行った。同時に改良したKD01にも火を入れて見比べてみた。

DSC_5387.jpg
KD02に焚き付けを組んでいく

DSC_5388.jpg
一番奥から点火する

DSC_5390.jpg
扉を閉めると順調に燃え広がっていく

DSC_5398.jpg
引き続き、オーブン付きのKD01にも火入れ

どちらも、ガラスが煤けることもなく、煙突からの煙も少なく、良好な立ち上がりを見せた。燃焼の様子を動画で紹介しよう。特に、KD02の大きなガラス窓一杯に立ち上がる炎が印象的だった。



この時の様子はヒミエルストーブの公式ブログでも掲載されている。
https://himielstove.com/2019-09-08-friends-cometo

【↓ 一日一回、毎回、訪問のしるしにポチっと下のアイコン(バナー)をクリック(タップ)して応援いただけると幸いです。一週間の累計クリック(タップ)数がブログ村ランキングの順位(INポイント)に反映しています 】
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村